FC2ブログ
Loading…

退嬰する日本の大人たち

Posted by Ikkey52 on 20.2012 文化   0 comments   0 trackback
 国によって文化はどこまでも多様である。列を作って並ぶ習慣がある国もあるし、そうでない国もある。旧ソ連の整然たる行列は有名だった。吹雪の中も、人々は一本のウォッカ、一斤のパンのためにじっと待った。突然割り込む奴がいるのに、文句を言わないのを不思議がっていると、あれはKGBだと教えてくれる人がいた。「特権」が列の秩序を乱すのはやむを得ないと考える、小利口な整然さだった。バングラディシュのデルタ地帯では、行列は官憲の鞭で人工的につくられていた。かつてソウル駅頭で、タクシーの順番を巡ってもめごとを目撃したが、それに周囲の人が驚かないのに驚いた。中国には今もその風潮があるだろう。

 東日本大震災で住むところを失い、食料も乏しく、そんななかでどうして暴動が起きないのか、日本人はほんとうに忍耐強いと、外国のメディアが評した。ごく最近、ある韓国人ジャーナリストと仕事をしたが、被災地にしつこく通い詰めた彼は、発災ひと月前後のころを振り返って、「韓国なら確実に米騒動になっていた」と、やはり日本人の辛抱強さを褒め称えていた。
 
 命の危機を共有した被災地では、凛として動じない人についていきたい心理が働くのかもしれない。実際、劣悪環境にあっても、被災した人たちの態度はどこでも、自覚的な共助の精神に富んでいたらしいが、ここで書きたかったのはそうした日本人のことではなく、その逆だ。

 情けない日本人が多すぎないか、このごろ。
 地下鉄のシートに平気で自分の荷物を置く中年男。立錐の余地もないほど込み合う時間帯に座席で短い脚を組むOLたち。割り込みがどうしたとばかり、先を争って車両のドアに殺到する団塊世代男女。降車時に駅員からマンツーマンの手助けを受けながら、ありがとうも言わず去っていく車椅子。地下鉄のなかだけでもこれだけの馬鹿がすぐ思い浮かぶ。

 スーパーの駐車場だってどうだ。構内走行指示の逆走などくそ喰らえのオバさんドライバー。身障者用駐車スペースに大型ワンボックスカーで堂々と乗り入れる、飛び切り体格のいい大家族たち。深夜の居酒屋に年端もゆかない子供を連れてくる若夫婦。道を歩けば、キャリーバッグや大型リュックサックが老人を圧死させようとしている。いつから日本人は、これほどまでに堕落したのか。
 
 先日、日本有数の混雑私鉄、東急田園都市線のラッシュアワーに骨のあるおっさんがいると、わざわざ教えてくれた友人がいた。車内で迷惑行為があれば黙って直接行動に及ぶというのだ。満員電車の座席で若者が他人の迷惑も考えず伸ばせるだけ伸ばしていた足を、おっさんはガシっと蹴っ飛ばす。たまに逆らう奴には、おっさんは躊躇せず髪の毛をわしづかみにする。そんな筋の通った暴力主義が、車両を同じくする人たちの溜飲を下げている。しかし同時に、おっさんが逆恨みを買って、誰かに背中を突然押されてホームに突き落とされないか、心配しているという。 

 先に述べた韓国人ジャーナリストがマッサージを受けに入った日本のサウナで何者かに財布を盗まれた。過去20年間、仕事で年10回は来日してきた。外国人とわかると日本人はみな親切にしてくれ、いやな思いはしたことがなかったという。それだけに、財布の一件は彼をとてつもなく落ち込ませた。彼は店のアドバイスに従って、近所の交番に被害届を出しにいき、そこで落胆のあまり動けなくなった。一文無しになった彼を、タクシーの着払いで戻らせてから、私は「日本のサウナなんて特別危ないところだ」と彼の無防備さを嗤ったのだが、考えてみると私の言葉は「日本のサウナを危ないところにしたのは誰か」という本来的な視点をすっかり欠いている。低モラル社会を生きるための保護色にどっぷり染まっていたわけだ。

 国際競争力が激しく地盤沈下しているこの国は、社会のモラルという面でも沈みつつあることを実感する。未成年がだめなのは親世代の問題。そこにはかろうじて教育や矯正の余地があるが、すでに分別盛りの年齢に達している未成熟な大人たちをどうするか。いっそ道徳的ファシストの手でも借りるしかないかもしれない。
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/51-cb810b62

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR