FC2ブログ
Loading…

命を賭して世に問う歴史実証主義…『反日種族主義』

Posted by Ikkey52 on 03.2020 書評・アジア情勢   0 comments   0 trackback
 書物を読んで、著者の勇気に感じ入った経験はないでもない。しかし、『反日種族主義』を著した李栄薫ソウル大名誉教授ら6人の学者の勇敢さは格別だ。あの国で、この時代で、よくぞと思った。中身は特定のイデオロギーに立脚して持論をがなり立てるようなものではない。アカデミズムが求める本来の真摯さに溢れている。歴史実証主義がベースだ。思わず居住まいを正して精読した。

 上梓後、著者たちは脅迫されたり、唾を吐きかけられたりしたようだ。殺されないだけましだという声さえある。当然、予想できたことだが、まさかあの国でベストセラーになるとは分担執筆した誰も考えていなかったという。事大主義、拝金主義、汚職政治家、情実社会、超ポピュリズム政治…、まあいろいろあるのだけれど、安易な嫌韓論に足をすくわれてはいけない。『反日種族主義』を買って読もうという国民がそんなにもいる国は、けして捨てたもんじゃない。

 日韓関係が決定的にこじれてから、韓国の反日の根源を知りたくて呉善花の『韓国を蝕む儒教の怨念――反日は永久に終わらない』を読み、大いに納得するものがあった。呉は、諸悪の根源を中国伝来の儒教の教条主義的受容に見ていた。一方、『反日種族主義』を著した李らは、死者が生者を永遠に縛り続ける土着のシャーマニズムに求めている。

 どちらが正しく、どちらが間違っているというものではないが、民族意識の醸成、国家の成立を語るうえで、フィクションを必要とするとの認識では一致している。つまり建国イデオロギーが嘘まみれであったので、自国至上主義、自民族「絶対善」の思考に陥るしかないのだ。天動説が支配する国では、ガリレオの言い分ははどこまでも異端であり、日本人が地動説で韓国に向き合っても、埒が明かないわけだ。

 徴用工、慰安婦、竹島(韓国名:独島)…、どの論点をとっても、韓国の政府、裁判所、教育行政当局の側に、『反日種族主義』からの批判に耐え得る論理があるとは到底思えない。ただ一点、『反日種族主義』の中身に違和感をもったのは李承晩の政治家としての評価だ。大統領として、日本漁船をやみくもに拿捕した李ラインの線引きや、竹島の一方的実効支配を言っているのではない。

 自分のこれまでの理解では、李承晩が独立後の南のトップに上り詰めることができたのは、連合国に対する日本の敗戦とその後の南北別の分断軍政という特殊な情況が生んだ幸運であり、彼の政治力に対する国際社会からの評価は亡命政府代表を僭称していたころから最後まで高いものではなかった。今日の韓国でも李承晩は毀誉褒貶の対象だろう。『反日種族主義』の発刊を企画したのが、そんな李承晩の名を冠した李承晩学堂(研究機関)であり、執筆者の李教授らがそこに拠っているという構図が、どうしてもわからなかった。
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/442-a3b70efe

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR