FC2ブログ
Loading…

森功「地面師」……「捜二」泣かせの知能犯

Posted by Ikkey52 on 01.2019 書評・事件   0 comments   0 trackback
 大手デベロッパーの積水ハウスが、東京・五反田にある休業旅館「海喜館」を舞台にした土地取引詐欺にひっかかり、55億円もの被害に遭った事件。警視庁が一斉摘発に動き、容疑者らが芋づる式に捕まるなかで、ひとりフィリピンに高跳びした「カミンスカス操」なる妙な名前の男が印象に残る。

 現地の豚箱のなかの「カミンスカス操」の映像が報道されたが、観念しているようすが微塵もなく、かえってふてぶてしい。犯罪常習者の臭いはプンプンだが、ひょっとしたらこの男、日本で裁判に掛けられても、最終的には無罪になると高をくくっているのだろうか……、そんな気さえした。

 日本の警察で知能犯を扱う捜査二課系でも、地面師の摘発は特に難関といわれる。いうまでもなく、警察にとって民事不介入は大原則だが、地面師の暗躍の場は民間の土地取引だからだ。価値の高い物件になれば、それをより安く買いたいとの心理が働き、逆に売り手はより高く売ろうとする。

 野菜や魚を店先で販売するわけではない。庶民の個人資産をはるかに超えた金額がやり取りされる。したがって、土地売買の現場では、犯罪すれすれのあらゆる権謀術数が渦巻く。最終的には所有権移転登記という法律行為で終わるのだから、そこには弁護士や司法書士の介在は当然として、彼らが厳正な法の番人とは限らない。売り手買い手の意を呈して有象無象の仲介者やブローカーも刺さり込む。

 となれば、書類を偽造したとか、地主に成りすましたとか、策を弄して人を騙したことが明々白々な役目を除けば、だれが真の加害者で、誰が無辜の被害者か、弁別するのは相当に骨が折れる。凶器の包丁を眼前に見せ、お前がやっただろ、白状しろ、といった粗暴犯の取り調べのようにはいかない。

 まして地面師の大物ともなれば、綿密な犯行計画を立案し、自分はほとんど表に出ないことも可能だ。犯行計画の全容など知るすべもない生活困窮者、認知症気味の老人らが、ハシタ金に釣られて犯行グループの末端として利用される。

「カミンスカス操」こと小山操は、積水ハウス事件の主役の一人らしい。先にも述べたが、実際の犯行現場(契約を交わす銀行会議室や法律事務所の個室)と直接の関りが薄ければ薄いほど、容疑を固めるのは難しい。小山は2000年代半ばまでマンションデベロッパーとして名を馳せた某企業の財務部長出身という。やはり、最終無罪を確信しているはずだ。

 著者の森功は犯罪ノンフィクションを書かせたら今の日本では第一人者。込み入った犯行を分かりやすく解き明かしているうえ、被害者なのか加害者なのか、取材する側もよく見極められない、そんな人物にもしっかりアプローチしている。
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/435-e9a2dca6

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR