FC2ブログ
Loading…

国際陰謀小説の巨匠フォーサイスのツキまくり人生…『アウトサイダー』

Posted by Ikkey52 on 11.2019 書評・アジア情勢   0 comments   0 trackback
 国際謀略小説の巨匠でありながら、来歴がいまひとつわかりにくかったフォーサイスの伝記が出版されたので飛びついた。題して『アウトサイダー~陰謀の中の人生』というのだが、サブタイトルは良いにしても、果たしてこの成功者はアウトサイダーなのか。訳にあたった黒原敏行が指摘するように、むしろインサイダーと呼んだほうがふさわしい、そんな気が読後もしている。

 この伝記に出会うまで疑問だったのは、大学教育を受けた気配がないのに、なぜロイターやBBCといった名の知れたマスメディアに採用されたのか。しかも若く社歴が浅いにもかかわらず、希望者が行列する海外特派員にどうして抜擢されたのか、ということだった。

 結論を急げば、前者については、中流階級の出でありながら、支配階層の子弟が多いパブリック・スクール(ご存知の通り、英国では公立ではなく私立学校を指す)に学び、名門とされるオックスフォードやケンブリッジの大学進学資格をわずか15才で取得したが、既定ルートに乗るのを潔しとせず、小さなころの夢を叶えるため空軍を志し、19才でジェット機パイロットの資格を得、二等兵から一気に士官に昇任するという、かなり変わった経歴が、一般大卒者と伍して行くのに少しも不利ではなかったこと。
後者については、親の勧めもあり少年時代に経験したドイツ、フランスでのホームステイ体験が両国の言葉を身につけさせ、空軍時代の少し荒っぽい冒険海外旅行が危険といわれる地域に飛び込む度胸をつけさせたことだ。

 それにしても海外特派員の出発点が、ド・ゴール時代の物騒なパリであり、そのあとが鉄のカーテンの向こうにあったロイター通信社東ベルリン支局の一人勤務だったのは、のちにスパイ小説家となる者にとって、どれほどの僥倖だったか。特に東独体験だ。なにしろ、ル・カレの名作『寒い国から帰ってきたスパイ』の舞台としてあまりに名高い東西ベルリン間の検問所「チェックポイント・チャーリー」を日常的に行き来するのだから。

 ロイターから転じたBBCへの反発が強いのは、ビアフラ内戦に特派された際、自分の発したレポートが無視され、調べてみると、BBC本社はイギリス政府方針に逆らえないことが判ったからだ。フォーサイス青年は職を辞してフリーランスの記者となり、あらためてビアフラに入り直す。「ジャーナリストの使命はエスタブリッシュメント(権威や権力)に釈明させること」という彼の説明はシンプルで分かりやすい。ちなみに記憶の片隅にとどまっていたビアフラ内戦の構造が、今更ではあるが理解できた。

 海外特派員になるより、世界的ベストセラー作家になるほうがはるかに難しいのは、誰しも判るが、ここでもフォーサイスは強運を引き込む。尾羽打ち枯らした状態で書き上げた『ジャッカルの日』の梗概を、パーティで一度遭ったきりの著名出版社幹部に強引に読ませる。その幹部氏が面白がり、それだけでなく別に二作分のアイディアはあるか、と問われ、わずかな日数で構想をまとめた。それが『オデッサ・ファイル』であり、『戦争の犬たち』だったというから、フォーサイスという人はどこまでツキに恵まれていたのだろう。
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/427-59cb722c

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR