FC2ブログ
Loading…

酒呑み話④…日本編

Posted by Ikkey52 on 20.2019   0 comments   0 trackback
 越乃寒梅ブームに引き続き、八海山、浦霞、久保田、〆張鶴など、灘や伏見の大メーカー品ではない地酒が、全国ブランドの人気を誇るようになったのはいつからか。以来、日本酒は異次元の旨さを獲得したと思う。同年代が集まると、日本酒談義が止まらない。

 まだよく肥えていない若い舌には、日本酒がうまく乗らなかった。二級、一級、特級という格付けがあった時代だ。飲み方が乱暴だったに違いなく、すぐ悪酔いして、翌朝も辛い。いきおい敬遠した。ワインや芋焼酎がポピュラーな酒になるのはもっと後の話で、「とりあえずビール」の乾杯が終わったら、ウィスキーの水割りに切り替えるのがスナック文化全盛期の社会人の常識だった。気づくと学生当時愛したホワイトは、角になり、ダルマに代わり、そのうちシーバス・リーガルに代わっていた…。
 いまやウィスキーはごくたまに飲む酒になってしまったが、どちらかといえばアイラ系が好みだ。焼酎は透明な甲種が癖のある乙種に先駆けて広まったと記憶する。警察関係者は酔って自分を見失うのを恐れてか、スナックでも甲種で通す人が多かった。

 薄い財布と縁が切れない自分のような飲兵衛にとって、銀座は敷居が高い。行き当たりばったりに入店すると大やけどをするので警戒したものだが、上司に紹介された老舗のバーでカルヴァドスを口にするとき、しみじみリラックスした気持ちになれた。老夫婦で営む古い店の客筋は実にみごとなもので、悠々自適の身と思われる老紳士がきりっとネクタイを結んで静かに現れ、タンブラーの氷を鳴らしていった。
 初訪問のオーセンティックなバーで、メニューを渡されたりすると、若いころは気後れしてしまい、オーダーが決らなかった。タンカレーのジンなら間違いはないと、いつのころからか思うようになり、迷うことはなくなった。

 鹿児島では芋焼酎を六四のお湯割りでいただくし、沖縄では、オリオンビールと泡盛のうっちん茶割りを飲む。
うっちん茶はウコンを煎じたもので、悪酔いしないとみんなが言う。土地の人の話は信じたほうがいい。酒と風土の関係は思う以上に密接だからだ。現地では島らっきょうや豆腐餻、スクガラスという小魚の塩辛などをつまみにして、いくらでもやれる泡盛も、旅先から家に持ち帰ってみると全く駄目だ。

 江戸期に出版された『北越雪譜』は、雪国の風俗や暮らしを詳細に綴った百科事典風のベストセラーだが、その舞台、新潟・魚沼地方の日本酒蔵を見学したことがある。新潟の辣腕民放記者だった男が、いつの間にかIT企業の経営者となっており、酒造会社に照会の労を取ってくれた。日本酒の命はいうまでもなく米と水だが、土地柄、どちらも申し分ない。忘れていけないのが酵母で、味噌蔵などでもそうだが、長い年月をかけて作業所内に独特の味を齎す酵母が棲みつく。創業享保2年という青木酒造の蔵はいたって新しく清潔だったが、旧屋から酵母菌が棲みつく神棚そっくり移設し、その下にタンクを配するという工夫の跡が面白かった。若い杜氏たちのきびきびした動きが、冬の終わりのひんやりした空気をさらに引き締める。醸造過程や米の磨き方が違う酒を、片っ端から飲み比べるという、夢の体験を許された。銘酒「鶴齢」ブランドのなかでも、気に入ったのは大吟醸でも純米でもなく吟醸タイプ。四合瓶一本しか持ち帰れなかったのが、悔しかった。町場では、まずめったにお目に掛かれない。

スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/422-70b3d5d6

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR