FC2ブログ
Loading…

山奥で働く象、村を襲う象

Posted by Ikkey52 on 13.2019 ジャーナリズム   0 comments   0 trackback
 日本で象といえば、動物園かサーカスで見るものだが、世界では飼いならして貴重な労働力として使うところが少なくない。仲間の中年ディレクターK君が某スポンサーから依頼を受けて、働く象の姿を映像に収めるべくミャンマーへ赴くことになった。

 道路が整備され重機が入れる土地なら、そもそも象に頼る必要はない。象がバリバリ働いているのは、踏みつけ道が辛うじて通じる程度の相当な山中に限られている。こういうときは、経験ある現地のカメラマンを見つけるに限る。外国には慣れているというK君も、さすがに外国の辺地取材経験はなかった。
 そこで余計なお世話とも思ったが、旧知のバンコク在住のカメラマン兼ジャーナリストA氏に久しぶりに連絡し、相談してみた。話を聞いたA氏は瞬時に相当厳しい取材行になると理解した。もう少し若ければ自分が付き合うのだが、いまは体力に自信が持てない。日程的に折り合わないこともある。ミャンマー奥地にはまだマラリア汚染地区があるので、取材者には十分気を付けるよう伝えて欲しい、とのことだった。

 結局、中年ディレクターK君は、マラソンが趣味という元気印の若手カメラマンを相棒に指名し、現地ではコーディネーターにも恵まれて、無事予定の取材を終えて帰国した。普段は能弁なK君だが、とにかく疲れたというだけで、いまだに多くを語らない。彼の人生で最もタフな取材だったことは確かだ。

 働く象の取材の一件をきっかけに、かつて某テレビ系列のバンコク特派員氏から聞かされた「悲惨な笑い話」がよみがえってきた。
 タイの奥地の村が野生の象に襲われ破壊された。東京のデスクから取材指示が出たが、とてつもない山奥であり、車で行けるところでない。特派員氏はそう返答したが、デスクは引き下がらない。前代未聞のニュースだというばかりだ。ところがアジアを歩いてきたジャーナリストなら、象が生息する国々で、この手のニュースがときおり報じられるのをたいていは知っている。特別珍しいわけではない。

 平行線の議論に根負けした特派員氏は現地に向かったが、案の定、徒歩でふた山越えるのに二日かかった。お縄になった“犯人”の象にカメラマンが満を持してカメラを向けたところ、気が立っている象が鼻水攻撃に出た。一瞬のことだったという。カメラは鼻水にまみれ、使い物にならなくなった。足取りも重く再び山を越え、東京に事の次第を連絡したところ、取材指示を出した当人のデスクの熱もすっかり冷めていたのだという。すでに彼の頭は、ほかのホットなニュースのことで埋まっていたに違いない。
 ニュースの生産ラインで仕上げに近い部分を担う役回りと、巨大な取材網のなかでは末端に過ぎない取材現場とは、往々にして考えが行き違うものだ。この鼻水話に大笑いしながら、身につまされていたことを思い出す。
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/418-cd7eaac7

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR