FC2ブログ
Loading…

旧態依然のロシアの辺地…映画「裁かれるは善人のみ」

Posted by Ikkey52 on 11.2019 映画   0 comments   0 trackback
 ロシア映画「裁かれるは善人のみ」で展開されるストーリーは少しの救いもない。邦題でいう「善人」とは、特別なモラリストのことではなく、欠点だっていくつも克服できていない、ごくごくありふれた中流市民のことだ。

 バレンツ海に面したさびれた町で、自動車修理業を営む中年男コーリャは、若く美しい妻リリアと、死別した前妻の子ロマの3人家族。反抗期のロマがリリアに懐かないのが頭痛の種だが、先祖代々受け継いだ800坪を超す広大な土地に、自分が建てたガレージ付きの見晴らしのいい家に暮らす。家は少し古くなったが、気の置けない人間関係に不満はない。仕事の依頼もひっきりなしだ。
 市がゴーリャ一家の土地を二束三文で収用する話が持ち上がり、コーリャは訴訟を起こす。軍隊時代の部下で、モスクワの弁護士ディーマを助っ人に、典型的な悪徳市長のヴァディムと対決する。しかし訴訟には敗れた。リリアは魔が差したようにディーマと関係を結び、コーリャもそれを知る。閉塞感に捉われたリリアは自殺するが、市長一味はコーリャに妻殺しの罪を着せ、懲役15年の刑が下る……。

 映画の原題は「リヴァイアサン」。意味深長だ。
 王権が神から授けられた不可侵のもの、という王権神授説を覆したのが、17世紀イギリスの市民革命期を生きた政治哲学者トーマス・ホッブズの主著『リヴァイアサン』だった。のちの民主主義への道を拓く卓見のひとつとして、高校教科書に載っている。本来、リヴァイアサンとは旧約聖書のヨブ記に出てくる巨大な海中生物で、悪魔の同義としても使われる。ホッブズは「すべての人から自然権を全面的に譲渡された国家(コモンウェルス)」をそう呼んだ。
 権力行使を預けた先が腐っていたらどうなるのか。それは、まさに怪物そのものではないか。妻を失ったコーリャが酒浸りのある日、道で行き会った神父からヨブ記の一説を聞かされるが、コーリャは言い返す。映画に登場する「善人」たち全員が参加した日帰りのバーベキュー旅行で、射撃の腕比べが行われるが、ロシア革命以来の歴代指導者たちの古い肖像画が的として使われていた。唯一、的として登場しなかったプーチンの肖像画は、市長室の壁からヴァディム市長を見下ろしていた。

 映画へのアプローチとして、いつの時代か、場所はどこか、を最初に考えてしまう癖がついているのだが、場所が広大なロシアのどの地方なのか、最後まで判らなかった。バレンツ海は北極海に接する北の果てだが、海流の関係でそう気温が低くないのだ、と初めて知った。荒涼とした風景、さびれた民家の佇まいは、北方領土を思わせた。ただ、氷河でそぎ落とされたような岬などスケールの大きさがまるで違う。ラストのシーンで鯨の巨大な骨が見える。リヴァイアサンの象徴だろう。
高邁な作品には違いないが、超長回しにはいささか疲れた。
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/416-9fb59e5a

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR