FC2ブログ
Loading…

ロシアのウクライナ侵略を再び論ず

Posted by Ikkey52 on 08.2019 世界   0 comments   0 trackback
 2014年3月に起きたロシアによるクリミア・セヴァストポリの編入は、ロシアの強面ぶりをあらためて思い起こさせた事件として記憶されている。簡単にいえば、ウクライナという主権国家の領土の一部を、ロシアが政変に乗じて分捕ったのだ。旧ソ連の崩壊に伴い、ウクライナは独立してロシアとは別の国家となり、その時点で20年以上が経過していた。国境を接するために二国間には懸案も多かったが、武力の応酬があったわけではない。にもかかわらず…、である。軍事力に物を言わせたロシアの前時代的な領土拡張に、アメリカ、EU、日本などは衝撃を受け、直ちにロシアに翻意を求めたが、プーチン政権は居直るばかり。国際社会の対ロシア制裁は今日まで続いている――。 

 以上は国際社会の認識のデファクトだが、まったく別の見方があることを紹介しよう。ロシアをはじめスラブ各国の事情に特に詳しい多国語通訳、永沼俊明の見解(http://lingvistika.blog.jp/archives/cat_906390.html)を軸にして述べる。

 ウクライナの歴史は古いが、独立を長く保ったことはなく、ロシア帝国の一部であった時代が続いた。人々はウクライナ語を話していたが、ソ連時代はロシア語が強制されたので、ウクライナ語は西部のごくごく一部を除き70年以上も死滅していた。
 独自の言語が奪われると、民族のアイデンティティは大きく削がれる。満洲の満族がそうだし、チベットやウイグルの民の一体性も、中国の強圧的同化政策の前に、いまや風前の灯火だ。
 ソ連崩壊前、ウクライナに強い独立の機運が内在していたわけではない。同郷人のフルシチョフを旧ソ連の最高指導者として送り出した記憶があったからだろうか。1991年の独立は、バルト三国のそれに引きずられた弾みのようなものだった。

 独立時からウクライナ人がロシアに対して余り良い感情を持っていなかったのは確かなようだ。独立後の国家は、とりあえずロシアとの差異が鮮明に見えるようなアイデンティティ構築を急いだ。それがあまりに強過ぎ、「完全に極右化した」と永沼は見た。分かるような気がする。 
 オレンジ革命によって、公の場所でのロシア語が禁じられ、テレビの字幕にウクライナ語が義務付けられた。しかし、「ウクライナ」という言葉は、ウクライナ語では「国」のことだが、ロシア語では「田舎」を指す。ロシア語を聞き慣れた耳に、新しい公用語のウクライナ語は、とんでもない田舎の方言にしか聞こえないので、話せる人もウクライナ語を躊躇う。だから、独立後の教育を受けた若者と高齢者の言葉ではあっても、全体としてはロシア語の話者がまだ多い。
 クリミアは、ソ連時代、ウクライナとロシアの国境のロシア側だったが、フルシチョフが勝手に故郷のウクライナ共和国に編入した。”国境“といっても同じソ連内だから、日本でいえば県境程度のニュアンス。当時は全く重要視されなかったという。だからなのか、クリミアにはロシア系住民が多く、極端なウクライナ化、極右化に反発もあったのだろう。2014年の住民投票ではウクライナからの分離独立が圧倒的多数で選択された――。

 ウクライナは元々、ロシアのルーツとなる「ルーシ」があった国だ。つまり人種的な根は同じだ。ある時期まで、ロシア人を「大ロシア人」、ウクライナ人を「小ロシア人」と呼んでいたが、後者を蔑称と捉える解釈もある。違いといえば中世の歴史だ。ロシアはモンゴルとアラブの混血であるタタール人に370年間支配され、ウクライナはモンゴルに破壊されたあとポーランド・リトアニアの版図に400年間置かれた。独立を勝ち取るのはロシアの方が早かった。ウクライナはポーランドからの独立にモスクワ公国の力を借りたのだが、それも束の間、結局はモスクワ側に吸収されてしまった。

 漢字名を持つ国は、とりあえず大国だと、頑固に言い張っていたジャーナリストの友人がいた。彼の伝でゆくと、「鳥克蘭(うくらん)」という立派な漢字名を持つウクライナもそのひとつだ。勇敢なコサックも、我々日本人が「ロシア人」だと思い込んでいる小柄で美形の金髪娘たちも、その出自はウクライナだ。ロシアと全面的に対立してしまった以上、ウクライナはまだ普及率の低いウクライナ語の強化に努めるしかない、というのが、ちょっと突き放した永沼の見立てだった。
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/414-380a33cb

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR