FC2ブログ
Loading…

あらためて"巨人・西部邁ロス"を論ず

Posted by Ikkey52 on 17.2018 評論   0 comments   0 trackback
 西部邁には“人生最後の著作”と銘打った自著が何冊もある。全くの偶然だが、最晩年の3冊を読んでいたものだから、西部の自裁それ自体には、実はさほど驚かなかった。それらの著書で西部は、しきりに自分の生は自分自身で終わらせるという決意を表明し、その具体的方法についても、当初思い描いていた計画が実現不可能になった事情も含めて、詳細に語っていたからだ。ただし、いくら言行一致がこの言論人の真骨頂だったとはいえ、付き合いのあった人、一人ひとりに感謝の電話を架け、明鏡止水を窺わせる状態で入水していったことを想うと、深い感慨に捉われてしまう。連れ合いに先立たれ孤独の淵を覗いた知識人の自殺として、江藤淳のケースを引き合いに出す論者がいるが、あまり良い比較とは思えない。

にしべ_convert_20180518220557
60年安保闘争の先鋭化した部分を担った東大ブント、駒場全学連幹部として、「権力」の側から見れば、憎き扇動者だった。機動隊との衝突で3度も逮捕され、本人自身が実刑以外にないと腹をくくっていたのに、裁判長の温情で執行猶予が付いた。お祭り騒ぎが終わったことを悟り、潔く闘争から身を引いた。「ひと暴れしたかったから学生運動に走っただけで、マルクスもレーニンもまるで関係なかった」というのが、のちの西部の言だが、本音だろう。学部を卒業して大学院に進学したが、やさぐれた心境のまま小博打にのめり込む。徹夜明けの疲れた頭で、恩師の宇沢弘文さえ解けなかった数理経済学の数式を考えたら、解が浮かんだ。それが宇沢に激賞され母校の教授への道が開けた。多くの学生活動家仲間が、その後険しい人生の道のりを歩むなかで、西部は稀有な成功者になったかに見えたが、暴れ馬の本性は消えない。

 西部が教鞭をとったのは、経済学部ではなく教養学部。学生たちに講じたのは経済学ではなく経済学批判だった。その際、自分の足場として援用したのは、社会学、哲学、言語学などだった。社会科学としての経済学の未熟を指摘していたことになる。求められているのは学際的姿勢だと言い続けた。ジャンルに囚われない言論活動に共鳴して若い中沢新一を東大教授に迎えようと先頭に立ったが、教授連の裏切りにあって招聘計画が潰れると、学者バカへの激烈な批判を残して、あっさりと教壇を去った。200万円の退職金を受け取って素浪人となった。

 いわゆる「朝まで文化人」の一人として、広くテレビでも認知されたあとは、戦後の日本と日本人のあり方を問題とした。「平和と民主主義」というが、いまの平和はアメリカの核の傘のなかの平和ではないか。民主主義といってもその中身はポピュリズム(西部は皮肉を込めてあえてポピュラリズムと呼んだが)に過ぎないではないか、と。『大衆への反逆』と題した著作があるように、西部の戦後日本人に対する失望は年を追うごとに膨らみ、最後はニヒリズムに近い地点にまで立ち至っていた。これだけ訴えても、誰も聞く耳を持たない。同胞の命と財産を守るために、何らの覚悟さえ持たない国民に未来などない、と嘆いた。

 自ら言論誌を主宰するようになったこともあるが、核武装論を唱え始めてからテレビには敬遠されるようになったのではないか。彼の原発容認論だけは、どうしてもいただけなかったが、深い教養に裏付けられた世界認識といい、人間理解といい、文明批評といい、日本人思想家として飛びぬけた存在であったことに、異論を挟む余地はないと思う。ただし、西欧思想を縦横に取り入れることができる頭脳であったせいで、吉本隆明のようにオリジナリナルなキーワードを創造しなくても、現代の日本と世界をあれこれ不自由なく解釈できたことは、ある意味で思想家としての背丈を大きく見せられなかった恨みがあるだろう。
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/408-2be9fcd3

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR