Loading…

スポンサーサイト

Posted by Ikkey52 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代日本の社会的病理カタログとして読む小説『イノセント・デイズ』

Posted by Ikkey52 on 05.2017 ジャーナリズム   0 comments   0 trackback
 私企業の目的が利益の最大化にあることは当たり前。一方、「報道」の目的が真実の追求にあることも当たり前だ。とすると、報道機関がひとつの私企業として存続することのなかには、あらかじめ大きな矛盾が隠れていると言えないか。少数派になるのを恐れず、勇気を奮って正論を吐いても腹は膨れない。

 いや、腹が膨れないばかりか、声ばかり大きいネット住民たち(=パターン化された綺麗事を好む匿名大衆)を刺激して、もし視聴者、読者に見放されでもしたら、「メディア市場から弾き飛ばされる…」。そうした悪夢におののいているのが、残念ながらマスメディアの現状だ。ネット社会が始まる前まで、物言わぬ大衆の世論をリードしていると己惚れていたというのに。

 早見和真の小説『イノセント・デイズ』は、報道や報道機関を俎上にのせているわけではない。ただ、この作品から、大衆迎合した底の浅い報道と、それを無邪気に信じて疑わない人々とを除外してしまうと、物語の推進力とでもいうべきものが大きく減退することに、はたと気づいた。

 神奈川県下のアパートが放火され、母親と幼い双子が焼死する事件があり、父親の元交際相手で、ストーカー行為を繰り返してきた田中幸乃が逮捕される。幸乃には少女期に強盗事件を起こしたとして施設に収容されていた過去があり、事件直前に整形手術を受けていたことから、メディアからは「整形シンデレラ」なる綽名まで献上されて、興味本位で語られる。

 警察、検察から掛かった容疑一切を否認せず、一審判決に控訴せず、刑確定後の再審請求さえしないかわりに、反省の言葉も綴らない女性死刑囚、田中幸乃とはいったいどういう人間なのか、その探求に作品全体が費やされる。ビギナーの裁判フリークとして偶然、幸乃の公判を傍聴した女子大生。子供のころ別れて以来、会ってもいない幸乃の義姉。犯罪被害者となった父親と幸乃の同棲時代を、よく知るから黙っていられず、ブログまで立ち上げた商社マン。幸乃と小学校の幼馴染だった新進弁護士。同じく幼馴染ながら、一審判決の傍聴席にマスクで顔を隠して座りながら、幸乃に見破られて目が合ったフリーター…。

 それらの人々の回想する幸乃が、まるで多重人格のようにつかみどころがなく、読者の理解を大きく翻弄するという、よくあるパターンの話ではない。むしろ、幸薄い人生に生まれついた少女が幸薄い大人の女になるしかなかった、という納得や諦観で、回想者たちは一致している。

 未成年妊娠や堕胎、児童虐待、学校でのイジメ、男が女にするDV、子が親に向ける家庭内暴力、引きこもり、薬剤依存、宗教傾斜など、現代日本人を取り巻くあらゆる社会的病理が登場人物たちの原体験、追体験に仮託されて、てんこ盛りに提出される。読み進むのにある種の風圧さえ感じる。いずれも「ありそうな話」だからこそ息苦しい。

 いまの「報道」を著者はたぶん見限っているのだろう。取材の本職たちに花を少しも持たせなかった。のみならず、「元カレが掴んだ一見幸福な家族を、理不尽に嫉妬したストーカー女の暴走」という事件の見立てに、一向に竿をさすこともなく、「被害者に寄り添うこと」から逸脱できない現状をうっすらと背景に書き込み、さりげなく嗤う。実際、嗤われてもしかたがない。

 えぐい通り魔、無差別殺人が目立つ一方で、犯罪当事者双方に完全な悪も完璧な善もない場合も珍しくない。だから裁判があるのだが、審理が尽くされるケースばかりとは言い難い。三審制で控訴、上告をしない被告は、まずめったにいないし、いてもかなりの確率で自暴自棄に陥っているが、では、そうした被告は絶対有罪なのか、といえばそんな保証も全くない。本作を読みながら、妙な環境下で生きていることの危うさを、あらためて実感させられた。

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/402-fe3c25e6

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。