Loading…

スポンサーサイト

Posted by Ikkey52 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯ごたえあり過ぎのベストセラー『応仁の乱』に気づかされたこと

Posted by Ikkey52 on 19.2017 文芸批評   0 comments   0 trackback
 ベストセラー本を追い求める趣味はないが、マーケティングの僕(しもべ)のような新刊が溢れる時代に、日本人一般の間で認知度が必ずしも高くない「応仁の乱」を取り上げ、日本中世史の最新研究成果を武器に、堂々直球勝負に出た新書が、店頭で長く売れ続けているというので、恐る恐る手に取った。自分のような日本史音痴にとっては、清水の舞台から飛び降りるような気分だったが…。

 結論からいえば、当初は投げ出したい気持ちにも駆られつつ、興味はなんとか持ちこたえ、どうにか最後まで通読できた。構成は前半と後半で異なる。前半は試練の道のり。ひたすら史実が速いテンポで語られていく。登場人物もどんどん増える。人名には初出時こそルビが振られるが、その読みをつい忘れてしまうし、改名する者も一人二人ではないので骨が折れる。ときおり、簡略化された家系図が出てくるのがせめてもの救いだ。

 しかし、後半は打って変わって、流れが穏やかになり、読者には考える余裕が与えられる。久しぶりに出てくる人名や出来事には、参照すべき初出ページが親切に示される。著者の呉座勇一はまだ30代という気鋭の学究。全国紙の日曜版にユニークな日本史コラムを書いている人物として名前だけは認知していた。『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』で呉座は、先達の研究者の意見や解釈を頻繁に実名付きで紹介する。歴史上の人物の心の中の動きを巡って、研究者間には様々な見解の相違があることをあらためて知らされた。

 日本の歴史、ことに中世史ともなれば、定説が完全に固まり、新解釈など入り込む余地はまるでないものだと、これまで自分は勝手に考えてきた。ところが、1970年代になって提示された説があり、つい最近、発表された研究成果で、これまでの定説を覆すようなものもある。例によって戦後まもなくは、階級闘争史観に基づく解釈が全盛で、そこから外れた見解は異端として排除されたらしいが、いま人文科学の一分野として日本中世史研究はずいぶん活性化しているようだ。

 応仁の乱を端的に表現すれば、「室町幕府八代将軍足利義政配下の武将らが東西両軍に分かれ、十数年に渡って京都をはじめ畿内を中心に繰り広げた内戦」だ。その内情は、味方が敵に回ったり、その逆であったりと実に複雑で、だからこそ誰の責任で引き起こされ、なぜこれほど長期間にわたって収束不能だったのか、ひとことで片づけるのは極めて難しい。

 忘れてならないのは、本書を書き上げるにあたって呉座が、記述をベースに、性格のまるで違う二人の高僧の見解を選んだこと。ひとりは九条家出身の経覚、もうひとりは一条家出身の尋尊だ。ともに格式高い奈良・興福寺の最高職である別当を経験し、公家の出でもあることから天皇家に近いだけでなく、室町将軍家とのパイプも太い。

 それだけならば単なる体制派だが、2人はそれぞれ関係深い寺社所有の荘園を新興武装勢力の侵略から守るため、表舞台に現れては消える数々の軍事リーダーたちと、あるときは細心に、あるときは大胆に切り結んだ。したがって、ともに情報の収集と分析にはずば抜けたものがあり、それが本書全体に大きな説得力を与えている。

 もうひとつ、日本史音痴としてあらためて呉座本から教えられ、目からうろこが落ちたのは、当時の主君と家臣の関係について。どうも江戸期の知識ばかり強く刷り込まれてきたせいか、武家社会の主従関係を絶対的なものとみてきたのだが、実はそうでもなく、応仁の乱当時、主従の関係はいかにも淡泊だ。個人的損得が合わないとみれば、家臣は躊躇なく主君を換えるし、主君の側も裏切った家臣を深追いしない。それどころか、機が熟せば、裏切り者だった家臣に対しても鷹揚に赦免を与える。

 征夷大将軍の役割も、朝廷からお墨付きを得た軍事独裁者というイメージには程遠く、安定性を欠いた大名連合政権のうえで、かろうじてバランスをとっている張りぼてのような存在に思えた。また、管領職といえば将軍家の代貸にあたるが、責任を負いたくないために将軍から管領就任を求められても謝絶したり、あるいは行事に必要な時だけご都合主義的に短期間その地位に就くなど、ひどく人間くさい政権だったのだと、あらためて感じた。

 それにしても、こういう歯ごたえのある歴史書がどうして発売から30万部以上も売れるのか。日本の読書好きたちのレベルが高いということか。それともベストセラーと聞いて、大勢からの脱落を恐れる心理が働いたのか。どちらかといえば後者に近い不純な動機でページを開いた自分としては、ぜひともその真相を知りたいところだ。
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/400-230fa108

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。