Loading…

スポンサーサイト

Posted by Ikkey52 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこまでも「恵泉女学園」的な…日本ノンフィクションの「通史」

Posted by Ikkey52 on 14.2017 ジャーナリズム   0 comments   0 trackback
 こともあろうに日本のノンフィクションの通史を語ろうなどと、よくもまあ武田徹という人は野心的テーマを引き受けたものだ。しかも『日本ノンフィクション史』は新書版だ。とことん深く論じる紙数はない。したがって、概観にととまり、駆け足に終わるのはやむを得ないにしても、その分、ずっとアカデミズムの世界(恵泉女学園大・メディア論)に身を置いてきた著者自身の体臭が、過剰に醸されてしまったように思える。

 論述の通底音を成すのは、やはり大宅壮一の仕事と発言だ。ルポルタージュ文学か、文学的ルポルタージュかの分水嶺を考えさせながら、林芙美子と石川達三の従軍記を比較し、戦後サークル誌運動や生活綴り方運動を横目に見て、梶山季之、草柳大蔵というトップ屋二大巨頭の台頭に至る。その上で、戦後出版界の金字塔でもある筑摩の『世界ノンフィクション全集』の採録傾向から、当時の編集者らがノンフィクションをどう捉えていたのか探ろうとし、一方では、新しいノンフィクションの担い手として登場したテレビ・ドキュメンタリーの諸挑戦まで視野に入れる。実に欲張りな通史といっていい。

 田中康夫のベストセラー小説『なんとなく、クリスタル』にも一定の紙幅を割き、小説に脚注として挿入されたバブル期を象徴する442個の商品ブランド名、店名などは、仮構された物語の中身とは別に、「東京の都市空間が崩壊し、単なる記号の集積と化し」ている現実を示した、との武田の指摘は鋭い。

 同じく携帯電話の普及とともに登場するケータイ小説も、稚拙な表現や文体とは別に、頻繁に描写されるケータイ操作の選択や判断のシーンに注目すれば、小説自体ある種の「操作ログ」の集積とみることができる。それはケータイ時代の現実であり、その限りにおいてケータイ小説もジャーナリズム機能を果たしているといえる。フィクションの領域にここまで目配りしてノンフィクションを論じる武田の丁寧さは大いに買える。

 一方、武田は「アカデミック・ジャーナリズム」なる概念を持ち込み、書き手として、宮台真司、佐藤俊樹、古市憲寿らの学者の名をあげる。そのうち、佐藤は『不平等社会日本』のなかで、「一般マスメディア・ジャーナリストには望みようもない強力な調査力と分析力を駆使して」、この国で嚆矢となる格差社会論を著した、とする。要は、社会学系のアカデミックな統計を使えたから、という趣旨らしいが、それなら一般マスメディア・ジャーナリストも利用する手はいくらでもあり、あえて区別する意味が分からない。

 沢木耕太郎にはそれなりのエネルギーを費やしているが、本田靖春や魚住昭のような企業ジャーナリスト出身者の仕事は顧みられないし、スポーツ系の山際淳司、芸能系の竹中労、取材チームで仕事をする立花隆や佐野眞一、猪瀬直樹にもほぼ光は当たっていない。のみならず澤地久枝、鎌田慧、関川夏央の名も見えない。アカデミック・ジャーナリズムというならば、当然取り上げられてしかるべき有馬哲夫の仕事も無視されている。

 調べてみると、著者の武田には、シカゴ大学を中心にしたアカデミック・ジャーナリズムなるものの勃興を、あくまで学者として研究した論文もある。本作はどうやら、そこでの考察を大幅に使いまわしたものとみて良さそうだ。 
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/392-be383516

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。