Loading…

スポンサーサイト

Posted by Ikkey52 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「報道の消費」に抗い続ける天才記者の戦闘記録…清水潔『殺人犯はそこにいる』

Posted by Ikkey52 on 13.2017 冤罪・ジャーナリズム   0 comments   0 trackback
 3月11日の金曜日、地上波テレビの夕方ニュース・ゾーンは、各局とも6年を迎えた東日本大震災関連特集でおおかた占められるはずだった。ところが、森友学園理事長の突然の記者会見を生中継せざるを得なくなり、発局側の予定調和はあっさり崩された。それだけではない。韓国憲法裁判所による大統領朴槿恵の弾劾決定と、南スーダンPKOからの自衛隊撤退を発表する安倍首相のぶらさがり会見まで飛び込んできたから、震災関連ニュースは相対的にすっかり霞んでしまった。「報道」は消費されるもの、ということが実感としてわかる。

 清水潔の『殺人犯はそこにいる~隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』は、消費されるものとしての「報道」の有り方に、真っ向から抗い続けるベテラン記者の生々しい戦闘記録だ。清水といえば、桶川ストーカー殺人事件が、助けを求める被害者になんら手を差し伸べなかった警察の大失態であることを暴いた天才的取材者だ。無実の無期懲役囚を再審無罪に導いた足利事件報道もこの男の執念の取材の成果だった。

 指紋が出なければお手上げだった犯罪捜査に光明が差したのは20世紀も後半。DNA型鑑定の登場によってだ。判例をつくることで証拠能力にお墨付きを与えたのは、その足利事件の上告審だった。判例を得て日本の警察、司法当局はDNA型鑑定を無敵だと考えた。だが、科学の領域の話だ。だれが鑑定しても同じ結論にならなければいけない。また、科学である以上、鑑定方法も日々進化するはずで、導入初期にあっては古い鑑定結果が後世の新しい鑑定方法で否定されることもありうる。アメリカでは、200人もの服役囚が新しいDNA型鑑定でシロだとわかった。証拠のひとつかもしれないが、絶対的決め手と考えてはだめなのだ。

 日本の警察、司法の現場は、起訴後の有罪率が100%に近い。だから、恐ろしいまでの高打率に縛られ続ける。その結果どうなるか。ともすれば「筋読み」通りの証拠固めが優先され、真実の追求がおろそかになる。DNA型鑑定が「一致」と出たら即逮捕。後は勾留した「容疑者」を「筋読み」に矛盾しないように自白させればいい…。そこに自白強要の余地が生まれる。「一度固まった筋読みが揺らぐのは恥であり、まして証拠能力ありとして刑事裁判でいったん採用された鑑定が、再鑑定で結論が覆るなどということは『あってはならない』組織的屈辱」と見なす感覚が冤罪を生む。 

 清水にとって足利事件の菅家利和の無実を証明することは、ゴールではなくスタートだった。冤罪問題が自分の中心テーマではない、とまで清水は言う。逮捕当時、菅谷は栃木県警の調べに対して足利事件を含む3件の類似事件の犯行を「自供」している。その全てで起訴され有罪になっていたら、死刑判決は確実で、菅家はもうこの世の人でなかったかもしれない。不幸中の幸いだったのは、残りの2件が不起訴になっていたことだ。捜査不十分な他の類似事件まで菅家に「背負わせよう」としたところから見ても、警察にはすでに分っていたはずだ。栃木、群馬の県境にまたがる半径わずか10キロの範囲で1979年から96年にかけて、5件もの類似事件が起きていたことを。

 どんな大きなニュースが飛び込んできても、忘れてくれるなよ、と清水は言いたいのだろう。北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人が今も生きて、あたりをうろついている。犠牲者がまた出る可能性がある。報道の役割は、それを未然に防ぐこと。それ以上でもなく、それ以下でもないと。逃げ延びている真の容疑者にインタビューまでした「取材の鬼」の粘着力に圧倒される。
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/384-b6959082

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。