Loading…

スポンサーサイト

Posted by Ikkey52 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「円」を切り口にした帝国日本の青年期論…『大陸に渡った円の興亡 上』

Posted by Ikkey52 on 12.2017 近現代史   0 comments   0 trackback
 トランプ大統領の登場で、世界が慌てふためく理由はいくつもある。その最大のものは、市場開放、規制緩和、マーケット重視というアメリカの対外政策の基本が、どうなってしまうのかという不安だ。なにしろ、「強いドル」を背景にアメリカは、1898年に米西戦争に勝ち、フィリピンとグアムを取り、ハワイまで併合し、欧州列強が蚕食していた中国にも乗り出したころ以来、一貫して120年もこの対外戦略を続けてきたのだ。 

アメリカが中国進出に名乗りを上げた当時の日本は、試練続きの外交と、その延長線上にある対外戦争に、国家の存亡をいやおうなく賭していたが、払った犠牲に比べて見返りが少なかった日露戦争のトラの子の代償、つまり旅順、大連と長春以南の満鉄付属地の権利を、どうやって最大限に膨らませるかに腐心していた。むろん、中国本土の利権拡大についても、欧州列強に後れを取りたくない。しかし国庫は空っぽ、海外には戦費調達に使った外債の巨額なツケが溜まっていた。

「ドルを持って銃弾に代える」アメリカのドル外交と大陸でどう渡り合えばいいのか。日本の政治家、財政担当者たちは悩みぬく。朝鮮はすでに円経済圏に入っていた。満洲の経営にとっても「円」こそ武器なのだが、その使い方を巡って、正金銀行=銀建て派と大陸積極論の金建て派の根深い対立があった。どういうことなのか。

 日本は明治4年、早々と金本位制を採用した。東洋諸国の多くは中国も含め銀本位制を採用していた。貨幣価値の物差しはメキシコ産の銀だ。それでは貿易に不便なので、日本は円銀を認めることにし、事実上、金と銀の複本位制をとった。世界の趨勢が金本位制に傾くと、金と銀の交換価値の差が大きくなる。日本金貨が海外に流出し退蔵されたため、日本は銀本位制になりかけた。日清戦争の賠償金を英国ポンドでもらうことによって、明治30年、やっと金本位制に回帰することができた。満洲経営が自国問題になった段階でも、現地は銀を基軸とした諸通貨の流通が続いており、金をもとにした幣制統一は容易でない。日本の金準備高も情けないレベルにあった。

 辛亥革命後の混乱期、北京政府は軍費調達などから恒常的な予算不足に陥り、各国からの借款漬けに陥るが、幣制の不統一が混乱に拍車をかけているのは誰の目にも明らかだった。日本は様々な金融財政専門家を送り込み、北京政府要人と局面打開策を練るが、そもそも日本の大陸政策として金建て派と銀建て派の対立は解消していない。しばらく迷走が続いた…。

 それにつけても、多田井喜生の大著、『大陸に渡った円の興亡』は精緻な織物のようだ。円を切り口にした“帝国日本の青年期”論だが、得るところが実に大きい。脇役として迎えた第一次大戦と火事場泥棒的な参戦が、苦しかった日本の懐事情の改善にどれほど大きく貢献したか、あらためて思い知らされた。
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/379-59685056

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。