Loading…

スポンサーサイト

Posted by Ikkey52 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潰された日米総力戦研究

Posted by Ikkey52 on 16.2016 現代史   0 comments   0 trackback
 日米開戦前、三井物産ニューヨーク支店はエンパイア―・ステイト・ビル7階にあった。昭和16年3月、ひとりの日本軍人が社員を装って目立たぬように支店内にデスクを置いた。参謀本部付主計大佐、新庄健吉。新庄の任務は、日米間が緊張するなかで、アメリカの国力を詳細に分析し、参謀本部に報告することだった。

 西木正明の小説『ウェルカム トゥ パールハーバー』には、陸軍中野学校創始者のひとり、岩畔豪雄と新庄とをあわせて造形したと思われる諜報将校が登場するが、新庄自身は諜報のスペシャリストではない。陸軍経理学校を経て、軍の派遣生として東大経済学部大学院に学んだ歴とした主計将校だ。非合法活動をせずに、公開情報を収集し、地道に数字の分析を続けた。駆け出しのジャーナリストは先輩から、「公開情報を念入りに読めば、大抵のことはつかめる」と教わるが、一国の総合力全体の把握となると気が遠くなる。IBMの計算機を駆使したというのが事実であれば、それからして彼我の差に驚く。

 国力比較といえば、昭和15年秋から始まった総力戦研究所の取り組みがある。猪瀬直樹がノンフィクション『昭和16年夏の敗戦』にまとめ広く知られたが、こちらは総理の直轄機関。選ばれた官僚や武官、民間の若手エリートたちが、昭和16年7月から8月にかけて、日米戦争が総力戦として戦われた場合の机上演習に従事した。シミュレーションは恐ろしいばかりにリアルで、緒戦の勝利、その後の長期戦による国力の疲弊、そしてソ連参戦までが予見され、日本必敗の結論しか出ようがなかった。

 戦争の帰趨を、兵器兵力の優劣や兵員の士気など軍事力のみから考える時代はすでに去っていた。国の総合力に桁外れの差がある場合、勝敗は戦う前からついている。しかし、総力戦研究所の研究結果を受けた東条英機は、日露戦争を引き合いに「実際の戦争は意外裡の要素がある」と一蹴した。若手エリートたちに無力感だけが残った。

 「鉄鋼1対24、石油産出力1対無限、石炭1対12、電力1対5、アルミ1対8、飛行機1対8、自動車1対50、船舶保有量1対2、工業労働力1対5、重工業1対20」。
 新庄がはじき出した日米対比データが、日本大使館付武官補佐官に赴任中の岩畔豪雄を通じて、参謀本部にもたらされたのはやはり昭和16年夏。一方、新庄の孤軍奮闘とは別に、陸軍経理局内では、進歩派学者を動員して英米のみならず独伊ソまで幅広く経済力を探る秋丸機関が動いており、その研究成果が陸軍幹部向けに開示されたのもほぼ同じタイミングだ。http://www.mnet.ne.jp/~akimaru/a-kikan/kikan.htm
 いずれも日米開戦を不可とするものだが、ことごとく≪根拠のない勝算=「意外裡」期待説≫に潰されていく。

 激務の影響か、新庄は病を得てワシントン市内の入院先で12月4日に息を引き取る。身分はすでに物産社員からワシントン駐在陸軍武官府員に変わっていた。葬儀は期せずして、12月7日(日本時間8日)の真珠湾攻撃開始と重なる。それに野村、来栖両大使が長々と参列したから、国務省への最後通牒提出が遅れた、と断ずる異説があった。その説に従えば、結果として新庄の葬儀の設定が、日本外交史上最大の汚点、国辱を生んだことになる。のちに、参列者名簿に両大使の名前はなかったと分り、異説は根拠を失うが、同時に新庄の名も忘れ去られた。三井物産ニューヨーク支店を去るにあたり、新庄は世話になった社員をディナーに招き、「日米開戦があれば必ず日本は負ける」と語って座を凍りつかせた。また「数字は嘘をつかないが、嘘が数字をつくる」と寂しげな表情を見せたという。
http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/mumyouan/mumyouS04.html
 非売品の小論を除き、いまだに新庄の「人と仕事」を正面から論じた書籍が、ほとんど見当たらないのは残念というしかない。
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/347-04cd4db0

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。