Loading…

スポンサーサイト

Posted by Ikkey52 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霞(かすみ)・近衛家・愛知大

Posted by Ikkey52 on 27.2016 現代史   0 comments   0 trackback
 霞山(かざん)会館という貸会議室兼宴会場が、中央省庁合同の庁舎を兼ねる東京・霞が関コモンゲート西館の一角を占めている。同会館は一般社団法人霞山会の事業の一環で、もともとこのビル敷地の地権者のひとつだった。

 霞山会館と紛らわしいが、一般社団法人霞(かすみ)会館という団体が別に存在する。これは旧華族の親睦団体で、戦後に華族制度が廃止されるまでは華族会館と呼ばれていた。日本初の超高層建築として建てられた霞が関ビルに入居しているのは、やはりかつての地権者という関係からだ。

 ともに霞が関にある霞山会館と霞会館。ふたつを太く繋ぐ名家があった。近衛家だ。近衛家は旧五摂家筆頭の家柄で華族制度創設に伴い公爵に叙せられ、その長子は華族会館に名を連ねてきた。霞会館の「霞」は、初代館長の有栖川宮熾仁親王の雅号「霞堂」にちなむという。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%9E%E4%BC%9A%E9%A4%A8
 
 一方、霞山会館の経営母体である霞山会は、前身を東亜同文会といい、終戦まで上海で東亜同文書院を運営していた。海外にできた日本初の高等教育機関だ。東亜同文会初代会長が近衛文麿の父篤麿だった関係で、霞山会の名は篤麿の雅号「霞山」から取られていた。http://www.kazankk.org/kazan/history.html

 東亜同文会は半官半民の国策団体で、篤麿の遺志を受けて、アジア主義に深く傾斜していた。東亜同文書院は、多くの外交官、政治家、実業家を輩出している。同時に、中国語が堪能になる同院出身者は、日本軍との関わりで特務やスパイとして暗躍した者が多い。ジャーナリストを隠れ蓑に阿片王として君臨し、満洲国建国にも関わりのあった里見甫などは、同院出身者のなかでも異彩を放っている。

 あまり知られていないが、篤麿の長男文麿も5年ほど東亜同文書院の院長を経験した。文麿の長男で、篤麿から見れば孫にあたる文隆については、以前にも触れており多くを記すつもりはないが、一時期、たしかに同院の講師兼学生主事のポストについている。留学先のアメリカから軍国化のすすむ日本に戻り、異端視されつつあった文隆を上海に逃がしたのは、父文麿の配慮だが、文隆は上海在勤中、蒋介石との直接交渉の道を模索しようとして物議を醸し、結局、関東軍の一兵卒として懲罰的召集を受けることになった。敗戦でソ連抑留者の群れに入ったとき、たかだか中尉に過ぎない若造が、将軍並みに戦争犯罪を疑われ、生きて収容所を出られなかった不幸は、近衛家という出自ぬきには考えられない。

 終戦に伴い廃校の憂き目にあった東亜同文書院の流れが、愛知県豊橋市にある私立愛知大学に受け継がれていたという事実は、一橋大名誉教授の加藤哲郎がロシア史関係の民間フォーラム「桑野塾」で行った講話を録音で聴くまで、全く知らなかった。http://deracine.fool.jp/kuwanojuku/
 
 愛知大は、東亜同文書院(大学)の最後の学長、本間喜一が同院の教職員や学生に呼びかけて1946年、愛知県豊橋市の旧豊橋陸軍予備士官学校跡を使い、法文系の旧制大学として設立にこぎつけたとされる。GHQから見れば、同院の戦後復活は好ましいわけがない。しかも愛知大の立ち上げには、やはり終戦で廃校になった京城、台北の両帝大教職員もはせ参じたというから、当初は相当な風圧に晒されたものと思われる。1993年になって、この特異な歴史を背負った大学は「東亜同文書院大学記念センター」を設立している。毅然としてその血脈を明らかにしたわけだ。

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/335-0c366b08

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。