Loading…

スポンサーサイト

Posted by Ikkey52 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追憶のバングラディッシュ

Posted by Ikkey52 on 04.2016 アジア・冒険   0 comments   0 trackback
 人質テロ事件でにわかに注目を集めた南アジアの国バングラディッシュ。旧知の大手旅行代理店勤務の女性に聞くと、さすがに日本からの観光ツアーは組まれていないとのこと。さもありなんだが、事件関連の報道に触れて驚くのは、想像を上回る首都ダッカの発展ぶりだ。アジア最低といわれる労賃の安さからだろうか。

 思いがけない悲劇が思いがけない国で起こった。少なくとも狂信的イスラム宗教国家の印象はない。一報を聞いてから、すっかり忘れていた過去の記憶が断片的に蘇ってくる。なにしろ自分の唯一のバングラ体験はふた昔以上も前だ。ベンガル湾に面した同国では毎年のように発生する台風で被害をだすのだが、その年の春、想定外の巨大サイクロンに襲われ、新聞の外報面で伝えられる死者数は日を追うごとに万単位から10万単位に膨れ上がっていった。取材のオーダーを受けて、慌ててマニラのバングラ大使館で取材ビザをとり、バンコクを経由してダッカ空港に降り立った時点では、発生から10日近く経っていたと思う。

 バングラディッシュの国名は知らなくても、ダッカ空港の名はある年齢以上の日本人の記憶にはくっきりと刻まれているはずだ。1977年、パリ発で、アテネ、カイロ、カラチ、バンコク、香港を経由して東京に向かう日航機が日本赤軍にハイジャックされ、強行着陸させられたのがダッカだった。交渉の矢面にたった福田政権は犯人側要求をほぼ丸呑みし、身代金600万ドルを支払い、服役・勾留中の仲間6人を釈放した。いわゆる「ダッカ日航機ハイジャック事件」だ。自分が降り立った当時の空港は、事件のころと滑走路や空港ビルの位置が変わっていたが、古い滑走路と見られるところに、貧しい人たちの勝手に建てた粗末な小屋が点在しているのが見えた。縛るべき秩序がない、いわば放置の状態だ。国の土を踏む前にいち早く洗礼を受けた気がした。

 現地の取材にいい思い出はない。極め付きの悪路、山賊出没情報に尖りっぱなしの神経、放置され腐敗する遺体とその臭気、放心状態で路側に座り込む農民、泥の荒れ地に佇立する長老らしき老人、腹を空かせて救援物資満載のトラックを無秩序に取り囲む被災者の群れと、そのトラックの上から鞭を振るう居丈高な兵士、粗末なテント製の伝染病者隔離病棟、格納庫で整備中の東京消防庁の支援ヘリを突如襲ったバッタの大群、ベトナム戦争の退役米軍機を使うバングラ空軍ヘリに便乗し、被災地上空を撮影しようと開けたドアが着陸まで閉まらなかったことなど。

 高価なカメラ機材を持って泊まっても心が休まる場所は、ダッカ市内のホテルしかなかったが、ホテルの従業員からは市内の治安の悪さを理由に歩き回るなときつく戒められた。敬虔なイスラム教国で酒はご法度。ともあれ訳知りの先輩に聞いた通り、「私はアル中です」と書いた紙をボーイに渡して交渉したが、ホテルに酒のサービスはない、の一点張り。だが、そこは蛇の道は蛇。韓国の商社マンが屯すという店の存在を聞きつけて訪ねると、店内の電気を消し、ローソクの明かりでビールやワインを提供していた。ヤミの酒を飲むスリルを知ったのはバングラだった。

 滞在中、すっと泣かされたのは通信事情の悪さ。海外にもかかる携帯電話の普及など後の話。ダッカ市内に何軒もなかった外国人客向けのしっかりしたホテルからも国際電話が出来ない。中央郵便局から架けられると教わり、出向くと長蛇の列。仕方なく、2、3日に一度は国際電話ボックスがある空港まで往復した。市内との距離はそう遠くないが、道中はリキシャと呼ばれる三輪車で殺人的な交通渋滞が続く。マニラから来たので路上のカオスには慣れているつもりだったが、想像を超えた。電話連絡のために半日が飛んでしまった。そういえば、今度の事件の犠牲者にも交通渋滞解消に向けた都市計画の担当者がいた。彼の国の泣き所改善のために汗を流していた同胞が…、と思えば、その死は限りなく痛ましい。

 当時から現地の邦人組織といえばJAICAが代表的で、情報をもらったこともあった。取材の足となる四輪駆動車は国際NPOから借りたはずだが、それはどこの組織だったのか、ベンガル語のコーディネーターはどんな手づるで誰に頼んだのか、いまとなっては失念したことも少なくない。
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/332-5c479f8a

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。