Loading…

スポンサーサイト

Posted by Ikkey52 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舛添炎上と駒ヶ岳男児生還に見る「謝罪と恥」

Posted by Ikkey52 on 08.2016 事件・事故   0 comments   0 trackback
 右を見ても左を見てもメディアは舛添追及一色だ。何が問題になっているのか、それすら霞んでしまいかねないほどの怒りと批判の大嵐が吹いている。被告席の当人が都知事という公職にあって、ダンマリを決め込むわけにもいかず、公の場で苦しい弁明を重ねるのだが、それがまた中学生にも笑われそうな幼稚きわまる作り話にしかなっておらず、かえって墓穴を掘るという悪循環が続く。

 だいたい周囲360度を敵にまわしての謝罪とは、捨て身、赤心でするものだ。見え透いた言い逃れの臭いがするものは、顕微鏡的な細かさで排除する必要がある。謝罪もまたひとつの交渉術だとすれば、問われるのは心情そのものであって理屈でない。どのみち、せこい話には違いなく、笑いものになるのは覚悟だ。それにしても、「国際政治学者」なる怪しい肩書きを自称した一介のテレビタレントから身を起こし、参院議員に当選し、厚労大臣まで無難に務めながら、寄らば大樹の自民党が賞味期限切れと見るや、離党を躊躇わず、ミニながら一党を興し、率い、機を見るに敏、苦楽を共にした小党の仲間をあっさり袖にして、電光石火、中堅国家元首並みの予算や権限を握る都知事に転じたほどのやり手であるならば、全うな助言、諫言をくれるアドバイザーやブレーンのひとりやふたり、いて当然と思うが、そうでないならやはり、人徳の問題が決定的なのだろう。

 舛添追及で一躍スポットライトがあたっているのが全国的には地味な存在の都議会議員たちだ。傍聴席満席、記者席も満席という願ってもない檜舞台になった議場で得々として知事に質問をぶつける姿は勇ましいが、ちょっと待ってほしい。石原慎太郎知事時代、実態としては週に数日の登庁だったのを許し、自邸での小説書きを黙認してきたのはどこの議会だったか。猪瀬直樹知事時代、不明朗な金銭のやり取りがあった徳洲会グループ系施設に10億円弱もの補助金と委託料の支給をスルーで認めたのはどこの議会だったか。都知事三代にわたってチェック機能を果たせなかった情けない議会なのだ。舛添の週末別荘暮らしを今更責めるのは、自分たちの目が節穴だったという恥をさらけ出して居直っているわけで、人としてむしろあさましい。

 謝罪と恥に関してもうひとつ、駒ヶ岳の男児不明報道で感じたことがある。田野岡大和くんの父親は当初、しつけのため置き去りにしたことを隠し、山菜取りで息子とはぐれたとウソをついたが、「世間体を考えてしまった」と正直な告白に転じた。恐縮しきって詫びる父親の表情には、警察や捜索関係者を一時的にせよ裏切ってしまった悔悟と、我が子を案じる苦悩に満ちていた。大和くんが奇跡的生還を果たすやいなや、世論が「ともあれ無事に戻ってきた」と素直な安堵に傾き、父親批判が急速に鎮静化していったのは、そのためだろう。

 一方、母親のほうは、自分がテレビで見る限り、一切報道対応はしていないし、捜索現場で終始、帽子とマスクで顔を隠していた。捨て身、赤心の意味を知らない人だ。恥の感覚の深さはわかるが、自分の恥ずかしさより、真夏並みの暑さの中、肌寒い小雨の中を深い森まで分け入ってくれた捜索隊には素顔を晒して誠意を見せるべきだろう。驚いたのは、大和くんが市立函館病院を退院したセレモニーの場でも、目深に帽子をかぶり、マスクを外さなかったこと。特別の計らいを受け、お世話になった病院関係者に頭を下げていたが、確かに多くのカメラに囲まれていたとはいえ、顔を隠したままで何の謝罪と感謝か。少なくとも分別ある大人のマナーではなかった。
 大和くんが父親の運転する車を下される直前、車内にいた家族とどんなやりとりがあったのだろうと考えてみる。父親が激高し母親がしぶしぶ同調したのか。たしかに公許のストーリーでは父親が悪役になっているが、自分にはその逆だったような気さえする。

 蛇足になるが、捜索現場で取材にあたったソースから、情報番組の出演者として現地入りしていた事件レポーターの元刑事が、田野岡家と入魂の関係を築き、他の報道陣に対して囲い込む動きをしていたと聞いた。事実とすれば聞き捨てならない。
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/327-5b96adae

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。