Loading…

スポンサーサイト

Posted by Ikkey52 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震学者の限界と本分…ある外国人教授の指摘から

Posted by Ikkey52 on 28.2016 防災   0 comments   0 trackback
  熊本県の企業誘致Webサイト「KUMAMOTO」が、一連の地震に関連して物議を醸し、現在一時閉鎖されている。企業立地のメリットをアピールするのに、東北・北海道を地震の危険地帯とする一方、熊本は過去120年も大きな地震がない、と安全地帯を強調する内容だったからだ。

 地球物理学の一分野に地震学という学問があり、世界中で優秀な頭脳が地震のメカニズムを解明すべく研究にあたっている、といった程度の知識は誰にでもある。では、超能力者を名乗る者以外の誰が、これまで地震発生を的確に予測できたかといえば、全く思い当たらない。つまり「地震学者は確かにいるが、地震学者に予知はできない」ということか。

 「予知できる地震はない。これは鉛筆を曲げ続ければいつかは折れるのと同じことだ。それがいつ起きるのか分からない」。そこまで言い切る学者が日本にいる。東大大学院教授のロバート・ゲラーだ。

 2004年から約10年のスパンでマグニチュード5以上(震源の深さ100キロ以下)の地震の震源分布を地球儀に赤点で落としてみると、環太平洋がぐるりと真っ赤になり、ついでインドネシアからアンダマン海あたりも相当赤くなる。また大陸プレートの境界付近の海底にも赤いラインがくっきり表れる。ただゲラーによると、古い地層のうえに乗っていて、一見地震とは縁がなさそうなスイスやイギリスも過去には大きな揺れを経験している。断層帯もプレートもないとされているところでさえ地震は起きている。それは地球の内部が生きているからだ。しかも見ることが可能な海底や宇宙と違い、地球内部は覗き込むことができない。

 熊本地震発生を受けたゲラーと中部大教授の武田邦彦との緊急対談は痛快だ。
https://www.youtube.com/watch?v=rrlLUzVkXas&spfreload=10
 ゲラーの持論は、御用学者どもが政府の研究資金欲しさから、地震予知が可能かのような誤った言説をばらまき、国民をいたずらに惑わせている、というもの。そこから導き出されるのは、「余震、本震といっても本来何の区別もなく、それ自体結果論に過ぎない」、「熊本地震の余波が大分に広がるか、鹿児島側に出るのかはだれもわからない」、「地球の年代からすれば1万年は短いオーダーであり、それを踏まえれば富士山噴火は近いといえる」といった小気味のいいゲラー節だった。

 何やら原子力ムラを連想させられたが、彼の著書『日本人は知らない「地震予知」の正体』のカスタマーレビューをアマゾンで見ると、自分と同じ受けとめをする人たちが多いのでちょっと驚かされた。

 ゲラーと武田がともに確認したところでは、政府の地震予知連絡会(予知連)は1969年に発足し、1978年から東海地震予知体制を取っているが、1983年の「日本海中部」から今月の「熊本」に至るまで、4人以上の死者を出した地震全ての予知に無力だったうえ、東日本大震災まで「危ないのは東海地震」と言っていながら、以降は「南海東南海地震」に看板を掛け換えてさえいる。地震予知につぎ込まれてきたムダ金が減災対策を回していたら、と考えるのが自然ではないか。
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/320-2ebc2490

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。