FC2ブログ
Loading…

北朝鮮キーマンの急死と、総連トップの消えない内憂外患

Posted by Ikkey52 on 30.2015 北朝鮮   0 comments   0 trackback
 年も押し迫って、北朝鮮からキーマンの訃報が飛び込んできた。金養健・統一戦線部長の「交通事故死」だ。毎日新聞の北京電によれば、「事故原因や場所などは不明。党中央委員会と最高人民会議常任委員会は国葬を営むと発表し、金第1書記を委員長とする国家葬儀委員会を設置した」というから、少なくとも粛清ではない。

 主に対南工作を行う統一戦線部長がなぜキーマンといえるのか。金正恩は義理の叔父で国防委員会副委員長だった張成沢を粛清するにあたり、密かに信頼できる人物たちを白頭山のある両江道三池淵に集め策略を巡らせたが、金養健はその「三池淵8人組」のひとりだった。韓国当局者の分析では、「対南問題を越えて金正恩の統治活動全般を補佐する役割をしてい」た(中央日報日本語版)。
http://japanese.joins.com/article/129/203129.html?servcode=500§code=500

 金養健の死の知らせに、ひょっとしたら一息ついているかもしれない人物が日本にいる。朝鮮総連議長の許宗萬だ。許は、今年10月に行われた朝鮮労働党創建70周年式典に「平壌指導部からの指示で出席を見合わせる」とし、名代に副議長を団長とする代表団を送った。朝鮮半島ウォッチャー重村智計によれば、訪朝した総連代表団に対し、金養健は叱責口調でこう述べた。「総連議長はどうして訪朝しなかったのか。金正恩第一書記は何度も来るように伝えたのに」。代表団はこの言葉に衝撃を受け、何も言えなかった(「朝鮮半島通信 Vol.96」WiLL2016年2月号)。許のウソがばれた瞬間だ。

 許が祖国訪問を躊躇ったのはこれが初めてではない。昨年5月に日本の対北朝鮮制裁が一部緩和され、訪朝した総連幹部の再入国が許されるようになったのに、ぐずぐずと平壌入りを先延ばしにした。平壌指導部がよだれを垂らしながら待っている総連からの貢物、即ち在日商工人からの献金がいまやほとんど集まらないこともあった。秋になってしぶしぶ8年ぶりの訪朝を果たした許宗萬を待っていたのは、最高指導者の金正恩に一度もお目通りを許されないという大きすぎる屈辱だった。許の訪朝期間がたまたま金正恩の病気療養の時期と重なったためとする解説もあるが、平壌指導部が許に示した不快感のひとつではなかったか。

 北朝鮮本国で総連の指導機関だったのは、朝鮮労働党対外連絡部の後身、内閣225局だ。 昨秋からの関連情報を総合すると、日本人拉致被害者調査に墓参問題を絡めたのもこの組織だという。朝鮮労働党対外連絡部だった時代には日本人、有本恵子さん拉致にも関与したとされる。225局の長だった康寛周は許宗萬と蜜月で、総連を巡る環境の激変にも理解があったようだが、その康も病を得て昨年秋に死亡し、組織は皮肉にも康と折り合いが悪かった金養健の統一戦線部傘下に組み込まれたとみられる。

 重村の情報によると、北では数年前から許宗萬降ろしの流れになっていて、次に訪朝したら最後、病気療養の名目で2度と出国させないシナリオができているらしい。許は平壌の内通者からその情報をつかみ、金正恩の指示として金養健が総連とは別ルートで伝えた11月訪朝指令にもガンとして応じなかったという。
 内には次男のマツタケ不正輸入容疑を突破口とした京都府警や神奈川県警など合同捜査本部の徹底した突き上げがあり、外には目の上のたんこぶだった金養健は死んでも、金正恩の冷ややかな視線がある。正恩の父、正日の忠臣としてのし上がってきた総連の独裁者、許宗萬だが、その憂鬱はどこまでも深い。

スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/299-06d7f0f4

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR