FC2ブログ
Loading…

脱税大国の長者番付から見えてくるもの

Posted by Ikkey52 on 24.2015 フィリピン   0 comments   0 trackback
 かつて過ごしたマニラの仕事場は、夕日で名高いマニラ湾に面したオールド・マニラ地区にあり、金融・経済の中心になっていたマカティ地区とは車で20分ほど離れていた。官庁や大学、テレビ局などが集中するケソン・シティ地区はさらに遠く、1時間は見ておく必要がある。何しろ首都圏の道路はどこまでも果てしない大渋滞だ。抜け道探しなど意味がない。慣れるにつれあきらめが先立つ様になった。

 ところが、そんなマニラ首都圏を、空から自家用ヘリで縦横に行き来する桁外れの金持ちビジネスマンが1人2人ではないのを知って、肝をつぶした。タイム・イズ・マネーということか。英語が公用語であるフィリピンでは、特に富裕層にとって旧宗主国のアメリカは感覚として地続きであり、ニューヨークのビジネス街でのやり方がストレートに持ち込まれる。立法も一般にアメリカのそれを後追いするケースが多く、都市部で下駄代わりにヘリコプターを利用することにも規制はなかった。今や休耕田に着陸することもできなくなった日本の事情とは大きく異なる。

 話がそれた。「フィリピンの2014年度の個人納税額ランキング」が発表されたと、フィリピン・インサイド・ニュースが伝えている。
http://www.ph-inside.com/news/board.php?board=news02&config=&command=body&no=284
 それによると、トップは製菓会社『レビスコ』の経営者で約2億8千万ペソ(約7億8千万円)だった。「レビスコ」といわれてもピンとこないうえ、桁外れの金持ちがいる国柄から考えて、トップとしては納税額もずいぶん少ない。

 もちろん、ランキングには常連の名前もある。ボクシングの元世界チャンピオンで、今は下院に議席を持つバッキャオは2億1千万ペソを納めて第2位。国民的飲料サンミゲルで知られたビール会社を巨大インフラ企業に変身させつつあるラモン・アンが5105万ペソで9位。サラリーマン社長だとすれば、まあそんなものか。
 ところが、一介の靴屋から身を起こした伝説の長者にして、経済誌フォーブスが2014年度世界億万長者番付でフィリピン一の大富豪にランクしたヘンリー・シーが53位の2567万ペソとは、どうもおかしい。シーと同じくやはりオーナー経営者で、政商と知られフィリピン航空や最大手のたばこ会社などを経営するルシオ・タンが129位(1621万ペソ)というのも信じがたい。
 
 サンミゲルをラモン・アンに引き継いだエドアルド・コファンコをはじめ、フィリピンでは財閥を率いる人物が自ら国会に議席を持つか、あるいは有力政治家を自分たちの利益代表として送り出すかしており、政財界の癒着構造が激しい。徴税額などネゴでどうにでもなる国情にあるのは事実だ。また、ヘンリー・シー、ルシオ・タンらは中国系経済人だが、中国系の商人は一般に国家を信用しない伝統があり、納税で国に報いるという意識は極端に低いといわれる。公平な徴税と透明な国家予算執行が実現すればフィリピンは見違える国になるはずなのだが…。

 フィリピンで実質GDPの最大の稼ぎ頭は、海外出稼ぎ労働者だが、国内賃金相場とはかけ離れた高額の現金送金に重い税が課されているという話は、少なくとも当時は聞いたことがなかった。フィリピン・インサイド・ニュースによれば、「フィリピンは密輸天国と共に脱税天国の評判を取り、密輸を取り締まる関税局と共に税務当局は徴税能力を高めていて、その中で脱税がはなはだしいといわれる弁護士、医師、会計士の高級専門職を重点的に捕捉調査強化を行っているが、徴税側の能力不足もあって効果を上げていない」という。なるほど、まだ道半ばか。
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/297-67e0373d

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR