FC2ブログ
Loading…

佐多岬半島でいま起きていること~愛媛県知事の奇説を問う~

Posted by Ikkey52 on 22.2015 原発・社会   0 comments   0 trackback
 22日のTBS「報道特集」は伊方原発再稼働問題を取り上げていた。映像がなければはじまらないテレビメディアが、合法的に原子力施設内部にアクセスできる手段は限られている。広報責任者がつきっきりで原発施設の改善点なるものをお仕着せ解説するのだが、しらけるばかりだった。

 それでもカメラは正直なもので、わすか70人しか参加しない避難訓練では、「本番さながら」とはほど遠い弛緩した空気を掬い取っていた。原発が東に立ちふさがるため四国本島側への避難が不可能な佐多岬半島の住民たちは、海に活路を見出すほかないが、津波になれば港は使えない。日頃から漁業と密接な暮らしをしている人たちは、そのことを熟知している。計画自体のズボラさをあらかじめ見透かされていたのだ。

 伊方は四国唯一の原発であり、したがって愛媛は唯一の原発立地県だ。ここは伊方の再稼働にゴーサインを出した知事、中村時広の考えを質すしかない。番組のメインキャスター金平茂紀が満を持して切り込むと、中村は「伊方原発に津波の心配はない」とあっけなく言い切った。
 予知連の会長自らが、「今の技術水準では、地震も津波も結局のところ、残念ながら正確には予知できない」と、トップレベルの科学者らしい謙虚さで述べているのに、「津波の心配はない」などとよく言えたものだ。なぜこうした楽観が生じるのか、その源流が気になって、中村がやっているブログをチェックしてみると、フクイチ事故直後に、伊方の安全性について踏み込んだことを書いている。長いので以下要約する。(中村時広ダイアリー2011・3・17より)

 「東日本大震災はプレート型地震で、海底1万メートルという深いところが震源になったため、大津波につながった。愛媛近くでプレート型地震があるとすれば、四国南方沖を震源とする南海地震だが、これは伊方と遠く、また伊方は内海なので、東日本大震災の津波のようなことにはならない。もし、伊方原発の前面海域でマグニチュード7.8の地震が発生した場合(断層のタテずれ)でも想定波高は4.25メートル。フクイチは太平洋に直接面し、海抜6メートルに立地されていたのに対して、伊方の海抜10メートル。だから、津波より地震に備えておけばよい」。 
http://www.tokihiro.jp/diary/diary_20110317.html 
 
 バカバカしいので、くどく言うつもりはないが、伊方原発は、北に日本最大級の断層系である中央構造線が走り、南に大規模な地震発生源の南海トラフが走っている。これは常識。またプレート型地震の規模は大きく、断層型地震は小さい、とは一概に言えない。阪神淡路大震災を忘れてもらっては困る。一方、2013年に内閣府の中央防災会議が予測した南海トラフ地震発生時の佐多岬半島の津波は最大20メートル(満潮時)に及んでいる。これも常識だ。
 県民の命と暮らしをどう守るかは、知事の最も重要な職責のはず。学者でもないのに、中途半端な学説解釈を振り回す自治体首長は誰のために仕事をしているのだろう。
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/291-97d7868d

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR