FC2ブログ
Loading…

トイレの新聞紙とレーニンの微笑

Posted by Ikkey52 on 26.2015 旅の記憶   0 comments   0 trackback
 旧ソ連時代に取材に行ったモスクワとサンクトペテルブルクを、新生ロシアの混乱期に、ドキュメンタリー番組の下調べで再訪する機会があった。文書や映像の保存に関しては、その徹底ぶりが伝説となってきたお国柄。同時に、度を越した官僚主義のせいで、それらのお宝が倉庫の肥やしになっていたのも有名だったが、旧秩序の崩壊にともない、状況は一変していると聞いたからだ。資料を掘り起こす旅には、取材行とは別の興奮もあった。

 厳めしい建物が並ぶモスクワ中心部を抜け出し、年季の入った小型車は郊外に向かっていた。ハンドルを握るのは車の持主で、コーディネーターをお願いしたドミトリー。モスクワ大学を出て科学アカデミーに籍を置くレッキとした若手学者だから、本来は食うに困るはずはない。だが、当時のロシアは天文学的なインフレが進行しており、完璧な日本語を武器に彼も生活防衛中だったのかもしれない。穏やかな好青年だった。

 2時間弱ほど走ってお目当ての映像アルヒーフ(保管)施設に着く。大病院のような建物だ。敷地の広さにドミトリーも驚く。暗い廊下には白衣姿の女性職員が行き交うのでますます病院めくが、35ミリフィルムを納める円形の重そうな缶を専用の縦長の運搬用具に幾層も載せて、運んでいる様子は映画会社の撮影所のようでもある。映像検索はカードで行う。カード閲覧室は、壁際にカードの入った抽斗が並び、中央は図書館のように机と椅子がおかれていたが、明らかに西側の映像関係者と思われるカジュアルな服装の若い人で一杯だった。革命期のニュース映像に狙いをつけてカードを何枚か選ぶ。それを眩しいほど金髪の、化粧も万全な美人職員に渡すと、スタインベック編集機を備えた別の小部屋で待機するよう指示され、やがてフィルムの入った数缶を運び込んでくれた。プレビューしてコピーが欲しい映像を指定して秒数換算で料金を支払う。翌日もう一度出向いて映像がコピーされた磁気テープを受け取る仕組みだった。

 動画がニュース映像となって流通するのは第一次世界大戦中だったとされる。とすれば、ロシア革命期を記録した動画はまごうことなき貴重品で、絶対数も限られている。二十世紀回顧ものなどに使わる映像は、たいていが一度はどこかでお目にかかっているもので、新鮮味がないのはそのせいもある。ところがくだんのアルヒーフは宝の山だった。未見の映像が溢れていた。赤の広場を歩きながら道行く人と歓談するにこやかなレーニンの映像を確保できたのは僥倖だった。映像そのものの著作権は切れていても、いまなら相当な蔵出し料を支払わされるかもしれない。当時は日本のアーカイブ映像と比べてその安さに驚いた。

 その旅では、動画だけでなく写真も探した。小さな教会では、建物の老朽ぶりをまず見せられ、写真のコビーは提供するから、修理費の一部としていくらかでもカンパが欲しいと頼まれた。そういうとき、ドミトリーは多少形式ばった書類をつくり、私にサインさせた。料金とともに書類を渡すと、相手は安心するようだった。誰しも金に困っていた。公共のものを売って金に換える輩もいた。契約書風の書式は司祭の身の潔白の証明になったのだろう。
 
 そういえば、例の大病院のような映像アルヒーフでトイレに入ると、トイレットペーパーの代わりに新聞紙が切っておいてあった。金髪美人の職員を思い浮かべ、同情を禁じ得なかった。モスクワへの帰り道、ドミトリーを促して駆け込んだ、煤けた大衆食堂のボルシチのうまさと共に、映像アルヒーフで垣間見た新聞紙の印象はいまも鮮烈だ。
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/285-370e2aba

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR