FC2ブログ
Loading…

祝いの席で弔辞を読むが如し…「君が代」の怪しい素性

Posted by Ikkey52 on 15.2015 音楽   0 comments   0 trackback
 国旗国歌法が1999年8月13日に公布・即日施行された結果、「君が代」は日本の国歌になった。「『天皇の治世』を奉祝する歌であり、『祝福を受ける人の寿命』を歌う和歌を元にしている」とウィキペディアにはある。
 どうも国民主権とは相いれないような気がするのだが、以下取り上げる研究者の指摘はもっとずっと衝撃的だ。即ち、「君が代」はそもそも寿ぎの歌ではない、柩を挽く者が歌う、いわゆる挽歌だというのだから…。そうであれば、「為政者の無知蒙昧により、祝賀の日に葬送の歌を歌うことを強制するのは、はなはだ奇怪な光景ではないか(横浜市立大名誉教授・矢吹晋)」。いや、奇怪というより笑い話だ。http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/05-04/050418yabuki-kimigayo.htm

 挽歌だったことを突き止めたのは、二松学舎大教授の溝口貞彦。溝口は、「君が代」にある、「さざれ石の巌となりて」という一句に疑問を持った。「岩が崩れて小石になる」というのなら自然現象としてわかるが、国文学の大家たちはそろって「小石がだんだん肥大し、大きな石になる」と解釈する。しかし、この受け止めはこじつけのように思えてならない。

 「さざれ石」とはなにか。「さざれ石」の「ささ」は「さざ波」や「さざれ波」の「ささ」だ。微風が野原を通りすぎるときの、サーサーという音の擬音語から、葉をゆるがす音を「笹」というようになった。古代人は微風の通過とともに、神の通りすぎるのを感じた。神の連想から、「さざれ石」も「巌」も、ともに霊石とみなされ、神性を帯びる。これは死んだ親あるいは祖先の「化身」とみなされる。人が一人死ねば霊石が一つふえることになる。「さざれ石の巌となりて」とは、個々の霊石としての「さざれ石」が集積され、巌という「霊石の集合体」を形成することを意味している。「巌」は『万葉集』では「墓地」あるいは「墓所」を指す。巌の語は、死者を墳に葬ったのち、その入口を大きな岩でふさいだことにもとづく。「巌に苔生す」とはなにか。苔は「再生、転生の象徴」である。

 次に、古歌はそれに先行する歌を本歌とし、その一部の語句をとり入れて作られるのがふつうだ。その本歌が賀歌ならば、本歌取りによって作られる歌も賀歌となる。本歌を挽歌からとって詠めば挽歌になる。「君が代」の「元歌」は、「我君は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで」(『古今集』巻7「読み人しらず」)である。「我君」の箇所が「君が代」と変えられて『和漢朗詠集』に採録された。それが定着した。では、『古今集』巻7「読み人しらず」の本歌は何か、と溝口は考えた。すると、『万葉集』巻2の挽歌の一つ、「河辺宮人が、姫嶋の松原で、乙女の屍を見て悲嘆し作れる歌」が浮かぶ。「妹が名は、千代に流れむ姫嶋の、子松が末に苔むすまでに」だ。現実には果たせなかった乙女の長寿・永生の姿を見ようとする挽歌だ。
 
 二つの錯誤が絡んでいる。第一に、紀貫之が古今集を編むにあたって、万葉集の挽歌のひとつを自分に都合よく解釈し、それから派生した歌を賀歌に分類してしまったこと。後付けで誤った解釈が流布され、江戸期まで祝賀の歌として歌われた。第二に、明治3年、薩摩藩が「天皇に対し奉る礼曲」を定めることになったとき、選曲をまかされた砲兵隊長(のち陸軍大臣)の大山巌が、白分の名前「巌」がよみこまれている「君が代」を強く推したことだ。かくしてとんでもない悲喜劇が生じることとなった。祝いの席で弔辞を読む羽目に陥ったのである。しかも、平成の御代になって、それを法律で定めてしまったというのだから。
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/271-ae4d5fb5

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR