FC2ブログ
Loading…

老活動家の忠誠心はいつ揺らいだか?… 映画『ディア ピョンヤン』の離れ業

Posted by Ikkey52 on 14.2014 映画・北朝鮮   0 comments   0 trackback
 大阪出身の在日コリアン女性監督、梁英姫(ヤン・ヨンヒ)のデビュー作となったドキュメンタリー映画『ディア ピョンヤン』に唸った。ひたすら自分の家族にだけカメラを向け続けた映像の蓄積。通底音になっているのは、いかにも浪速の庶民らしい楽天的な明るさで、愁嘆場ひとつない。下手をすれば、ありきたりのホームムービーに堕しかねない素材が、「祖国」に裏切られ引き裂かれた無辜の家族の哀切極まりない物語へとみごとに昇華されている。一貫して平明な語り口なのがいい。国際的な高評価も、むべなるかなだ。家族に対して母(オモニ)が示す海のように深い愛情が、絶妙な隠し味として効いていた。

 在日のマチ、大阪・生野区で暮らす、両親と未婚の末娘の三人家族。三人の国籍は北朝鮮で、父(アボジ)は元朝鮮総連専従活動家幹部。一家には1970年代の後期帰国事業で北に渡った3人の息子がいる。食卓では大阪弁と朝鮮語がユーモラスにちゃんぽんで飛び交う。ヨンヒ監督作品といえば以前、2012年公開の日本映画としてキネマ旬報ベスト・テン第1位に輝いた劇映画『かぞくのくに』をこのブログで論じている。『かぞくのくに』が、ヨンヒの次兄の一時帰国(病気療養目的)という特殊な事態を背景としたドラマだったのに対して、『ディア ピョンヤン』は、総連幹部を引退してもなお志操堅固な父の心境の変化が肝になっている。

 父は15歳で済州島から日本に渡ってきた。梁石日(ヤン・ソギル)の傑作小説『血と骨』の破天荒な主人公で、最後は北朝鮮で死ぬ金俊平もまた済州の人という設定だった。朝鮮半島の南西沖に浮かぶ済州島は、かつて流刑地だったため、古くから半島本土の人たちは島民を見下す風潮があった。日韓併合の当初、植民地朝鮮から日本への渡航は禁じられていたが、禁を破り海を渡った人たちが20万人もいたという。その大半は、差別と貧しさに耐えかねて出稼ぎ先を求める済州島人だったとされる。宗主国日本でも、同胞間の差別はなくならず、済州島出身者を長く苦しめた。戦後、済州島では島民が南北統一政府の樹立を求め、発足間もない韓国政府と対立、全島ゼネストや武装蜂起で抵抗したが、逆に大虐殺の報復を受ける。冷戦激化のなかで、済州島出身の在日の多くが朝鮮総連支持に走ったのは、そういった背景もあった。

 2001年秋、父はピョンヤンで盛大な喜寿祝いを開くが、そこで「この歳になっても将軍様に尽くし足りない」と、老いてますます盛んな忠誠心を口にする…。それから3年。ある晩ヨンヒから、兄たちを帰国させたことに後悔はないかと問われた父は、「行かさなくてもよかった」とためらいがちに漏らす。かつてなら絶対許さなかったヨンヒの国籍変更(北⇒韓国)さえも認める。その間、父の強固な忠誠心に小さなヒビを入れるどんな変化があったか。それは2002年の日朝首脳会談で北側が日本人拉致を認め謝罪したことだ。このビッグニュースが飛び込んできた直後、自分は友人である同年輩の総連中堅幹部に電話を入れたが、彼はほとんど言葉も出ないほど打ちのめされ、気の毒なほどだった。

 ヨンヒが両親とともに訪ねた長兄一家のアパートの豪華さは特筆しておきたい。広さもさることながらアップライトのピアノがある。長兄が相当高い身分に取り立てられている証拠だ。喜寿祝いの席で父の上着の胸をほとんど埋め尽くしていた勲章の数を思い起こす。偽物国家、北朝鮮の馬脚がのぞく場面もある。長兄の息子ウンシンはピョンヤン音楽舞踊大学付属校でトップ3に入るピアノの名手だというが、その演奏はペダルの使い方がひどくて、かなり拙い。北には、クラシック音楽のまともな指導者、教育者がいないという悲しい現実を浮き彫りにしていた。
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://ikkey52.blog27.fc2.com/tb.php/170-6ce8dae0

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR