FC2ブログ
Loading…

女流作家が描く、貧しく、切なく、したたかな色町の戦後…芝木好子『洲崎パラダイス』

Posted by Ikkey52 on 21.2019 文芸批評   0 comments   0 trackback
 戦前の遊郭、戦後の赤線、青線といえば、永井荷風や吉行淳之介をはじめ、人間の本性に小説という形式で肉薄しようと試みる多くの男性文士たちに、格好のテーマを提供してきた。ところが、東京・深川の特飲街を舞台にした短編集『洲崎パラダイス』をものしたのは、文士は文士でも女流の芝木好子だ。

 戦前は吉原に次ぐ大遊郭があった洲崎。戦災に遭って女を抱える店は半減したが、築地、上野、浅草にも近く、木場が入り込んだ場所は男たちを吸引するのに悪い立地ではない。女たちが法外な前借に縛られ、自由を奪われていた戦前の遊郭制度は、戦後GHQの指令で廃止された。娼婦は原則として娼館の間借人になったが、食い詰めた若い女の堕ちて行く先であることに変わりはない。その特飲街は埋め立てた干潟の一角にあって、周囲を川と掘割に囲まれている。つまり堅気の街と娼婦の街は橋によって画然と隔てられていた。そのふたつの結界ともいうべき位置に小さな店を張る一杯飲み屋「千草」が6篇の共通する舞台だ。

 様々な女が出てくる。
 一度は身を落とした色町の引力に時折搦めとられそうになりながら、甲斐性無しの亭主への執着が勝って、再び結界から遠ざかっていく女。
 不幸な結婚で人生を狂わされながら、消息を絶った亭主の追跡にいつまでも没頭する姉と、結界で出会った男とのつましい暮らしをそんな姉に乱されまいと苛立つ妹。
 娼婦五年、堅気の妻二年で、蓄財したものを元手に特飲街の店を買い取ろうと意気込む立志伝中の女。
 田舎出で何も知らないまま「千草」に女中に入り、いつしか橋向こうの世界に憧れるが、勝気な娼婦の逆恨みを買い、大人への階段をまた一歩上がる少女。
 年齢から来る容色の衰えで付く客もめったにないのに、橋の内側から出ることもできず、空襲の中を幼い息子と逃げまどったトラウマに悩まされ続ける年増の娼婦……。

 男性作家が描く娼婦の街の物語は、例外なく作家自身の原体験と結びついており、その意味においては少なからず私小説の色合いを湛える。女流のなかにも父親が遊里の女衒だった宮尾登美子のような例外はあるが、芝木自身は、戦前の旧制高等女学校を出たあと、お堅いマルクス経済学者の妻に迎えられた人で、娼婦や娼婦の街との接点がまったくないという。執筆にあたってもちろん取材はしただろうが、それにしても、6編のいずれ劣らぬ凄まじい切れ味はなんだろう。

 自らも夫に出奔された「千草」のおかみがいい味を出している。色町に一夜の夢を買いに来る貧しい男たちと、彼らに媚びを売る女たちを、おかみは見下さないが、結界に流れ着いた女たちには、橋を渡るとダメになると説き続ける。高度成長期の入り口に差し掛かった昭和30年前後、地方から東京に流れ込む人口は激増したが、その多くは洲崎の街同様、戦争の傷跡をまだ引きずっていた。「女流では二人目、戦争中に芥川賞を受けた実力派」という生前の文壇の評価に、あらためて納得させられた。
スポンサーサイト



  

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR