FC2ブログ
Loading…

個人と組織の間を揺れ動くサツカンの素顔に肉薄……横山秀夫『深追い』

Posted by Ikkey52 on 01.2019 文芸批評   0 comments   0 trackback
「昔付き合った女の夫が死んだ。出身地の県警に勤めていれば誰もが似たような経験をする。交通違反で呼び止めた相手が昔の遊び仲間だったり、捕えた泥棒の父親が恩師だったり、首吊り死体を下ろしてみたら同僚の従兄妹だったり」。

 こう心の中でつぶやく秋葉健治は、三ッ鐘署の交通課事故係主任で、署に隣接した独身寮に住む32才。職住接近が過ぎて、同僚はみなプライバシーの無さに悩む。
 ある日の夕方、自転車で帰宅途中の会社員が大型トラックにはねられた事故に臨場し、死亡した会社員の手帳に挟まれた家族写真を検めたところ、妻とおぼしき女に見覚えがあった。小中学校時代の同級生で、別の高校に進んだが、いっとき心を通わせた旧姓綾瀬明子に違いない。

 事故現場で拾い、遺族に返しそびれていたカード型のポケベルを届けにきたことにして、死んだ会社員の通夜に出た秋葉は、ワケアリらしい明子と亡夫の関係に気づく。明子が故意に夫を死なせたのではないか、との疑いを深め、刑事でもないのに明子の過去を調べ回るあたりから、秋葉の職業人としての分別は麻痺し、結婚適齢期を迎えて焦りを感じ始めている、ごくありふれた青年の切ない感情に呑み込まれて行く…。

 上記は短編集の表題となっている『深追い』のサワリだが、99パーセント、悲劇で終わりそうな話に、見事というほかない救いの結末が意表を突く形で用意されている。短編は読者にあれこれ想像させて終わればよく、尻切れで一向構わない、という小説論がある。その通りだと思うが、横山秀夫のこの短編集に収録された7作は、余韻が長く残り、尻切れ感が薄い。上質の人間ドラマに仕上がっているということだ。

 横山秀夫作品のテレビドラマ化、映画化は、かならずチェックしているつもりだが、合格点をやれそうなものがあまりない。松本清張ドラマに外れが少ないのとは対照的だ。やはり、最大の魅力になっている内面描写を、ドラマに落とし込むことはかなり難しいのだろうか。

 それにしても三ッ鐘署シリーズ恐るべし。あなたの街の、顔見知りのおまわりさんと、彼らを煩わせる普通の人々が、ぞっとするほどリアルな顔で出てきます。この魅力に尽きるな、横山作品は。
スポンサーサイト



  

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR