FC2ブログ
Loading…

堂々たる農本主義思想家がいまだにテロに紐づけられる不幸…保坂正康『五・一五事件』

Posted by Ikkey52 on 29.2019 現代史   0 comments   0 trackback
 ずいぶん前の話になるが、茨城県出身の知人が滋賀の彦根に転勤した。着任挨拶に出向いた先々で、問われるまま水戸の生まれだと自己紹介すると、一瞬だが怪訝な顔をされる。それは、幕末の「桜田門外の変」に起因するわだかまりだったという。いうまでもないが、暗殺されたのは近江彦根藩主から幕府大老となった井伊直弼、襲ったのは水戸脱藩浪士だ。

 日本の近代史では、水戸人の革命性や過激さが時として恐ろしい勢いで突出することがある。上記の「桜田門外の変」がいい例だ。では、農本主義思想家で実際に篤農家でもあったひとりの水戸人、橘孝三郎と五・一五事件の関りも、その文脈で捉えればいいのか。

 学生時代、日本の農本主義とは何か知りたくて、権藤成卿や橘孝三郎の著作に挑戦したが、よく判らないままに終わった。保坂正康の『五・一五事件 橘孝三郎と愛郷塾の軌跡』で初めて、橘の人となりと思想、その遠景として見える権藤の立ち位置が、おそらくは輪郭程度だろうけれども、判った気になれた。

 特に橘の思想は、洋の東西、政治的立場の左右を問わない幅広い学識に裏付けられていた。将来のエリートを約束された一高生時代には、彼らの読書の通過儀礼であったデカルト、カントに親しみ、ヘーゲル、ショーペンハウエルへと分け入った。なにしろ、体調がおかしくなるほどの猛勉強だ。ベルグソン、マルクス、クロポトキン、北一輝と読み、結局トルストイの人生と、ミレーの農夫の絵に打ちのめされる形で学校を中退する。比較的裕福な商家に生まれたが、農家としてやっていこうと決めた。

 苦労の末、兄弟で作ったコミューン型の農園の経営を軌道に乗せた。若い農民を啓発する愛郷塾を主宰し、県や国にも一目置かせるまでになったが、その知名度と影響力があだとなり、一部海軍将校らが犬養首相らを殺害した五・一五事件の首謀者とされた。なにしろ損得というものを考えず、人を色眼鏡で見ないから誰とでも会う。交友範囲に一人一殺の井上日召や、反乱計画の中心を担った古賀清志海軍中尉らがいた。橘は弁明らしい弁明を拒否して無期懲役の刑に服したが、のちに恩赦となった。戦後は愛郷塾の旗を再び掲げ、思索に徹する生活を送った。民族運動家や農本主義を志す人々がひっきりなしに孝三郎詣でを続けた。

 著者の保坂は、当時水戸に住んでいた晩年の橘のもとに月1-2回のペースで1年余通い詰めて、この労作を書き上げている。「私は橘氏の人間的な魅力に会うたびに魅かれた。私は氏から個人教授を受けているようでもあった」。まさしく実感だろう。

 ただ、保坂は、橘の人間性への礼賛と、五・一五事件への関与は別だとして、しきりに昭和ファシズムの誕生と橘の思想の深い関係性に話を持っていこうとしているように見える。
ときには「君の質問内容はあまりに戦後民主主義に毒されている」と橘は顔をしかめ、それでも質問には答えてくれたという。「戦後民主主義」に大いに懐疑的な自分は、また保坂の悪い癖が出たな、と感じた。
スポンサーサイト



  

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR