FC2ブログ
Loading…

過剰な自意識と上昇志向の果てで…『麻原彰晃の誕生』

Posted by Ikkey52 on 27.2019 事件   0 comments   0 trackback
 麻原彰晃以下13人のオウム真理教徒の死刑執行から1年が経つ。二度に渡る大量処刑はショッキングだったし、法務省当局は、平成の世で起きた大事件の結末を、平成のうちに着けてしまおうとしたのでは、などと憶測を呼んだ。麻原が、一連のおぞましい犯行の動機について、何も語らずに死刑台に登ったことから、「事件の解明は何ら為されていない」と訳知り顔で語る識者も相次いだ。

 高山文彦は自著の『麻原彰晃の誕生』を、「やがて盲目となる運命を背負ってこの世に生まれた赤ん坊が、どのようにして人類史上まれに見る狂気の教団をつくりあげたかをたどる伝記」と規定する。つまり、「そうなってしまうまで」の事柄に徹底的にこだわった。

 市井の人々が凶悪事件に抱く興味は、詰まるところ加害者への興味であり、ジャーナリストはその興味に応えようとしてきた。しかし昨今は、被害者周りの情報を水で薄めて記事の行数やニュースの尺を稼ぐお手軽な報道が多い。それを、個人情報の過剰な保護のせいにするのは易しいが、取材者の力量不足もあるのではないか。高山の取材は、日本社会がいまに比べれば取材という行為にずっとおおらかだった1990年代から始まってはいるが、麻原こと松本智津夫が生を受けた熊本県八代郡金剛村の通称杉山新地の成り立ちを、江戸時代まで遡って調べるなど、実に克明で調査の労を惜しんでいない。

 盲学校小学部では児童会長選挙の数か月前から級友らに菓子をばらまくという買収工作に出たが落選し、「自分には人望がない」と教師の前で泣いて驚かせている。中等部、高等部でも生徒会長選に出て落ちた。自らを客観視することなく、ただ並外れた自意識の強さの赴くままに、人の上に立とうと足掻く様を、学校仲間は冷ややかに見ていたわけだ。

 周囲に正当な評価を受けていない、という智津夫の的外れな苛立ちは、せめて腕力で上回りたい、と柔道への精進に結びつき、それが昇段となって実を結ぶまでは良かった。今度は高等部卒業後の進路選択として、当時の学力では到底合格ラインに届きそうもない難関大学の難関学部を受けると広く宣言し、教師や級友にまたもや超のつく変人ぶりを強く印象付けている。ラジオ講座を聞いた形跡はあるが、もちろん志は遂げられなかった。

 智津夫が怪しげな宗教家になって行くきっかけで大きかったのは、東京・世田谷に事務所兼住宅を構える西山祥雲との出会いではなかったか。西山は「西山経営育成ゼミナール」を開き、パチンコ店やスナック、レストランの経営者を育てる一方、自念信行会という宗教団体を主宰していた。すでに千葉県で指圧治療院を経営していた智津夫は、西山に教えを乞いたいが、経営育成ゼミナールの学費が惜しい。西山のプライベートな時間を狙って私的な訪問を繰り返した。政治家になりたいという智津夫のしつこさに根負けした西山は、「金がなくてもなれるのは、宗教家だけだよ。〈中略〉どうにもならない気の弱い人間ばっかりが宗教には集まってくるんだから、そいつらを魚釣りのように釣ればいいしゃないか」と漏らす。

 「彰晃」という名は、資産家であり宗教家であった西山祥雲が、姓名判断に詳しい人間に自分や弟子たちの名前の候補を十七、八考えてもらった際、使いきれないで余ったもののひとつだった。「今日、このときから『彰晃』と名乗らせていただきます」そう言って智津夫は西山邸を去って行った。
  

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR