FC2ブログ
Loading…

核武装論者の反原発論

Posted by Ikkey52 on 28.2019 原発   0 comments   0 trackback
 政治思潮としての保守とリベラルの違いが、そのまま原発の賛否の違いに当てはまるとは思わない。例えば、保守派の論客と見られている国際政治学者の藤井厳喜は、強固な反原発論者だ。

 藤井の論拠を簡単にまとめよう(http://www.gemki-fujii.com/blog/2011/000724.html)。
 第一に、日本列島は地震列島であり、この様な地理的条件下にある国土に安全な原発を造る事は、原理的に不可能である。
 第二に、フクイチ事故で再確認されたように、日本のような島国で、原発や再処理施設が地震その他の原因によって大事故を起こした場合、国家の存続すら危うくする。
 第三に、原発は日本の電力の25%、第一次エネルギー全体の10数%を担っているに過ぎない。しかも危険を伴うものであるから、費用対効果の点から、賢明な選択とは言い難い。
 第四に、日本では、天然ウランがほぼ生産されないので、原発を推進してもエネルギー自立にならない。
 第五に、国内ではすでに30トン以上のプルトニウムが生産されている。これを、エネルギー自立の立場から、発電に使おうとする動きがあるが、原発より危険だ。プルトニウムの燃料が、ウランのそれよりも格段に制御しにくい事は実証済みである。
 第六に、国内には放射性廃棄物処分の適地がない。日本列島はかなり若い、火山活動やプレート移動や地殻変動の育成物なのであり、今後もこの列島上に放射性廃棄物の安定した長期保管場所は造れない。

 こうした至極まっとうな論拠を提示したうえで藤井は、「今、確実に言えるひとつの事は、前後の真のコストさえ無視すれば、電力会社にとっては原発が桁外れに儲かるビジネスだった、という事である」という。「前後の真のコスト」が、ウラン輸入と廃棄物処理に係る費用を指すのは言を俟たない。

 一方で藤井は、原発推進と憲法9条擁護が、真の国家独立とは相いれない同じ地平にあるとも喝破する。これには少し長い説明が必要だ。
 日本で原発が推進されているのは、米英仏露中の5大核兵器保有国が、核を永久に独占する目的で作った「核拡散防止体制」に隷属する、と誓っているからだ。日本は「絶対に核武装をしない」という前提条件を受け入れた上で、原子力発電を許されているのである。言いかえれば、日本の原発推進論者とは、本人が意識するか否かに関わらず、「日本は絶対に核武装しません。その代わりに原発を許して下さい」と嘆願している哀れな存在である。
 他方、憲法9条の本質は、自らの安全を自らの手で確保する事を諦め、自らの命運を他国の手に委ねる所にある。主体性の放棄である。原発推進派の拠って立つ所も、全くこれと軌を一にする。

 では日本の取るべき道はなにか。ここからが国際問題アナリストたる藤井の真骨頂だ。
 日本人はアメリカの核の傘に守られていると思いがちだ。確かに、北朝鮮のような第二撃能力がない国家に対しては、アメリカの核の傘は存在する可能性がある。しかし、アメリカとロシア、そしてアメリカと中国の間には、「相互確証破壊」(MAD)の関係が成立してしまっているので、ロシアと中国に対しては、アメリカの日本への核の傘は存在していない。

 藤井は力説する。原発推進とは即ち核武装放棄という事であり、国防政策に於いても、またそれと不可分のエネルギー政策においても、自国の命運を他国の手に委ねるという事に他ならない。 一体全体、この主張の何処に保守主義があるというのか、と。

 アメリカとの同盟関係がこれまでのように、これからも継続する保証がどこにあるのか。「永久に使わない核兵器」を持つことによって、核保有国が示す数々の理不尽に対抗でき、自国の平和と安全が守れるのであれば、技術はあるのだから、やればいい。30トン以上のプルトニウムはすでに自国資源化している。日本が核を持てば、百害あって一利なしだった迷惑施設の原子力発電所も、電力会社の不快な虚偽宣伝や大国への卑屈な隷属とともに、すべて消えてなくなる。これもまた、ひとつの考え方としてあるのだと思う。
スポンサーサイト



  

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR