FC2ブログ
Loading…

実名で語ることの清々しさ… 『人之初 平岡正明自伝』

Posted by Ikkey52 on 06.2018 文芸批評   0 comments   0 trackback
 学生時代、別に希望したわけではないのに、偶然、平岡正明の講演を聞く機会を得た。ファンだったので興味津々で出向いたところ、檀上に上がったのは、角刈りで活舌と顔色が良い、ミテクレだけでいえば、左翼より右翼が似合う兄さんだった。
 平岡正明の著作との出会いは『姐さん待ち待ちルサンチマン』と題するパンフだったはずだが、漢字表記がこれで間違いないのか、いまとなっては自信がないし、死後三年経って出た『人之初(ひとのはじめ)平岡正明自伝』巻末の著作目録にも載っていない。そうだ、60年安保闘争を学生部隊の一員として戦った世代だから、謄写版(ガリ版)著作物の海を泳いできている。活版にならない著作物など星の数ほどあったはずだから、いちいち拾ってはいられないのだ、と遅まきながら気づく。ちなみに、ちゃんと本の装丁の著作を手にしたのは『韃靼人宣言』が最初だ。いや、『あらゆる犯罪は革命的である』だったっけ。 

 どっちにしろ、斬新な文体の虜になり、その熱がしばらく継続したが、やがて、テーマをとっかえひっかえするだけで、論旨は同工異曲であると気づき(息の長い、ほとんどのライターはそうなのだが)、そのうち、出る新刊を遠くから眺め、タイトル付けの才に感心するだけになっていた。

 この人の書くものは、ジャズでいうところのグルーブ感が命であって、公と私、原体験と追体験がないまぜに提出され、脈略がないのが、特徴といえば特徴だ。したがって、長いこと付き合ってくると、私的部分もかなりくっきりとわかってくる。しばらくその存在も忘れていた物故ライターに再び興味を掻き立てられたのは、『人之初』がライターの幼年期と学生時代、その直後を語っていると知ったからだ。自分のなかの〝平岡体験〟はすでに卒業証書をもらった気になっていたが、考えてみればそれには空隙、欠落があり、『人之初』はその空隙、欠落を埋めるのにお誂えだったのである。平岡が語るチャーリー・パーカーより、勝新太郎より、談志より、山口百恵より、自分は平岡自身に興味があったと、再確認したわけだ。

 『人之初』を入手しようとして、驚いたことがある。若い世代が「平岡正明論」を試みている。すごいチャレンジだと思う反面、未読で言うのも申し訳ないが、必ず失敗に終わる予感がする。〈トロツキズム+ネチャーエフ的アナーキズム〉の殻から、終生出られずに、最後は居直った平岡の政治スタンスの限界は易々と撃てるかもしれないが、晩年の毒気の抜け方を横浜・野毛あたりのタウン誌で知る身としては、そこまで追い詰める理由があるのかよ、とイチャモンのひとつもつけたくなるし、音楽論や大衆芸能論は極私的過ぎて撃ちようがないからだ。

 さて、『人之初』の中身だが、著者はもうこの世にいないとはいえ、これが全編、極私的回顧。「世紀も代わったし、まあいいじゃないか」と、過去のゴタゴタの解題に実名の嵐。昨今の個人情報管理過多社会では、いっそスッキリする。えっ、という著名文化人の若気の至りも満載だ。大学時代の語学の担任、故人となったサークルの伝説の先輩、いまでも年一回は盃を交わし合う同輩の名もある。下宿先まで同じ町だったとは何かの縁…。
 本の帯に「平岡本はまずコレから読め!」と版元の彩流社が多分に若い読者を意識したと思われる惹句を掲げるが、こんなもんから平岡研究に入っても本質は皆目分からないと思う。ちなみにこの版元、校閲の手抜きがかなりいどい。
「金儲けに慌てたな、やい、そうだろう」。なにかこっちまで平岡文体に取り込まれてしまった。

 ブント出身者は、新左翼本流意識がことのほか強い。平岡は西部邁の二つ下でほぼ同世代。ブント内の序列ではやっと尉官クラスになるワセダ二文・平岡と、気づけば佐官クラスに上り詰めていた東大駒場・西部の比較も面白かろう。西部も晩年は自叙伝めいた本ばかりをものしていた。
スポンサーサイト



  

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR