FC2ブログ
Loading…

あのゾルゲに先んじたベリヤ筋の日本人諜者

Posted by Ikkey52 on 11.2016 エスピオナージ   0 comments   0 trackback
 第二次大戦で、ある意味決定的な岐路になったのは、ヒトラー・ドイツに攻め込まれていたスターリン・ソ連の諜報網が、日本の南進政策を掴んだことだ。スターリンは、対日戦に備え、極東・シベリアに膨大な兵器、兵力を展開していたが、これを一気に西に送り、首都モスクワに向けて猛攻してくるドイツとの前線に投入することができた。そうでなければソ連は敗北必至だった。

 では、スターリンに「日本、北進せず」の重大情報をいち早くもたらしたのは誰だったのか。
 元朝日新聞記者で、近衛内閣のブレーンも務めた尾崎秀実は、同期入社組だった朝日新聞東京本社政治経済部長、田中慎次郎を通じて、当面対ソ戦は行わないとした陸海軍首脳部会議の決定を知ったほか、近衛内閣のブレーン同士だった関係で、西園寺公望の養孫、公一からも同趣旨の情報を、陸軍首脳部と関東軍代表者の会合の結論として聞かされている。もちろん、尾崎の情報はゾルゲに通報され、ソ連赤軍参謀本部第四本部を通じてスターリンに届けられた。ただし、スターリンがゾルゲ報告に狂喜乱舞したとは伝えられていない。すでに同種情報を別の諜報ルートから入手済みだったからだ。

 作家、西木正明には、太平洋戦争前夜の日米英ソの謀略と諜報戦を描いた大作、『ウェルカム ツゥ パールハーバー』がある。そのなかで西木は、暗号名「エコノミスト」なる日本人の二重スパイが、北樺太石油会社関係者の昼食会で左近司政三予備役海軍中将から「日本南進」をうかがわせる発言があったことに反応し、ソ連側に通報した、と核心に迫っている。作中では最後まで「エコノミスト」の実名は明かされないが、西木の意中では、スイス、イタリアで大使を務め、開戦前夜に外務次官まで上り詰めていた天羽英二こそ、その人だったろう。
「エコノミスト」がもたらした重大情報は、KGBの前身、内務人民委員部を率いていたラヴレンチー・ベリヤからスターリンに「特別報告」として、ゾルゲ情報より5日早く、届いていたことが、2005年の共同通信モスクワ支局のスクープでわかっている。しかし、「エコノミスト」の正体はほんとうに天羽だったのか。

 朝日新聞を定年したあとも20年以上、ニュース雑誌『アエラ』を中心に社外執筆者として書き続けてきた伝説の敏腕記者、長谷川熙は、2010年8月16日号の『アエラ』に、実名こそ伏せながら、「エコノミスト」とは誰か、という問いに結論を出している。ヒントは、朝鮮戦争期の東京で発生した在日ソ連代表部二等書記官失踪事件、いわゆるラストヴォロフ事件にあった。長谷川の『崩壊 朝日新聞』によると、米側に亡命したラストヴォロフの暴露を端緒に、日本の在日米軍情報漏洩が立件され、国家公務員法(守秘義務)違反事件の容疑者として、ひとりの外務省職員の名前が浮上した。高毛礼茂(たかもれ・しげる)。「エコノミスト」という戦前の暗号名が一致したのだ。1940年の新聞には、高毛礼が北樺太石油の代表としてソ連側との交渉当事者として登場する。調べてみると、ハルビン学院一期生。あの杉原千畝と同期か。つまりロシア語が話せて、もともとスパイとなる下地ができていたとみていい。西木の描く通り、おそらくは二重スパイだったと考えたほうが自然かもしれない。

 それにしても、世間に流布されている戦中戦後史では、ラストヴォロフの情報源となった他の外務省職員たちと同様に、高毛礼は「その他大勢」の端役でしかない。まして、上告が棄却され、実刑と罰金が科された1960年以降、高毛礼の消息については、何一つ情報がつかめない。歴史の暗部に関わった大物スパイの退場の仕方としては、なるほど鮮やかというほかない。
  

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR