FC2ブログ
Loading…

居場所と不登校 ~関西テレビ『みんなの学校』 が見つめたもの

Posted by Ikkey52 on 15.2014 テレビ   0 comments   0 trackback
 関西テレビ制作のドキュメンタリー、『みんなの学校』は、昨年度の芸術祭、今年のモンテカルロ・テレビ祭をはじめ内外で各賞を総なめにした話題作。『みんなの学校』という何ともベタなタイトルが、観終ってみれば、それが最も自然かもしれない、と思えてしまうから不思議だ。

 内容をひとことで表すなら、不登校児ゼロを達成した大阪市立東住吉大空小学校の日常観察記。ただ、そう言ってしまうと、身もふたもない。ベテランと新米が入り混じる先生たち、学校作業員、父母、地域の応援団が一体となって、木村泰子校長が掲げる「子供たち一人ひとりに居場所をつくる」という方針に従って駆け回る。校区は団地の多い下町。子供にとって居心地のいい家庭ばかりではない。大空小では特別教室を設けず、札付きの問題児であろうと、情緒に障害があろうと、普通の教室で学ばせる。評判を聞きつけて他の校区から越境を希望する子がいれば、拒まずに受け入れる。そんな学校の日常が平穏であるはずがない。

 授業中に立ち上がり奇声をあげる、校舎から逃亡する、登下校を見守ってくれる地域ボランティアの人に回し蹴りを見舞う…。それらの問題行動に向き合うのは一義的には担任の役割だが、番組では木村校長自らが子供と向き合うシーンが頻繁に出てくる。管理職の座にふんぞり返ってはいない。しばしば校長室は、児童と木村校長の真剣勝負の場と化す。木村校長はよく「鬼」になる。「怒りの鬼」ではなく「諭しの鬼」だ。根負けしてあきらめることはけしてない。子供のほうが粘りに負けて白旗を上げる。一方、女性校長は後輩教師たちには「諭し」程度で収まらない。教室の秩序を重んじたいばかり、子供をむきになって叱った若い駆け出し教諭に、木村は「手を挙げそうな勢いだった。クビだ!!」と言い放つ。いやはや、男性校長だったら確実にパワハラ。あっぱれ豪快なリーダーシップだ。しかし、そこまで自信をもって踏み込まずして地雷原さながらの現場はひっぱれない。

 大阪弁がいい。キツイ対峙もそうでなくなる。救われる。教師も子供も親も。気取らないコミュニケーションにすぐれた方言だと思う。放送は言葉の仕事だから、大阪局の取材班はそれを存分に生かしている。山口智充が務めるナレーションの演出は標準語になるはずがない。
 
 撮影を担当した大窪カメラマンによると1年365日のうち、150日間取材に通ったという。しかも別にニュース取材の本業を抱える。彼ら取材班の努力もすごいが、それを許したプロデューサーもすごい。
 もっと驚くのは、木村校長の取材班への対応。けしてお客様扱いせず、手が空いているスタッフには子供たちの見守り役を命じた。修学旅行の同行取材でもしっかり管理上の役割を振られたというから徹底している。岩波映画で出発した羽仁進の昔から、教室の子供たちの姿をどうやったらありのままに撮影できるか、ドキュメンタリストの大きな課題だった。『みんなの学校』の場合、木村校長から命じるままに、学校内での役割をスタッフが果たすことで、先生と児童にじわじわ認知され、最後には取材班のカメラが校内で透明な存在になっていったのではないか。

 番組を観た児童精神科医の姜昌勲は次のように述べる。
「木村泰子校長先生が繰り返し言っていたのは、『すべての子どもが安心できる居場所づくり』です。不登校ゼロっていうのは、だから目標じゃあなくて、居場所づくりの結果だと思うのです」。http://blog.livedoor.jp/kyoclinic/archives/4456913.html
 いいまとめだと思う。では、平穏に学びたい普通の子にとって大空小は、どんな場所か。あるいは迷惑な学校かもしれない、という疑問もわくのは当然だが、大阪の学力テストで大空小は上位だという。教室内の一人が騒ごうと動揺しないことを教わって、集中力がつくのだそうだ。なるほど、悪くない副産物もあるわけだ。
  

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR