FC2ブログ
Loading…

タクシードライバーが語るしたたかな沖縄

Posted by Ikkey52 on 25.2014 旅の記憶   0 comments   0 trackback
 沖縄県名護市のタクシードライバー数人から刺激的な話を聴く機会があった。一部だが脚色なしに再現してみたい。

 「沖縄県の知事が百条委員会に引っ張り出されたりして、大騒ぎの辺野古問題だけど、(滑走路建設を)自分は悪いことだとは思わないよ。地元に金が落ちるのはいいことでしょ。辺野古の漁師たちはとっくに漁業権を売り払っているから、反対したって始まらないさ。辺野古には昔は結構大きな歓楽街があったんだよ。キャンプ・シュワブの米兵相手にね。いまでこそ商売はダメになったけど、値上がりした土地を売って、ひと息ついている人が多いよ。
 
 お客さんは知らないだろうけど、辺野古の新しい基地のゲートはもうほとんど出来てるんだよ。名護の山の中にいくつもトンネルを掘って新しい道路が完成したよね。建設を急いだのは、滑走路用の埋め立て土砂を運ぶためさ。トラックの運転手が足りなくなっている。一日1万5000円とか2万とか景気のいい話も聞くよ。それがこれから何年も続くんだから、名護の市長が反対する理由がわからないな。反対派が1月の選挙で勝ったのは、滑走路の建設に反対の人が多かったというより、自民系候補選びの遅れがすべてさ。まるで浸透していなかった。タクシーに乗ってるとよくわかったよ。
 
 そういえば、民主党にはがっかりさせられたな。特に鳩山さんね。『最低でも県外』って…。沖縄の人同士の喧嘩を煽るような真似をして。今は民主党を飛び出したけど、小沢さんもね。こっそり辺野古に広大な土地を買ってるって、地元では知らない人はいないよ。政治家じゃないけど、所ジョージの土地もかなりな広さらしい。ほら、沖縄の新聞を観ると『軍用地買います』ってたくさん載ってるでしょ。広い軍用地を貸せば入る地代も大きいってこと。地代で潤ってる人、珍しくもないよ。そんなこと本土の新聞には出ないだろうがね。
 
 基地だらけで不幸な沖縄、可哀そうな沖縄ってイメージ、お客さんも持ってるでしょ。でも、本当に暮らしにくい所なら、県の人口が増えるわけがない。出生率が高いわけね。子育てしやすいのさ。福島県から家族を避難させた人もたくさんいるよ。一家あげて移住してきた家庭も多い。安全なのよ、沖縄は。原発が一基もないからね。放射能汚染、考えただけでもぞっとするよ。
 
 名護市内も土地は上がる一方だ。25年前に家を建てるための土地を買っておいたのは正解さ。当時坪5万で百坪。あんたになら千坪売ろう、といわれたけど、まさかね。買った翌月に坪単価は倍になり、いまは25万かな。友達は羨ましがってるよ。市内の開発は沖縄サミットのあとも続いて、町並み自体がじわっと膨らんだんだ。国道の海側はもともと埋立地でね、子供のころはすぐ漁港になっていた。思い出すのはイルカ漁だな。イルカの群れを湾のなかに追い込んで、銛で突くのさ。海はイルカの血で真っ赤になっていた。水揚げがはじまると近所の大人はみんな手伝いに出てね。おふくろはいつもたっぷり魚肉のおすそ分けをもらってきたな。だけど、いまは美ら海水族館でイルカがショーをやってるでしょ。あれ見ると、昔はずいぶん可哀そうなことをやったなって、申し訳なく思うよ。
 
 水族館といえば、あそこから遠くない古宇利島ね。観光地として売り出し中だけど、ユタがいまでもいるんだよ。ユタって霊媒師の婆さんのことさ。秋篠宮さんがやってきてユタに拝んでもらったら男の子を授かったって。あれ、お客さん、知らないの。有名だよ、この話も」

 そこには私の知らない沖縄があった。古くは琉球処分、本土で味わう謂れない差別、地形が一変するような艦砲射撃の地獄、戦後長く続いたアメリカによる施政権支配、返還後も残り続けた広大な米軍用地、耳をつんざく騒音、米兵の狼藉、度重なる米軍機墜落、安保条約で制限された警察権…。そんな負の符号の陰で、沖縄は、他のどの県よりも計算高く、したたかに、図太く、やってきているのではないか。そんな気がしきりにした。
  

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR