FC2ブログ
Loading…

湖底の堆積物に嗤われる”温暖化危機説”の虚妄

Posted by Ikkey52 on 09.2017 地球温暖化   0 comments   0 trackback
 福井県若狭町にある水月湖(すいげつこ)は、面積約4平方キロの小さな汽水湖。この湖の底には、「年縞」と呼ばれる堆積物の年輪が過去5万年ものオーダーで、見事に残っている。最大水深が40メートル近くあること、大きな河川からの流入がないこと、酸素不足で生物が生息しないなどの条件が重なり、気の遠くなる年月、年縞が守られたのだ。いま水月湖は、地質学的時間スケールの世界標準として認められている。

 立命館大・古気象学研究センター(滋賀県草津)はその水月湖の研究で知られる。年縞の堆積物は遠い古代の気候を映す混じり気なしの証拠品だ。そこから、古気象学の手法で周期性を読み取るなどして、数年、数十年のスケールで変動する気候メカニズムの解明を目指す。センター長の中川毅教授のインタビュー記事を北海道新聞2017年6月9日付朝刊から引用する。

 「地球は10万年単位で寒暖を繰り返す。地球の公転軌道が楕円で、太陽との距離が時代で変化するからだ。過去の寒暖の温度差は十数度もあり、地球は放っておいても気候が変動する」と中川はいう。古気象学では地質のほか、化石、鍾乳石、雪が解けないでできた氷床などを分析対象にする。グリーンランドの調査では1万4700年前ごろ、数年の間に7度ほど気温が上昇したことが分かっている。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が、21世紀末までの100年間、何の対策も講じないと仮定して、上昇する温度予測は最大でも5度だ。中川は「過去を見れば気温の上下変動が激しかったことの方が多く、現代は極めて例外的に気温が安定している」と皮肉なことをいう。

 大きな火山噴火も気候変動要素になる。大気中に放出された大量の火山性粉塵が雲のなかで、太陽光を跳ね返すからだ。1993年の日本は、夏場の気温が平年より2度から3度以上も低い記録的冷夏で、米の全国作況指数は「著しい不良」の水準さえ大幅に下回る74にまで落ち込んだ。私事になるが、それまで暮らしていた南国マニラから帰国したばかりの自分は、大袈裟な表現でなく骨の髄まで冷える感覚をはじめて知った。そして、その異常気象が、取材に自ら駆け巡った91年のフィリピン・ピナツボ火山噴火の余波だと聞いて、二重に驚いた。

 IPCCが「地球温暖化」の元凶として敵視するのは工業化による二酸化炭素の排出だが、2005年に海洋地質学の立場から米バージニア大のウィリアム・ラディマン教授は、「二酸化炭素はヨーロッパでの木の大量伐採で8千年前から、メタンガスはアジアで広がった稲作の田んぼが発生源になって5千年前から、それぞれ増加を始めた」と発表した。もし森林伐採や稲作伝播など人間による経済活動がなかったとしたら、「氷期が到来していた」と推測したので学会に波紋が広がった。

 温暖化と寒冷化、どちらが人間にとって怖いか。中川によれば、温暖化は植物が成長し、光合成が活発になることで二酸化炭素が吸収され、気温の上昇にブレーキがかかる。ところが、寒冷化は氷雪が太陽エネルギーを反射してはね返すことで、いっそう寒くなり、暴走する傾向にある。今後1万年は地球上の氷は増えないというシミュレーションもあるが、仮にそうなった場合でも中川は「これを地球温暖化で困ったと考えるか、氷河期がこないでよかったと考えるかは、科学の問題というより、哲学の問題」と話す。

 「21世紀、太陽の活動は低下期に入り、地球を冷やす方向に作用する」と中川は予測する。太陽は、短期では11年程度、長期では210年程度の間隔で活動活発期と低下期を繰り返す。過去の活動低下期には、現在は凍らないテムズ川が凍結し、日本では飢饉が頻発した。

 「過去100年は太陽と人間が地球を暖めてきたが、今後の100年は活動が低下する太陽と人間の活動の綱引きとなる。こういう時代は不安定な気候になる可能性が大きい。最も怖いのは予測のつかない気候の不安定さだ」と中川の懸念は尽きない…。

 以下、再び私見を述べれば、以前からこのブログでIPCCの主張に疑問を呈してきた。温室効果ガスとしての二酸化炭素犯人説にも疑いの目を向けてきたが、中川はあっさりと「太陽と人間が地球を暖めてきた」と認めたうえで、「現代の気温は極めて例外的に安定している」との考えを提示する形で、IPCCの現状認識に婉曲に異を唱える。。地球誕生以来の46億年が、気候変動の繰り返しであったことをあえて軽視するIPCCは、やはり何らかのバイアスがかかった場だと自分には思える。

 もちろん、中国の大気汚染のように地球環境を汚すことと、二酸化炭素の排出とは根本的に別のものだ。もし、現代人の日常の経済活動の結果、地球規模で排出される二酸化炭素が、地球温暖化を招く悪玉ではなく、寒冷化を緩和する善玉だとすれば、各国が昨今、様々な政治的駆け引きのなかで取り組む温暖化防止策は「地球のためにならない」ことになる。米大統領トランプのパリ協定離脱発言の真意は不明だが、論議を最初からやり直すきっかけにすればいい。
スポンサーサイト



トランプ当選と地球温暖化

Posted by Ikkey52 on 17.2016 地球温暖化   0 comments   0 trackback
 トランプのアメリカ大統領選勝利で、世界中は文字通り戦々恐々だが、彼の基本的スタンスと伝えられている諸点の中でも、地球温暖化への懐疑論に特に注目している。アメリカは今年9月に、議会承認のいらない行政協定として温暖化防止の国際的取り決めである「パリ協定」を結んだが、トランプの方針が維持されればこれから脱退することになるし、石炭利用を封じ込めようとオバマ民主党政権が決めたグリーン・パワー・プランも廃止に追い込まれそうだ。

 「注目すべきは、こうしたトランプ氏の考え方は彼独自のものではなく、パリ協定離脱にせよ、クリーン・パワー・プラン廃止にせよ、共和党の選挙プラットフォームと共通していることです」、「エネルギー・温暖化対策については選挙キャンペーン中の言動から大きな乖離がないと思われます」。そう分析するのは、日本の温暖化政策作りの中心にいた元経産官僚の有馬純だ。http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/230270/111500036/

 そもそも世界規模で地球温暖化防止の旗を振ったのは、民主党の元副大統領アル・ゴアだが、彼の訴えを映像化した映画「不都合な真実」は突っ込みどころ満載で、ゴア自身もウラン・ビジネスとの深い繋がりが指摘され、プロ原発派のお先棒担ぎではないか、との批判が消えなかった。

 自分は世界的気象学者のアラスカ大名誉教授、赤祖父利一の講演をじかに聞き、著作を読んで以来、過去10万年に4回あった氷河期、約400年周期の小氷河期、さらにもっと短いサイクルで巡ってくる気候の小規模なゆらぎの巡り合せによって、ここ10数年ほどの地球規模の気象変動はすべて説明可能だと、考えるようになった。温暖化の人為説、CO2犯人説はエセ科学、何者かのプロパガンダだと思うし、2009年のクライムメイトゲート事件でその思いはいっそう強まった。プロパガンダ・バスターを自称するトニー・マラーノによれば、NASA(米航空宇宙局)の研究チームは昨年10月、「地球温暖化の影響で減少し続けているとされてきた南極の氷が、実は増えていた」と学会誌に発表している。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160129/dms1601291140012-n1.htm

 日本では、政府、与野党を問わず、マスコミさえ朝日から産経に至るまで例外なく、地球の温暖化は人為によるものとし、CO2犯人説を前提に、日本は応分の努力をすべしと考え、実際大きな経済的負担を甘受し、自由な科学論議が陰りがちだが、それは必ずしもCO2排出国間の常識にはなっていない。パリ協定は、排出国トップの中国と第2位のアメリカが合意したものだが、中国の場合はPM2.5をはじめとする大気汚染など一般公害さえ克服できていない段階。しかも統計はでたらめ。CO2排出削減に本腰が入るわけがない。たとえアメリカが退場しなくとも、額面通りの成果が上がるとは思えなかった。

 日本で大きなニュースにならなかったのが不思議だが、京都議定書の枠組みからアメリカが離脱したのはブッシュ政権のときで、ブッシュは温暖化が人為かどうかにも疑問を呈した。そんな伏線があるから、ブッシュ以来の共和党出身大統領となるトランプが、アメリカの温暖化防止関連予算を1000億ドル削減すると公言しても大きな驚きはない。

 もちろん、予想される新大統領のエネルギー政策は、「石油、石炭、シェールガスなど何でも使え」だろうし、原子力も例外にならないとすれば手放しに礼賛できない。ただ、アメリカが地球温暖化対策への国際的拠金を渋れば、エセ科学に基づく温暖化防止の枠組みには壊滅的な打撃を与える可能性がある。

発見!!地球の空調室は「グリーンランド海」だった

Posted by Ikkey52 on 08.2014 地球温暖化   0 comments   0 trackback
 7日付北海道新聞夕刊に掲載された「地球規模の気候変動~グリーンランド海の水温主因」と題した特集記事に目が留まった。実はつい最近、テレビカメラマンのM君から、去年夏に挑戦したグリーンランド長期取材の苦労話を聞かされたばかりだったからだ。グリーンランドで氷河の状態を観測する日本の大学研究者チームに同行し、このところの日本の異常気象と氷河との関連を探るのがM君たち取材班の狙いだった。

 道新の特集記事は全篇が中村元隆・理学博士の研究成果を紹介するもの。中村は米航空宇宙局(NASA)や日本の独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)などで異常気象や気候変動を研究してきたマサチューセッツ工科大出身の気候・気象学者だ。

 記事の骨格は、2013年 6月 29日付でJAMSTECが行ったプレスリリースとほぼ同じだが(http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20130629/)、話を分かりやすくするため中村の研究順序は無視して結論だけを以下まとめる。

 グリーンランドの東にあるグリーンランド海は、北極海の冷たい水とメキシコ湾流の温かい水が入り組むところで変動が激しい。メキシコ湾流の海水はこのグリーンランド海やグリーンランドの西にあるラブラドル海で冷やされて沈み込み、大西洋を南下、太平洋やインド洋にも流れ込む「全球規模熱塩循環流」をつくる。いわば地球規模の冷暖房装置だ。この冷暖房装置のスイッチにあたるのが「北大西洋振動」という大気の周期的な変動。亜寒帯の低気圧と亜熱帯の高気圧の気圧差が大きいと暖房スイッチが入り、逆に気圧差が小さいと冷房スイッチが入る。1980年以降温暖化が進んだので調べてみると、79年の2月と3月の間に、グリーンランド海の平均水温がいきなり約2度上がっていたことがわかった。暖房スイッチが押されたわけだ。

 一方、それとは別に約70年周期で寒冷化と温暖化を繰り返す「大西洋数十年規模振動」が知られており、1940年~70年代に寒冷化し、80年~2000年代に温暖化した。調べると、グリーンランド海の水面温度の変動が「大西洋数十年規模振動」より10年~15年先行する関連性がわかった。中村は「グリーンランド海はそれだけ特別な場所で、ほかにはない」という。地球の空調室は意外なところに隠れていたわけで、M君たち取材班もなかなかの慧眼だったことになる。

 では、CO2の増加を主因と見なすIPCCの地球温暖化説をどうみればいいのか。中村によれば、IPCCが根拠としている気候シミュレーションモデルは海水の流れと海氷が気候に及ぼす影響が大きくゆがめられており、そこに「致命的な欠陥」がある。この15年、「温暖化」がストップしていることも、欠陥の表れだという。

 M君が氷河上の窮屈なテント生活を切り上げ帰国したあとの去年11月、グリーンランド海の表面水温は平年値から一気に2度強も下がり、その後回復していない。中村は、「すでに寒冷化のスイッチが入っているかもしれない」と予測している。

風呂の湯加減から考える「地球温暖化」の真偽

Posted by Ikkey52 on 03.2014 地球温暖化   0 comments   0 trackback
 テレビニュースを見ると、どこのチャンネルも殺人事件報道のオンパレード。いよいよこの列島もおかしくなってきたか、と思いたくもなるが、日本国内で凶悪犯罪が年々増えているような事実はない。ひと続きのニュース番組で、取り上げるネタ、並べる順序、時間配分などをひっくるめて「献立」と呼ぶことがあるが、視聴率競争がニュースにも及んで以来、栄養バランスを欠いた献立が当たり前になってしまった。

 気象はニュースを形作る必須栄養素のひとつと考えられてきたし、今もそうだ。ある時期まで気象ニュースの花形だった「季節感」に代わって、最近は、ゲリラ豪雨、超大型の降雹、局所的竜巻、と「異変」が主役に躍り出ている。「異変」であれば何でもアリの大安売り状態だ。しかし、一時期のように「異変」のメカニズムを説明するのにすぐ地球温暖化を持ち出す論調はぐっと減った。メディアが正気を取り戻したのか。

  「地球温暖化」を疑う科学者のひとりに中部大学教授の武田邦彦がいる。以下、武田の着眼点を見よう。
 風呂の中の空気を暖めても湯船に張った水は熱湯にならないが、湯船に熱い湯を張れば風呂の中の空気もそれなりに温まることを、私たちは知っている。水の熱容量が空気よりずっと大きいからだ。さて、気象庁のデータによると、過去100年間の太平洋の海水温は同じペースで少しずつ上昇しており、地球温暖化にお墨付きを与えている国際組織IPCCの見解を裏付けているように見える。ただ、気象庁の水温観測は主に船舶でなされたもので、船舶が海上の一点にずっと停止していたわけではないから、別の角度から気象庁データの正しさをチェックする必要がある。水と空気の熱容量の違いを踏まえると、もし太平洋の水温が実際に上がっているのであれば、太平洋を囲む陸地(特に沿岸部)の気温も上昇するはずだ。ところが、ハワイ、香港、南鳥島、アンカレッジ、サンフランシスコの気温はどこも約100年間あまり変わっていなかった。ちなみに地上温度の測定は、海上よりもずっと歴史があり信用に足る。

 武田は、「それに加えて『理論』との整合性も大切で、太平洋の熱容量や大気と海水面の伝熱係数、海流の動き、海水面撹拌状況から言って、太平洋の海水温度が20世紀の初頭から同じようなペースで上昇する原因を見いだすことはできない」と追い打ちをかける。
http://takedanet.com/2014/06/post_4f72.html

 政府がIPCCの見解を無批判に環境行政の寄り所としている以上、国交省傘下の気象庁技官は逆らえないのか。武田は、「科学より社会に興味のある人、政治に関心のある人は科学者を止めた方が良い」、と皮肉っている。
 話が戻るが、この国のマス・メディアは地球温暖化論のまやかしにようやく気づき、言及を避け始めたのか。いや、もしそうならば取材で白黒つけてくれるのが報道機関のはずだが、そんな殊勝な仕事は寡聞にして聞いた試しがない。単に思考停止なのであれば、マス・メディアも権威に弱い気象庁技官を笑える筋合いではない。

CO2犯人説を疑う

Posted by Ikkey52 on 19.2011 地球温暖化   0 comments   0 trackback
 氷河は、なぜ「河」なのか。そんな素朴な疑問に答えてくれたのは、日本学士院会員の赤祖父俊一さんだった。「流れるから河なのさ」といういたって単純な答が正解。氷河の一部が海に崩れ落ちる映像は「地球温暖化の動かぬ証拠」として、盛んにマスコミで取り上げられた。もし、氷の巨大な塊が、ずっと増えも減りもしないし、動くこともないのであれば、なるほど、あえて「氷河」と呼ぶこともない。長いスパンで見ると、氷河の増減はごく当たり前の自然現象なのだという。

 地球温暖化狂騒曲とでもいうべき動きを、実はずっと冷ややかに見ていた。
二酸化炭素が犯人と断定されているのだが、状況証拠があるだけで、決定的な物証を欠いている。まともな刑事裁判ならば、無罪判決が出そうなケースだ。なによりも胡散臭いのは、その容疑者の身柄の「国際移送」を金融商品として、国際排出権取引市場なるものが、騒ぎを待ち受けるかのようにちゃっかりつくられていたことだ。テレビドラマであれば、辣腕の弁護士が颯爽と登場し、理路整然と冤罪の構造を解き明かしてくれるはずだが、と思っていた時期に偶然、赤祖父先生の話を聞く機会に恵まれた。

二酸化炭素を地球温暖化の犯人と断定した裁判官はだれか。ICPP〈気象変動に関する政府間パネル〉である。ICPPを構成するのはだれか。各国の学者だけではない。政治家が混じっている。地球温暖化の真相究明は、純粋に学問的になされるべきで、政治家が入り国益が複雑に絡めば、導かれる結論も不純になる。
そもそも、温室効果ガスの地球への影響を測定するのは容易ではない。多様な視点から人類の知恵を総動員すべきなのに、この判事〈ICPP〉、大気物理学ばかりに偏り、逆に気象学や古気象学を軽視してきた、と赤祖父さんは憤る。

 北極圏研究の世界的権威である赤祖父さんは、気象学、古気象学にも明るい。では、気象学、古気象学から地球温暖化のナゾはどう解けるのか。
過去10万年の間に、地球が4回の大氷河期を経験したのは、よく知られる。これは古気象学の成果だ。一方、それとは別に、地球は400年周期で、寒冷化と温暖化を繰り返してきたこともわかっている。例えば西暦1400年から1800年までの地球が冷えていたことについては、多くの記録がある。この寒冷化した時期を小氷河期と呼ぶ。1800年代前半から小氷河期からの回復が始まり、今も続いている。その証拠に、1800年代前半から現在までの気温や海面上昇の推移を、折れ線グラフに落とすと、右肩上がりにほぼ一直線になる。
冒頭に触れた氷河の後退も、実は1800年ごろから始まった。人類の活動の結果として、二酸化炭素が急激に増えだすのは1946年からとわかっている。しかし、温暖化は1946年から急に始まったのでない。ここまで理解できれば、二酸化炭素への疑惑は限りなくシロに近づく。

原発のウソは大震災の犠牲のうえに、ようやく暴かれた。犠牲を払わずに、二酸化炭素の濡れ衣を晴らすことができないか。
  

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR