FC2ブログ
Loading…

平成の阿片

Posted by Ikkey52 on 18.2016 文化   0 comments   0 trackback

 軽妙洒脱な批評眼に一目置く友人が、人ごみのなかで「平成の阿片」と吐き捨てた。「歩きスマホ」の群れだ。行き交う人の多くが視線を下げ、手元の端末を追いかけている。イヤフォンから流れてくる音楽に心酔しているのか、目を閉じ気味にして夢遊病者の徘徊を思わせる男女もいる。道を譲るのは、当たり前に顔を上げて歩く人たち。江戸の「お武家様」は、「道をあけいっ」と口にしなくても町人たちが次々に行く手を譲ってくれた。手元を見ながら歩く連中はそれと変わりない。スマホは印籠か。

 電車の乗客間にあった暗黙のルールもスマホのせいで反故になりかかっている。ドア付近に立つときは、駅に着いたら一旦車外に出て、降りる人を通すのが気持ちのいい日本人のマナーだったが、SNS、ネトゲに熱中したまま、ドアの真ん前に立ち続け、梃子でも動かない雰囲気を醸す輩がひどく多くなった。これでは、中国人観光客のマナー違反を笑えない。怖いのは、「ドア付近居座り族」の存在を、何とも思わない人が多数派を占めることだ。

 あえて調べるまでもなく、スマホ中毒は社会問題になっている。日本だけではない。世界的に、だ。英語圏ではSmartphone addictionとか、Nomophobiaなどと呼ばれる。
 BBC Newsによれば「Emojiや自撮り棒の発祥の地であるアジアでは、スマートフォン中毒者数の上昇が他の地域に比べ、目立って上昇傾向にあり…」というから恐ろしい。
http://news.livedoor.com/article/detail/10586059/
 症状は、意味なくスマホをチェックする。夜中も気になって起きる。手元にないとそわそわするなど。結果として、スマホ以外への関心や集中力が極端に低下することになる。

 わが身を振り返ると、スマホ普及以前だが、職業柄、ひっきりなしに新しい情報はないかチェックするのが習い性だった。それでも例外は作っていた。まれにありつけるプライベートな旅の時間だ。旅先ではテレビ、ラジオ、新聞等一切の外部情報を遮断した。誰に教わったわけではない。精神のバランスを取り戻そうと、いつのまにか自分自身に課していたルールだ。第一、最新ニュースであふれかえった頭で、陽光降り注ぐ眩しい海辺やマイナスイオンに満ちた静謐な森林に立っても、リラックス効果など望めないではないか。

 もちろん、バッテリーの重さが肩にずしりと食い込む海外通話用のモトローラを持たされた世代だ。携帯電話との付き合いは古く、ガラ携からスマホに持ちかえてすでに久しいが、幸い中毒とは無縁でいられた。心の深層には、自分の時間を第三者に何の脈絡もなく邪魔されたくない、という思いがある。他人に易々と捕まらないでいられるのは、自由の大切な要素だ。

 スマホ中毒者の年齢は低下する一方というのも気がかりだが、自分は60代半ばのスマホ中毒者を知っている。彼は会話で瞬時でも間があくとスマホに目をやってしまい、酒席を気まずくしていることに無自覚だ。だから、スマホ中毒問題を世代論で片づけるべきでない。かつてイギリスや日本は中国国内に阿片地獄を現出させたが、阿片の流入が遮断されると、中毒者は激減した。「平成の阿片」は、使い方さえ正しければネット社会の利器には違いなく、供給を止めるわけにはいかない。かといって、マナーや道徳を説いても、実(じつ)は上がりそうにない。ヒトの脳に対してシャブ同様に危険だ、という学者もおり、ギャンブル中毒のように精神障害に分類すべきという医師もいる。使用総量に制限をかけるアプリのインストールをスマホ販売時に義務付けては、という案もあるが、果たして効果はあるだろうか。
スポンサーサイト



流行り歌の街 ヨコハマで

Posted by Ikkey52 on 30.2012 文化   0 comments   0 trackback
 珍しいことに横浜市内で仕事があり、馬車道のホテルに連泊しながら考えたことがある。それは横浜と歌謡曲との特殊な関係について。「馬車道」という地域通称にしても、全国区にしてくれたのは、中村雅俊が歌った『恋人も濡れた街角』の一節、「あああ、ときより雨の降る、馬車道あたりで待っている…」というあれだ。
 
 とにかく、横浜は流行り歌になじみ深い。思いつくまま、歌詞を集めても、「よこはま たそがれ ホテルの小部屋」(五木ひろし:『よこはま・たそがれ』)、「本牧で死んだ娘は カモメになったよ」(ゴールデンカップス:『本牧ブルース』)、「伊勢佐木あたりに 灯りがともる」(青江三奈:『伊勢佐木町ブルース』)、「街の灯りが とてもきれいね ヨコハマ」(石田あゆみ:『ブルーライトヨコハマ』)、「山手のドルフィンは 静かなレストラン 晴れた午後には 遠く三浦岬も見える」(荒井由実:『海を見ていた午後』)、「待ち合わせ場所 いつもの桜木町に 君はもう来ない」(ゆず:『桜木町』)、「あれが あなたの好きな場所 港が見下ろせる 小高い公園」(オフコース:『秋の気配』)、ずっと古いところでは「窓をあければ 港が見える メリケン波止場の 灯がみえる」(淡屋のり子:『別れのブルース』)という具合。
 
 上記は横浜を詠んだ歌のほんの一部にすぎない。多くの人が横浜にこれだけ詩情をそそられるのは、江戸幕府が鎖国政策を見直して、世界に開いた窓(開港地)のひとつとしたことから、この国で最初にエキゾチックに染まった街になったせいもあるだろう。終戦後は終戦後で、進駐軍の影がとりわけ色濃かったことと無関係でないかもしれない。そういえば、日活無国籍アクションとしてのちに括られる一連の邦画群には、ほとんどお約束のように横浜繁華街の大箱キャバレーが登場した。ステージ上には本格的なビッグバンドが控えていたが、彼らの音はあまりあか抜けて聞こえなかった。国際港の連想で、たいていの犯罪組織は麻薬や武器の密輸がお好き。白人や中国人が黒幕として出てくるのも横浜が舞台ゆえだったか。

 横浜の魅力のひとつは、地区ごとに違った顔をもっていることかもしれない。例えば、大桟橋や山下公園あたりの「日本資本主義」を感じさせるオーセンティックな落ち着きと、みなとみらい地区の人工的な落ち着き、そしてまた、野毛飲食街のように開発に軽々しく尻尾を振らなかったことによる場末っぽい落ち着きとはまるで違う。横浜スタジアム-中華街-元町という不連続もユニークだ。
 
 ホテル道楽の趣味はないが、横浜ニューグランドにはずっと憧憬を持っていた。長く、そこがバクーニンの滞在先だとの思い込んでいたことも大きい。実際にシベリアから逃れてアメリカ大陸に渡るチャンスを窺っていたバクーニンは、外人居留地内にあった日本最初の西洋スタイルの宿の客になっていたらしい。経営者のオランダ人ハフナーゲルの名をとってハフナーゲル・ホテルと呼ばれたそうだ。横浜滞在中のバクーニンはどんな音楽を耳にしたのだろう。ハフナーゲル・ホテルは当時、攘夷派の脱藩浪人らから西洋人の一時滞在者の身を守る砦のような役割を果たしていた。だとすれば、おそらく列強のどこかの国の音楽隊の吹奏楽程度は聞くチャンスがあったのではないか、と勝手に推測している。

退嬰する日本の大人たち

Posted by Ikkey52 on 20.2012 文化   0 comments   0 trackback
 国によって文化はどこまでも多様である。列を作って並ぶ習慣がある国もあるし、そうでない国もある。旧ソ連の整然たる行列は有名だった。吹雪の中も、人々は一本のウォッカ、一斤のパンのためにじっと待った。突然割り込む奴がいるのに、文句を言わないのを不思議がっていると、あれはKGBだと教えてくれる人がいた。「特権」が列の秩序を乱すのはやむを得ないと考える、小利口な整然さだった。バングラディシュのデルタ地帯では、行列は官憲の鞭で人工的につくられていた。かつてソウル駅頭で、タクシーの順番を巡ってもめごとを目撃したが、それに周囲の人が驚かないのに驚いた。中国には今もその風潮があるだろう。

 東日本大震災で住むところを失い、食料も乏しく、そんななかでどうして暴動が起きないのか、日本人はほんとうに忍耐強いと、外国のメディアが評した。ごく最近、ある韓国人ジャーナリストと仕事をしたが、被災地にしつこく通い詰めた彼は、発災ひと月前後のころを振り返って、「韓国なら確実に米騒動になっていた」と、やはり日本人の辛抱強さを褒め称えていた。
 
 命の危機を共有した被災地では、凛として動じない人についていきたい心理が働くのかもしれない。実際、劣悪環境にあっても、被災した人たちの態度はどこでも、自覚的な共助の精神に富んでいたらしいが、ここで書きたかったのはそうした日本人のことではなく、その逆だ。

 情けない日本人が多すぎないか、このごろ。
 地下鉄のシートに平気で自分の荷物を置く中年男。立錐の余地もないほど込み合う時間帯に座席で短い脚を組むOLたち。割り込みがどうしたとばかり、先を争って車両のドアに殺到する団塊世代男女。降車時に駅員からマンツーマンの手助けを受けながら、ありがとうも言わず去っていく車椅子。地下鉄のなかだけでもこれだけの馬鹿がすぐ思い浮かぶ。

 スーパーの駐車場だってどうだ。構内走行指示の逆走などくそ喰らえのオバさんドライバー。身障者用駐車スペースに大型ワンボックスカーで堂々と乗り入れる、飛び切り体格のいい大家族たち。深夜の居酒屋に年端もゆかない子供を連れてくる若夫婦。道を歩けば、キャリーバッグや大型リュックサックが老人を圧死させようとしている。いつから日本人は、これほどまでに堕落したのか。
 
 先日、日本有数の混雑私鉄、東急田園都市線のラッシュアワーに骨のあるおっさんがいると、わざわざ教えてくれた友人がいた。車内で迷惑行為があれば黙って直接行動に及ぶというのだ。満員電車の座席で若者が他人の迷惑も考えず伸ばせるだけ伸ばしていた足を、おっさんはガシっと蹴っ飛ばす。たまに逆らう奴には、おっさんは躊躇せず髪の毛をわしづかみにする。そんな筋の通った暴力主義が、車両を同じくする人たちの溜飲を下げている。しかし同時に、おっさんが逆恨みを買って、誰かに背中を突然押されてホームに突き落とされないか、心配しているという。 

 先に述べた韓国人ジャーナリストがマッサージを受けに入った日本のサウナで何者かに財布を盗まれた。過去20年間、仕事で年10回は来日してきた。外国人とわかると日本人はみな親切にしてくれ、いやな思いはしたことがなかったという。それだけに、財布の一件は彼をとてつもなく落ち込ませた。彼は店のアドバイスに従って、近所の交番に被害届を出しにいき、そこで落胆のあまり動けなくなった。一文無しになった彼を、タクシーの着払いで戻らせてから、私は「日本のサウナなんて特別危ないところだ」と彼の無防備さを嗤ったのだが、考えてみると私の言葉は「日本のサウナを危ないところにしたのは誰か」という本来的な視点をすっかり欠いている。低モラル社会を生きるための保護色にどっぷり染まっていたわけだ。

 国際競争力が激しく地盤沈下しているこの国は、社会のモラルという面でも沈みつつあることを実感する。未成年がだめなのは親世代の問題。そこにはかろうじて教育や矯正の余地があるが、すでに分別盛りの年齢に達している未成熟な大人たちをどうするか。いっそ道徳的ファシストの手でも借りるしかないかもしれない。
  

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR