FC2ブログ
Loading…

太永浩『三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録』……北朝鮮外交はなぜ手ごわいか

Posted by Ikkey52 on 01.2019 北朝鮮   0 comments   0 trackback
 厚いベールに包まれた北朝鮮という国の実像を知りたくて、脱北した人の手記が話題になるたびに一通り読んできた。工作員だった安明進や強制収容所から脱走した姜哲煥のそれはいまだに印象深いし、金日成体制を支えた主体思想理論家の黄長燁、大韓航空機爆破犯だった金賢姫の手記なども、その後の自分の北朝鮮理解を大いに助けてくれた。

 しかし、駐英大使館公使だった太永浩の手記は、これまでの脱北者モノとは一味も二味も違っていた。脱北者の多くは、受入国の韓国と北しか知らない。外交官だった太の視野は当然ながらもっと広い。なにしろ少年期に二度、中国留学を経験し、改革開放期の隣国の激動に触れた。外務省入り後もデンマーク、スウェーデンに駐在したほか、イギリス勤務も二回目だった。脱北以前に母国を何度も離れて、客観的に見る機会に恵まれた人というのは、ごくごく少数だ。 

 英語担当であったことが幸いし、本省では重要な外交に関わり、官僚としても鍛えられた。独裁者と行政機構、軍部との関係を、具体例をもとに明快に語れるのはそのせいだろう。北朝鮮政治を論じる時、日本の識者は得てしてキーマンの党内序列の変化に注目するが、太によれば、北の官僚機構はすべて縦割りであり、横に意思疎通を図る手段がないから、党内序列に意味はない。

 母国を不幸のどん底に沈めた独裁体制への批判に感情的に流されるのではなく、金王朝三代の治世のニュアンスの違いを無視していないことにも注目した。特に金日成時代後期、つまり金正日が後継者として認知される以前の1960年代後半から70年代初頭にかけて、北朝鮮社会は、貧しいながらも一定の生産を確保し、地方であっても職場の給与と配給でなんとかやっていける状況にあった、という指摘は新鮮だった。

 北朝鮮のような閉ざされた国で、外国駐在が許される外交官は、いうまでもなく特別な存在だ。独裁者の周辺は、外交官が外国の悪い風潮に染まって、それを国内に持ち込むことを極端に恐れていたから、外交官は第一に志操堅固でなければならない。となれば、当然、国内での地位が高いエリート層の子弟が中心に選抜される。

 だからといって太の出自が、エリートを輩出する核心階層だったわけではない。独裁者一家との関係の濃淡によって、一族郎党の身分が決定されるいわば封建社会で、太の実家は中級の階層に属していた。体育を含む学業成績の高さ、社会活動への積極参加、私的言動の律し方など、総合的に評価され、外務省の狭き門をくぐった。

 北朝鮮の外交を評して、瀬戸際外交などと呼ぶ。国内にはやせ我慢させても、外交は強気を貫く。あの強さは何なのだろうと思っていたが、外務省もまた、ちょっとした失点が銃殺、粛清に直結する職場だった。仕事ぶりが厳しくなるのは当然だろう。それに比べて日本の外務官僚たちはどうか。高望みしなければ、キャリア身分で入省する限り、退官まで安泰。そんな両国の外交戦の帰趨はおのずから見えている。

 米韓合同演習を北朝鮮が蛇蝎のごとく嫌うのは、演習のたびに主力軍がトンネルに身を潜めねばならず、費用がかかるうえ、トンネル内の空調が悪く、兵士が健康を損ねるためだ、という解説にも目からうろこが落ちた。迷惑がっているのは軍部だけであって、他の省庁は外務省をはじめ、あまり関係ないらしい。
スポンサーサイト



拉致被害者家族は茶番をどう見たか…南北首脳会談の空疎

Posted by Ikkey52 on 27.2018 北朝鮮   0 comments   0 trackback
 ”国境”を越えて逃げようとした北朝鮮兵士を無慈悲に銃撃する、まるで映画のようなシーンの記憶が生々しい板門店。そこが南北朝鮮首脳による空々しい政治ショーの舞台になった。祖父の権威に阿ろうとして、まだ若いのに度を超えた中年太りを自己演出するサディステックな独裁者と、主体思想信奉者としての過去を持つ無内容なポピュリズム政治家…。彼らの演じる和解の茶番劇に吐き気をもようした。結局なにも変わっていないではないか。
金と文 首脳会議_convert_20180428105332

 それにしても、韓国国内のメディアに引きずられた日本の能天気な報道ぶりは何だ。拉致被害者家族代表にインタビューしたのはアリバイづくりであるのが見え透いている。まず、今回の南北朝鮮首脳会談を、冷静に、客観的に眺め、報じるべきだ。
めぐみさんはどうなったのか。「お祭り騒ぎ報道」に接するご両親の心中はいかばかりか。




「北朝鮮を植民地にしたい」…見えてきた隣国の皮算用

Posted by Ikkey52 on 11.2017 北朝鮮   0 comments   0 trackback
 「世界の警察官」役を降りたはずのアメリカが、シリア内戦でサリンの使用が疑われるシリア政府軍の基地に巡航ミサイルを撃ち込んだ。「警察官」に復職したわけだ。そうなると、国連酒場の客の中でも折り紙付きの鼻つまみで、何度咎められても核ミサイル開発という危険な火遊びをやめない北朝鮮が、次なる取り締まり対象になるだろうとの予測はきわめて自然だ。

 「北朝鮮が潰れないのは、中国、ロシア、日本、韓国といった周囲の国々のすべてが、潰れてもらっては困る個別事情を抱えているからで、隣国は一致して潰れない程度の国家存続を望んでいる」と、一昔前の朝鮮半島研究者は解説したものだ。主に難民流出とそれに伴う食糧問題が理由として挙げられていた。ところが時代は変わった。各国は北朝鮮の植民地化を狙い始めているというのだ。どういうことなのか。

 今や食料危機に陥る心配のない金満中国は、朝鮮戦争休戦以来、国際社会から見えないところで北朝鮮を支え続けたツケを、北朝鮮北西部の併合で支払わせようと狙うはずだ。習近平政権は、それでなくとも領土領海拡張主義の権化だ。また豆満江を挟んで北朝鮮と隣接する延辺あたりは朝鮮族の自治州でもあり、歴史的経緯を領土簒奪の大義名分に持ち出すかもしれない。

 ロシアは、シベリア・極東開発を経済起爆剤にしたいが、人口減が続き、労働力が決定的に不足している。一方、アムール川をはさんで対峙する中国側の東北三省には1億人の人口がいる。シベリア・極東にロシア人の定住者を呼び込むには、インフラの早期整備が欠かせない。手をこまぬいていては、経済面から中国に飲み込まれるかもしれない。これは恐怖だ。北朝鮮の安い労働力をシベリア・極東開発につぎ込めるかどうかは、これからの国土保全に大きく関わってくる。

 韓国は、大国の仲間入りするために大きな人口が欲しいうえ、国内の10分の1という北朝鮮の安い労働力もそのまま取り込みたい。かといって、東西ドイツ統合当時の西ドイツのような経済負担はしたくないから、韓国の意のままになる傀儡政権ができるのが理想だ。労働力価格の二重構造、三重構造は、中国の強さの秘密だが、そのことを韓国の経済人たちが知らないわけがない。もうひとつ、うまくすれば核のボタンも労せずして握れる。「大国になりたい病」患者にはたまらない魅力だろう。

 北の政権が潰れ、韓国に吸収されるにせよ、国際協調性のある新政権に置き代わるにせよ、韓国の軍事費とアメリカの駐留軍負担は大きく減る。在日米軍基地の展開にも朝鮮半島有事の対応は織り込まれているから、それも併せて軽減されるとなれば、アメリカのメリットもけして小さくはない。ただし、どさくさ紛れに中国の軍事プレゼンスが半島周辺で増大することは、アメリカにとってネガティブな要素になる。

 朴槿恵を韓国大統領の座から引きずりおろした大衆運動は、左派=親北派の影響下にあったという。その左派に支持され、次期大統領選前哨戦でトップを走る文在寅は「当選したらワシントンよりさきに平壌に行く」と公言した。暴走しっぱなしの金正恩と何を話し合おうというのか。前記の北朝鮮周辺各国の皮算用を踏まえるとき、朴槿恵のほうがよほど現実的な政権運営をしていた気がして仕方がない。

南北軍事境界線は自然の楽園…休戦60年余の皮肉

Posted by Ikkey52 on 05.2016 北朝鮮   0 comments   0 trackback
 怪我の功名とは聞くが、いつまでも片付かない戦争にも功名があったとは知らなかった。あの「お騒がせ」北朝鮮が国連軍とことを構えたまま、膠着状態になって久しい南北軍事境界線の非武装地帯(DMZ)が野生動植物の楽園になっているというのだ。

 1953年に休戦した朝鮮戦争は、北緯38度線を基点として片側2キロ、つまり南北幅4キロ、総延長250キロに及ぶ非武装地帯(DMZ)を生み出した。境界線は頑丈なフェンスと地雷原に守られて人が入り込む余地はない。60年余も続く双方のにらみ合いの間に、かつては私有地もあったDMZ内に自然の植生が完全に戻り、それを心地よい生息地としてジャコウジカ、アジアクロクマ、タンチョウヅルなどの絶滅危惧種を含めた動物や昆虫が遊ぶ。

 羊とも鹿ともつかないゴーラルも、このDMZ内では生息が確認されている。天敵が近づけない絶壁を好む珍獣で、かつては江原道雪嶽山から忠北堤川郡月岳山にかけて、慶蔚珍郡通古山に至るまで、太白山脈の高い山岳地帯で確認されていたが、いまは韓国領土から完全に消えたと信じられている。
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:W0Z552qLYScJ:www.korea-dmz.com/jp/n/vn/nvn300_jp.asp+&cd=9&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&lr=lang_ja

 1992年にリオデジャネイロで開催された国連の「環境と開発に関する会議」をまえに、この地域を南北の自然保護区にしようという提起がなされた。当時のアナン国連事務総長に北朝鮮が設置を打診し、韓国が歩調を合わせたのだそうだから画期的な話だ。もちろん、いまそうなっていないのは、北朝鮮の提案取り下げによる。彼の国にとってあらゆる国際的意思表示は戦争の一戦術なのだ。

 『グリーン・パワー』2016年3月号に寄稿した東大の田中俊徳によれば、南アフリカの岩窟王で大統領に上り詰めたネルソン・マンデラと、CNNの創始者であったテッド・ターナーは、DMZに関心を寄せ、平和の構築と自然保護を目的として「越境保護区」なるものの設置を提唱していた。その流れで、ターナーは2005年に南北朝鮮を訪問し、平和条約締結と共にDMZを自然保護区にするよう促してもいる。しかし、DMZについては、簡単な審査で済むユネスコの生物圏保存地申請さえすすまない。

 自分の記憶をたどると、板門店は南北双方の展望施設の間が少し谷状になっており、そこに青く塗られた質素な平屋建ての「軍事停戦委員会本会議場」が置かれていたように思う。室内は会談用のテーブルとマイクがあるだけで、いたって殺風景だ。その中心に南北境界線が走っている。さっそく跨いでみたが、別に何か起こるわけでもない。そんな馬鹿をやっている暇があったら、遠望でもいい、DMZをなぜ一目でも見てやろうと注意を払わなかったのか、まったくもって情けない。

あらためて考える”水爆”北朝鮮と中国・東北3省の関係

Posted by Ikkey52 on 08.2016 北朝鮮   0 comments   0 trackback
 テレビ・ジャーナリストたちが集まって、北朝鮮情勢を考えるこじんまりした勉強会を開いたことがある。金正日時代の話だ。北朝鮮を巡る国際関係論では当時第一人者と目されていた学者が講師の要請を快く受けてくれた。聞き方はそれぞれ異なったが、何人かが同趣旨の質問を講師に浴びせた。「先生、結局北朝鮮はなぜ崩壊しないんでしょう?」と。

 さまざまな席で何十回、何百回と同じ質問を受けてきたはずの講師は、よどみなく即答した。「誰も望んでいないからです。アメリカも、日本も、韓国も、中国も、ロシアも。一国の崩壊によって出てくると予想される膨大な数の難民を周辺国は受け入れたくないからです」。質問者たちの念頭には、飢餓に瀕する超カルト国家の、やせ細った子供のイメージがあったに違いないが、返ってきたのは身もふたもない国際政治力学だった。

 新年早々、世界の耳目を集めた北朝鮮の「水爆」地下核実験。マスメディアは北京、ソウル、ワシントンの特派員はもとより、各国の識者、専門家を総動員して、その真意を忖度しにかかっているが、いずれも歯切れが悪い。

 仮に、北朝鮮という国が、例え消極的理由からにせよ、「潰れてもらったら困る」と考える国々に周囲を囲まれた、地球上でもまれな幸運な国家だと考えればどうだろう。「水爆」実験をやろうと、長距離ミサイルをぶっ放そうと、路上で不貞寝を決め込んだ駄々っ子のようなもので、通りがかった近所のおばさんに抱き起してもらうのを待つだけでよく、間違っても踏みつぶされて死ぬ心配はない。多少の軋轢を我慢して、それで国内が引き締まるのであれば、十分おつりがくる…。そんな風に北朝鮮指導部は居直っているような気がする。

 昨年秋から年末にかけて、北朝鮮から何隻もの難破した木造船が日本の沿岸に漂着した。上納金を納める見返りに、資金稼ぎの軍からお墨付きをもらい、波の荒くなる日本海で危ない操業を行っていた北朝鮮漁民が乗っていたと見られ、難民とは違うが、北朝鮮が壊れれば、そんな木造船が難民たちを乗せて日本海に漕ぎ出し、韓国を、あるいは日本を目指すだろう。

 中東からの難民が、引きも切らずなだれ込む欧州の悪夢を想起せざるを得ない。世の中に「難民発生予想」などというデータはありえないが、「北」から輩出する難民を最も恐れているのは言語が同じ韓国のようにも見える。ところが、一説によれば、食糧不足におびえる中国が、将来の大食糧基地と頼み、期待にたがわず年々穀物生産量を上げている東北3省への、難民大量流入を最も懸念しているのだという。

 かつて、中国・牡丹江に近い寒村を取材したとき、村長が犬肉鍋で大歓迎してくれた。そこは朝鮮族の村だった。朝鮮では犬肉は夏場の栄養食。肉汁が靴に一滴落ちても元気になる、と言い伝えられる。民族の食文化の伝承がたしかにそこにはあった。東北3省が朝鮮民族のもうひとつの後背地だったことを改めて知らされた。金正恩の父、正日は、ルーマニアの独裁者、チャウセスクが処刑された当時、黒竜江省に亡命用の別荘を用意したといわれる。北朝鮮を巡る中国のジレンマの核心は、実は東北3省との関係ではないのか。そういう問題意識の解説を、今回の「水爆」地下実験に関連して、自分の知る限り、一人だけコメントした識者がいた。大いに納得させられた。
  

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR