FC2ブログ
Loading…

瀬島龍三は「誓約抑留者」だった…佐々淳行『亡命スパイ秘録』

Posted by Ikkey52 on 19.2019 エスピオナージ・書評   0 comments   0 trackback
戦後日本初のスパイ・キャッチャーを自認した元警察官僚、佐々淳行が、波乱に満ちた来し方を振り返った回顧録。いくつもの暴露談で構成されていて、そのどれも読者の興を削ぐことはないが、もし一点を論じて書評に代えるとすれば瀬島龍三の件以外にないと思う。

 昨年没した佐々については、あえて説明する必要もない。連合赤軍あさま山荘事件の現場指揮官として一躍名を売った人物だ。退官後は、国家的な危機管理に特化したコメンテーターとして、テレビ、新聞、出版をフィールドに存在感を示した。一方、瀬島は旧大本営参謀で、終戦直前に東京から新京(現長春)の旧関東軍総司令部に赴任したままシベリアに抑留され、抑留中に東京裁判の喚問を経験した。生還後は伊藤忠商事の大幹部に上り詰め、中曽根政権のブレーンを務めるなど、戦後政界の「影のキーマン」といわれた。

 軍人としての瀬島には、ソ連軍と関東軍の停戦交渉のなかで、自らシベリア抑留を提案して戦友たちを売ったのではないか、との疑惑があったし、ビジネスマンとしての彼には、インドネシア、韓国に絡む戦後賠償ビジネスや、旧防衛庁への主力戦闘機売り込みを巡って、悪名がずっとついて回った。ただしそれらの真相は、ノンフィクション作家の魚住昭が社員記者時代に同僚とともに書き上げた『沈黙のファイル』(共同通信社社会部編)などによって、すでにあらかた語り尽くされている。

 対照的に、一向に白黒つかなかったのが、瀬島のソ連大物スリーパー説だ。そもそも11年の長期に渡って抑留されていたせいで、瀬島は最後までKGBに屈しなかった大本営参謀と見なされた。その民族的な思い込みは、社会復帰した瀬島に、政界、財界を自由に泳ぎ回るうえで、実に便利な御朱印札を与えた。抑留将兵のうち、共産主義者に宗旨替えした順に帰国を許されたのは紛れもない事実だからだ。

 1954年、在日ソ連代表部の一員で、スパイ活動をおこなってきたラストボロフがアメリカに亡命した。その関連で日本人協力者らが摘発されたが、当時、警視庁外事課や警察庁の外事担当部署であらかじめラストボロフの行動監視を指揮していた佐々は、伊藤忠商事のヒラ社員であった瀬島との接触を見逃していなかった。

 「誓約抑留者」。シベリア抑留から復員した将兵のうちでも、KGBに忠誠を誓った者を公安当局はそう呼んだ。瀬島はまさしく「誓約抑留者」に分類されていた。中曽根内閣の官房長官として政権の屋台骨を支えた後藤田正晴は、かつて警察組織を統括した内務官僚出身でありながら、佐々から意見具申されるまで、そのことを知らなかった。

 後藤田は、「ラストボロフ事件当時、佐々の上司が、なぜ徹底した捜査を命じなかったのか」と、疑問を口にするだけの度量を持ってはいたが、そのころ瀬島は総理の中曽根に深く取り入り、すでに全官庁は「瀬島を敵に回していいのか」という空気に支配されていた……。
スポンサーサイト



法律に書かれていない不可視の組織……小谷賢『モサド: 暗躍と抗争の70年史』

Posted by Ikkey52 on 01.2019 エスピオナージ・書評   0 comments   0 trackback
 いま世界の大半の国は日本に対して友好的だが、地政学的に見た日本は、韓国、中国、北朝鮮といった、、反日を建国イデオロギーに取り込んだ国家に取り巻かれている。隙を見せればロシアだって何をしてくるかわからない。そんな環境下で、国民の生命、財産をどう守るか、大変な難題だ。

 「ただちに獅子のごとく強い牙を持て」と叫んだところで、日本は上記の国々とは違い法治国家だ。現行憲法下、日米安保体制下では叶わない。せめて、この国の安全上、問題となりそうな近隣諸国の怪しい動きをいち早くキャッチできるような、兎の長い耳を持つべきではないか。

 周囲をすべて仮想敵に囲まれている国にイスラエルがある。第二次大戦後の建国以来、幾度となくあった周辺国からの侵略の危機を、あるときは周到な迎撃戦で、あるときは電光石火の先制攻撃でことごとく退けてきた背景には、モサドという長い耳を持った敏捷な兎の存在があった。

 モサドは情報機関だが、外国政府との非公式交渉にも関与する。宣伝もやれば、外国在住ユダヤ人の帰国援助も行うし、対テロリスト工作の実行部隊も持つ。にもかかわらず、イスラエルにはモサドの活動を規定する法律がなく、法的には存在しない組織だ。非合法活動に手を染める可能性があるからだろう。この手の組織というものは、軍隊を含む他省庁とは別にある程度弾力的に位置付けてもいいように思う。

 一方、イスラエルではモサド以外に、国内防諜担当のシャバク、軍事情報と通信技術情報を担当するアマン、旧ソ連・東欧のユダヤ人を保護し、イスラエルに帰還させるナティーフなどが政府機関として位置づけられている。それらは、外務省政治分析センターや警察公安部を含めて、しのぎを削りながら国防上、治安上で問題になりそうな情報の収集にあたっている。

 『モサド…暗躍と抗争の70年史』を著した小谷賢の関心は、れっきとした官僚機構でありながら、法的には存在していないモサドのような組織が、数々の国内政治闘争に深く関与しながら、暴走もせずに機能し続けたのか、という点にあった。日本という平和ボケした独立国家にとっては非常に臨床的な視座だと思う。

 小谷は防衛省防衛研究所研究員出身の大学教授だが、日本の情報・防諜組織、たとえば内閣調査室や警察庁、公安調査庁などのインテリジェンス機関に勤務した経験はない。だから妙なドグマや思い込みに足をすくわれずに、自分のテーマを深められたのだろう。それはそれとして、エピソードのひとつひとつが、読み物として実に面白いのは、小谷の別の才能だろうか。

脱走米兵の足に使われたオホーツク諜報船

Posted by Ikkey52 on 25.2019 エスピオナージ・書評   0 comments   0 trackback
 「1945年9月に千島列島全域がソ連の占領下に入り、北海道、とくに根室地方の漁師たちは、その広大な漁場を失うことになった。その後もこの失われた漁場へ出漁して、ソ連の国境警備隊に拿捕される例が相次ぎ、こうした拿捕の危険なしに北方海域で自由に操業できないかと考える者の中から、レポ船が現れたとされる」。ウィキペディアは、「レポ船」について上記の通り解説する。

 レポ船の船主は、北方領土周辺のソ連主張領海に入り、ソ連国境警備隊と接触し、例えば自衛隊の配置や警察の人事、新聞情報程度の政治や経済の話を手土産にする。時にはテレビや洗濯機など電化製品を貢ぐ代わりに、宝の海である北方海域での漁に目をぶつってもらう。簡単にいえばスパイ船だが、日本の公安当局はソ連側との接触の現場を押さえることができず、したがって、摘発するすべがない。レポ船主を監視はするが、やることといえば、些細な情報を咥えさせる見返りに、ソ連側の動きを漏らしてもらうのが関の山だ。

 そんなレポ船がアメリカ軍の脱走兵を北欧の国に逃す足に使われた。もちろんソ連経由で…。ベトナム戦争最中の事実だ。泥沼のようなベトナムの戦場から、束の間の離脱を許され、休暇を過ごす兵士らで、当時の在日米軍基地は溢れていた。そうした兵士に向けて、厭戦気分を煽り、脱走をけしかけていたのが、ベトナム反戦を旗印とした組織、その名も「ベトナムに平和を!市民連合」、通称べ平連という無党派市民の緩やかな運動体だった。脱走米兵の出現は、アメリカのベトナム戦争への介入が当の米国民にさえ支持されていないことを宣伝する恰好の材料になる。過激な街頭闘争に明け暮れる新左翼各派とは一線を画し、既成の政党や思想集団、特定の労組をバックに持たないべ平連に、当時の世論は新しい市民運動の可能性を見出し、おおむね好意的だった。

 ところが、実は米兵をレポ船で逃すにあたって、べ平連は旧ソ連の諜報機関KGBと繋がっていた…。関根忠三の『ベトナム戦争脱走米兵亡命作戦』は、当時の関係者への粘り強いインタビューを通じて、「べ平連⁻総評⁻駐日ソ連大使館⁻KGB」という受け入れ先工作と、「べ平連⁻総評⁻旧北海道5区選出社会党代議士⁻支持者⁻レポ船主」という送り出し工作の両面を、余すところなく暴き出している。

 国会議員、外交官が関わる大亡命作戦でありながら、これに関わった日本人からひとりの逮捕者も出ていない。在日米兵は日本の出入国管理令の埒外の存在で、これに援助を与えたからといって、密出国を助けたことにはならないからだ。日米安保条約に反対するべ平連は、同条約に付随する地位協定のおかげで、摘発者を出さなかったといえる。

 関根は読売新聞北海道支社で記者生活に入った直後、脱走米兵亡命事件に遭遇、ライフワークとして全容の解明に取り組んできた。旧南ベトナム政府の副大統領グエン・カオ・キに単独インタビューするなど、取材は世界規模に及ぶ。事件記者として北海道警人脈に通じていたこと、実兄が北海道議会議員を長く務めた筋金入りの旧社会党員であったことも、このテーマを掘り下げるうえで強みになったはずだ。没後の出版だったことが惜しまれる。

『暗号名ナイトヘロン』…超監視社会・中国を逃げる

Posted by Ikkey52 on 25.2016 エスピオナージ・書評   0 comments   0 trackback
 辣腕刑事が駆け巡り、名探偵の推理が冴えるという「追いつめ型」のサスペンスも悪くないが、スパイ小説にはやはり「逃げ回り型」が良く似合う。なんの予備知識もなく、本屋の店先で自分の背取り感覚だけを信じて手に取ったアダム・ブルックス『暗号名ナイトヘロン』。それがどうだろう、極上の仕上がりだ。

 中国政府が民主化を求める多数の若いデモ参加者を無慈悲に弾圧した1989年の天安門事件。それに連座し、辺境のチベットに近い労働矯正所に20年間も食らい込んでいた男、ファションが脱走に成功する。中国国内には約1000カ所の労働矯正所がおかれ、4~600万の人々が奴隷のような肉体労働を強いられているという。ファションはインテリ家庭に育ったものの、子供のころ父親を文化大革命の餌食にされ失っていた。長じて彼は科学者の道を歩み始めるが、父親を死に追いやった国への復讐心は消えるどころか、日に日に大きくなり、イギリス情報部と繋がって末端の情報提供者(スパイ)となっていた。ただし、民主化要求デモに出たのは純粋に中国人としての思いをぶつけるためだった。

 一方、フリーランスのジャーナリストで北京に駐在する英国人のフィリップ・マンガンは、相棒の豪州人カメラマンと組んで、食べるためには仕事を選ばない。とはいえ、権力監視という記者の原点を忘れるような男でもない。中国当局が世界の目からひた隠しにする国内宗教団体(法輪功がモデル)への苛酷な弾圧を継続取材しているため、当局のマークは厳しさを増し、危ない橋を渡ることも多い。

 北京に出たファションは最下層労働者相手の売春宿に用心棒として住み込む。過酷な労働で鍛えられた彼の肉体は石のように頑丈で腕っぷしも強い。それでもファションは中国国内ではそう長くは逃げ延びられないと知っている。監視カメラがあらゆる角度から市民生活を監視し、電話、メールも内容が当局に筒抜けだ。ファションは、かつての情報提供者仲間でいまは中国の軍事機密に関わる機関で高位な研究職につく男を見つけ出し、中国のロケット開発に関わる重大情報を脅し取る。それを手土産にイギリス情報部との繋がりを回復し、パスポートと安全な逃亡先と十分な生活資金を得ようと、イギリス大使館周辺をうろつくが、たまたま出会ったのはジャーナリストのマンガンだった…。

 トータルなストーリー展開としては、英国スパイ小説の伝統を踏まえ、ロンドン・ヴォクソールにある SIS本部ビルの非情ぶりの描写は忘れていないが、昨今流行りの民間軍事諜報企業の暗躍あり、姿を見せない天才ハッカーありで、今日的な洗練度は高い。後半は天津から台湾対岸の福州まで陸路を使った大逃亡劇が用意され、ドキドキ感に加速度をつけるサービス精神も心憎い。これが第一作というのだから、アダム・ブルックスという中国語が堪能なジャーナリスト出身作家の筆力は末恐ろしい。

 ただし、英語名の場合はファーストネーム、その短縮版、ファミリーネームの混在が避けられず、そのうえ状況によって1人の人間に対し、実名、組織名、暗号名が用いられることもある。オリジナル本がそうなのだから、文句は言えないが、煩わしくなかったといえば嘘になる。

ル・カレが見つけた新しい「敵」は?…『繊細な真実』

Posted by Ikkey52 on 03.2016 エスピオナージ・書評   0 comments   0 trackback
 訳者あとがきの中で加賀山卓朗は、「リーダビリティ」という耳慣れない言葉を使い、80歳をとうに越す老作家の飽くなき進化に驚きを呈した。あのル・カレの筆が、新作のたびに読みやすさの追求に向かっている、というのだ。ル・カレといえば、スパイ小説史のレジェンドであって、作風は重厚そのもの。御世辞にも読みやすくはなかったのだが、『繊細な真実』という作品、たしかに過去作とはとは一味違う。

 …取り立てて功績はないものの堅実に働き、イギリス外務省を無事に卒業する日もそう遠くないベテラン職員はある日、唐突に一面識もない閣外相クインから呼び出される。そこで、スペインからモロッコに向けて地中海へ鋭利に突き出した岬の先端、英領ジブラルタルに自分の代理として4日間出張するよう命じられ、「ポール」という偽名を与えられた。極秘の軍事作戦などに関わったことのない「ポール」は大いにうろたえたが、若く野心的なニュー・レイバー(英国労働党右派)らしく、あくまで威圧的なクインには抗えない。ともあれ現地での恐怖体験に耐え、「ポール」が無事帰国すると、「作戦は上々の成果を挙げた」と讃えられ、守秘義務は課されたものの、直ちに特殊任務から解放された。 
 「上々の成果」がどんな業績評価に結び付いたのか、「ポール」には全くわからないが、その後は外交官人生の最後を飾るにふさわしい夢のようなカリブ海の島国に赴任し、のみならず現地トップに見合う爵位まで手に入れて3年間を送り、いまや悠々自適の身。イギリスでも気候温暖な妻の郷里の田舎に引っこみ、積極的に村人たちに溶け込む努力をした結果、経済的にはもとより、社会的にも不満のないリタイア・ライフを送っている。

 一方、閣外相クインの秘書官に抜擢され前途洋々たる外務省職員トビーは、クインの秘密主義とナゾの単独行動にいつも振り回されている。やがて、クインが怪しげなアメリカの民間防衛企業と繋がっていると感じたトビーは、自分の身を守るためにも証拠を握りたいと考え、クインが外務省内の目を欺いて胡散臭い連中を大臣室に招き入れ密議をこらす様子を、古すぎて誰もその存在を知らない大臣室備え付けのテープレコーダーで密かに録音した…。 
 それから3年。トビーは危険に満ちたベイルート駐在勤務を終え、新しい任務を与えられてロンドンに戻るが、帰任した当日、彼のフラットに見ず知らずの人物キッドから封書が届く。「貴殿とはポールという名の共通の知り合いがいる」と、キッドはヒントを提示してきた。読むうちトビーには自分の正しさが証明されたような思いが湧いた。3年前、あの大臣室の密議に加わっていた人物の一人は確かに「ポール」と呼ばれていた。手紙では詳しく書けない何か重大な秘密を、キッドと名乗る差出人は自分に直接会って打ち明けたがっている…。誰かからのこうした接触をずっと心待ちしていたことにあらためて気づいたトビーは、迷わずキッドの誘いに応じ、人里離れた北コーンウェルまで出かけていって、ついにジブラルタルでの軍事作戦の真相を知るが…。 

 冷戦終結で死滅するとされていたスパイ小説は、どっこい生き残った。例えばアラブのテロリストやアフリカの独裁者を敵に見立てて。ところが大御所ル・カレが見つけた鉱脈は国家さえ跪かせるグローバリズムであり、また忠誠を尽くすべき自国の政府の思いも寄らない硬直化だった。ル・カレの小説はずっと諜報機関を扱ってきたが、自国万歳のおめでたさとは無縁だった。初期の諸著作は特に、主人公が所属する組織の歪さや官僚主義を、表向きの敵であるKGBよりかえって度し難いものとして描き、それが読み手をうならせてきた。とはいえ、たしかにグローバリズムはやっかいだが、英国ニュー・レイバーとアメリカ共和党福音派は果たして「敵」なのか。どうも合点がいかなかった。もっともそれは小説の読み方というより、国際情勢の読解力の問題かもしれないが…。

  

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR