FC2ブログ
Loading…

進化する「ダメなスパイの群像劇」…ミック・ヘロン著『死んだライオン』

Posted by Ikkey52 on 21.2016 エスピオナージ・書評   0 comments   0 trackback
 スパイ小説の醍醐味は、提示された事件や陰謀のリアリティそれ自体ではなく、むしろ登場人物と彼(彼女)の置かれた環境にあるのではないか…。通読してそんな気にさせられた。ミック・ヘロン著『窓際のスパイ』の続編、『死んだライオン』を真夏の寝苦しい夜に堪能した。

 冷戦期にイギリス情報部員だったディッキー・ボウは、年金ももらえずに組織をお払い箱になり、今はソーホーにあるアダルトショップの店員に身をやつしている。ボウがスパイ失格の烙印を押されたのは20年前、駐在先のベルリンでソ連側スパイに一時的に拉致されたといって酔いどれで生還し、それを身内に疑われたからだが、ロンドン市内で偶然、忘れもしない拉致犯の男を見かけ、ディッキー・ボウは迷わず後を追った。尾行はお手のものだ。ところがウースター行き列車のトラブルで急遽仕立てられた代行バスからボウは二度と降りてこなかった。心臓麻痺と片づけられたが、ボウに追われた男もスパイのはずだ。ボウがこときれた座席の下から<蝉>というダイイングメッセージらしきものを示す携帯電話を見つけたのは、英国保安局(MI-5)の追い出し部屋、通称「泥沼の家」の横着な絶対君主、ジャクソン・ラムだった…。

 例によって、英国保安局(MI-5)でヘマをやらかした結果、郊外の黴臭いおんぼろビルに押し込められ、暇つぶしの仕事しか与えられないダメ局員(蔑称:遅い馬)たちの物語。自己嫌悪とたたかいながら、誰も「泥沼の家」を辞めようとしないのは、何とかして汚名をそそぎ、かつてのプライドを取り戻したいと願っているからだ。冷戦時代の古強者であるラムはおよそ向上心とは無縁のだらしのない中年だが、ただ者ではない。保安局ナンバーツーのダイアナ・タヴァナーの弱みを握って、本局に媚を売らないし、「泥沼の家」の暴君の座を楽しんでいるようでいて、誰に命じられるわけでもないのに、突然隠密行動に走り出す。

 スパイらしい仕事、再起を図るチャンスらしいチャンスに飢えている遅い馬たちは、ラムの不意の目覚めを見逃しはしない。もちろん、遅い馬たちを小馬鹿にするラムは、何等かの役割を欲しがる部下の熱意にやすやすとほだされるほど、物分りのいい上司ではない。それでも遅い馬たちはあの手この手でラムのガードを下げさせ、それぞれミッションを掴んでゆく。

 今回も、第一作同様、重い任務をあてがわれた遅い馬はリヴァー・カートライト。伝説のスパイ・マスターを祖父に持つ毛並みのいいリヴァーは、かつて昇進実地試験に絡み、ロンドンの地下鉄を大混乱に陥れたかどで「泥沼の家」入りした。今回は長期取材にやってきた若い作家を装って、ボウが追った男の逃げ込み先の退屈な田舎町、アップショットに潜入する。そこは果たして、<蝉>、すなわちスリーパーを疑われる人間だらけだった。

 最近、アメリカ映画のCIA、FBIものに登場するチームには、パソコンで何でも調べられる天才が必ずと言っていいほど重要な脇役として登場するが、遅い馬のメンバーには偏屈な若者、ローデリック・ホーがいる。とはいえ、過去を辿るにはやはり「記憶の神」が必要だ。ジョン・ル・カレのスマイリー三部作では、スマイリーのかつての同僚で、旧ソ連のスパイの生き字引だった太った初老の女性、コニー・サックスが印象的だった。『死んだライオン』には、ラムの旧友でいまは本局地下の<書架>で夜勤を務める車椅子のおばさん、モーリー・ドーランが出てくる。雰囲気はまるでコニーだ。たぶん、オマージュなのだろうと睨んでいる。

完結編ならではの同窓会…『スマイリーと仲間たち』

Posted by Ikkey52 on 20.2016 エスピオナージ・書評   0 comments   0 trackback
 ジョン・ル・カレの小説を読むたびに、スリラーやサスペンスの一分野に分類されてきたスパイ小説のなかにも、その純文学版があったことにあらためて気づかされる。登場人物の、しつこいほどの内省に付き合えない読者はあらかじめ拒まれるし、過去を通して今を読めない者も、結局は振り落とされてゆく。自分にはル・カレの良き読者だと言い切る自信などまるでないが、スマイリー三部作の完結編となった『スマイリーと仲間たち』の率直な読後の興奮だけは書き留めておきたい。

 小説が発表されたのは1980年だが、ストーリーの時代背景は明示されない。冷戦がつづくなか、スマイリー退職後のサーカス(英国情報機関)は、予算削減の嵐が吹き荒れ、スパイごっこはカズンズ(米国情報機関)にまかせておけ、といった空気に支配されていた。三部作の初作『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』でスマイリーは、サーカスの幹部のひとりビル・ヘイドンが長年にわたりソ連のもぐら(二重スパイ)だったことを暴いたが、同時に奔放な妻アンとヘイドンの不倫を知ることになり、それらがソ連のスパイ・マスターでスマイリーの永遠のライバルでもある暗号名カーラの工作だと信じるに及んで、スマイリーは、気まぐれにうずき出す心を制御できないまま、たった1人のわびしい退職生活を送っていた。

 古巣のサーカスからの電話で夜中にたたき起こされたスマイリーは、通称「将軍」と呼ばれていた亡命エストニア人の情報提供者ウラジーミルが、射殺体で発見された現場に駆けつける。殺された老人は、モスクワ・センター(ソ連情報機関)に関する情報収集力に優れたインフォーマーで、かつてスマイリー自身が担当官だった関係から、事件にモスクワの関与が疑われる以上、捨ておくわけにはいかない。しかも、スマイリーなきあとのサーカスは老将軍ウラジーミルを用済みの人物視し、老将軍の組織の実態を知る者も引退したスマイリーをおいていなかった。

 ウラジーミルとサーカスの関係を知られないように事件を処理してほしいというサーカス現職幹部の虫のいい頼みを、スマイリーは不承不承聞き届ける。やがてスマイリーは、老将軍ウラジーミルが、モスクワ・センターの連中につきまとわれるパリ在住の亡命ロシア人女性オストラコーワから助けを渇望されていたことや、モスクワ・センター関係者を脅迫する決定的証拠を入手しようと組織の人間をドイツで動かしていたことなどを知る。

 サーカスでソ連情報の生き字引だったコニーも体の不自由な退職者として再登場し、スマイリーに貴重な情報をもたらすし、やはりサーカスを退職しロンドンで画廊を経営しているトビーは、ハイライトとなるスイスでのソ連大使館員拉致作戦で、いきいきとスマイリーの右腕役を果たす。三部作の初期には若造の印象だったギラムだけは当然まだ現役で、パリに駐在しているが、スマイリーの頼みを受け、オストラコーワの身柄保護を確実にやってのける。あえて書き込まれてはいないが、みんな現場が大好きなのだ。まさに、スマイリーのかつての仲間たち大集合といったところで、本の重厚な文体に比して、いかにも軽みのあるタイトルがなぜつけられたのか、ここまで読んでようやく合点がゆく。

 ラストシーンで、『寒い国から帰ったスパイ』を思い出さないル・カレ愛読者はおそらくいないだろう。明示されているわけではないが、場所はチェックポイント・チャーリーに違いない。ベルリンの壁が聳え、イスラム系住民の街になっているところでスマイリーたちは、寒い国からあぶりだされてくるカーラを待ち受ける。いやでも、あの名作がダブってくる。そしてスマイリーは、といえば、例によって予定時刻の2時間前から、取り立てて興奮に駆られることもなく待機しているのだ。すでに囚人の従順を身に付けたカーラを見て、涙を流したのはスマイリーではなくトビーだった、という結末は、同窓会という祭りの終わりを暗示しているようで、やはり胸に迫った。

北欧スパイ小説の豊穣を象徴…『スパイは泳ぎつづける』

Posted by Ikkey52 on 23.2015 エスピオナージ・書評   0 comments   0 trackback
 パリ連続テロが起こった今、いや、遡ればアメリカ同時多発テロがあった2001年の9・11以降、テロルになんの責任もない無辜のアラブ系市民にとって世界は住みにくい場所に変わった。まして異文化の国で暮らす移民やその子孫に生まれた者たちにとっては、なおのことだ。

 ヨアキム・サンデル著『スパイは泳ぎつづける』に登場するアラブ系スウェーデン人、マフムード・シャモシュは、国内きっての名門、ウプサラ大学大学院で博士論文執筆中のまじめな若者。大学入学前の兵役では上官から「ビンラディン」とあだ名され、御定まりのいじめに遭うが、最強部隊の空挺学校を過酷な訓練に耐えて卒業、周囲の偏見を覆して見せる。マフムードのような人物であれば、アラブ系には狭まる一方の世界も何とかわたっていける。そう信じ込ませておいて、あっけなく殺してしまうのが、いかにも名手の筆法だ。殺害方法は銃撃。場所はパリ市内のスーパーマーケット店頭。そのとき彼の隣にいたのは久々に再会したばかりの元恋人クララ。報道は「逃亡中のテロリスト射殺さる」。

 なぜこうなったのか。伏線は早々に張られていた。マフムードが書きかけていた博士論文のタイトルは『戦争の民営化』。輸送、物資補給、警護、さらに実際の戦闘にいたるまで、かつて軍隊に一任されていた機能をいまでは様々な民間企業が肩代わりしている。彼がフィールドワークの一端を公開すると、メディアが注目し、マフムードのもとには国際会議やシンポジウムの招待が舞い込むようになった。だが、有名税の請求書は早速まわってくる。何者かによる徹底した尾行、縁遠くなっていた戦友からの切迫したメール、戦友が死を賭して託してきたパソコンには、かつてアフガニスタンでアメリカが隠れて行った残虐行為や拷問の写真と動画がたっぷり詰め込まれていた。マフムードを追い詰めていたのは、皮肉にも彼が研究対象としていたモンスター化した戦争企業だったわけだが、彼らを起用し、手を汚さずにパソコンの中身を葬りたいのは誰なのか、読者にはおのずからわかってくる。

 本書は2013年12月8日、日曜夜のひと気のないウプサラ大学法学部校舎から始まり、12月26日のストックホルム・ロードマン通りの豪華マンションで終わる一連の顛末を中核とし、それに挿入される数多くの回想と、エピローグ代わりの短い事後談からできている。20日に満たない短期間のあいだにも、物語の舞台はブリュッセル、パリ、アムステルダム、嵐のスウェーデンの海とめまぐるしく変わるし、回想シーンにも、シリア、アフガン、イラク、クルディスタン、そしてCIAのあるアメリカ・バージニアなどが出てくる。ホットワインや飾り付けなど、クリスマス・シーズンならではの風物も興趣を盛り上げる。

 物語の真の主人公、クララが暮らすブリュッセルには特に多くのページが割かれている。EUの本拠が置かれた街には、EU議会で祖国スウェーデン選出議員の秘書を務めるクララ当人をはじめとして、ヨーロッパ各国から法律や経済を勉強した野心的若者が集まり、もっと上のクラス目指して、日々しのぎを削る。作品には、地位とカネのためには、あやしげな戦争企業にも協力せよ、と上司に煽られ、それを真に受けるブリュッセルの若き出世主義ロビイストが戯画化されている。

  訳者あとがきによれば、著者のヨアキム・サンデルは「この本を通じて政治的な主張をするつもりはない」とし、「これはエンタテインメント小説だ」と強調する。しかし、物語の遠景として描かれているのは、アブグレイブ刑務所事件以前から中東で行われていたアメリカによる反吐の出るような残虐行為であり、身内と身内を殺し合わせ、例えそれを生き延びた工作員さえ精神に異常をきたすようなCIAの非人間的作戦の積み重ねだ。ラングレーからすれば、相当政治的な小説に見えるのではないか。

小説『雪の狼』の作者はフォーサイスを越えたか

Posted by Ikkey52 on 27.2015 エスピオナージ・書評   0 comments   0 trackback
 国家の最高権力者の私生活は、概して厳重な警備の中に置かれる。他国のカウンターパートからは危険視され、政敵には蛇蝎のごとく嫌われ、身内にさえその無慈悲さを恐れられる存在ともなれば、蟻の這い出る隙間さえない鉄壁の警備態勢をつくらせたところで、権力者は毎夜のように、暗殺の悪夢にうなされるものなのかもしれない。そうした最高権力者の死は、えてして粉飾されて公表されるものであり、まして側近に都合の悪い結末ならば、真相が語られることはまずない。

 1953年3月に死んだスターリンの場合、公式発表ではモスクワ郊外クンツェヴォの別荘で脳血栓を起こし、手当を受けても回復しなかったことになっているが、革命長老モロトフは回想録で、国家治安組織を統括するベリヤが毒殺したと暴露しているし、スターリンの肉親も、殺されたのは間違いないとの前提で、真相は国家保安上の理由で隠ぺいされ続けていると主張している。スパイ小説『雪の狼』(グレン・ニード著)は、事実としての証明がなされたとはいえないスターリン暗殺説に、フィクションで答を出そうという試みだ。

 1953年初頭の米ソ水爆開発競争では、ソ連側が先行し、数か月以内に開発のメドもつきつつあった。そうしたなか、アメリカはスターリンが半年の間に2度の発作を起こし、しかも偏執性精神分裂症の症状がすすんでいることをキャッチした。スターリンが水爆カードを握れば、第三次世界大戦が現実味を帯びる。アメリカはトルーマンからアイゼンハワーへの権力移行期にあったが、CIAは選ばれた最小チームでのスターリン暗殺を大統領に進言する。

 作戦責任者に選ばれたCIAミュンヘン駐在のスパイマスター、マッシーは、CIAのために働くヒットマンのなかでも、極めつけの腕利き、スランスキーを実行者に定める。ロシア西部スモレンスク出身のスランスキーは、父親が大飢饉をスターリンに直訴したために両親とも殺され、送られた孤児院を脱走してアメリカにたどり着いたという経歴の持ち主でスターリン暗殺は仇討だった。彼を潜入地のエストニアから無事にモスクワまで送り込むために、夫婦を装わせる作戦が立てられ、美貌の亡命ロシア人、アンナ・ホレーワが妻役に選ばれるが、彼女のアメリカ亡命劇にも深く関与し事情をよく知るマッシーは、実の娘と生き別れになった心の傷の大きさがわかるだけに、アンナの起用に逡巡する。

 一方、ニューヨークでひっそり暮らしていたアンナを地元犯罪組織に命じて監視させていたKGBは、彼女の身辺が急に慌ただしくなったことに注目し、ついにはCIAのスターリン暗殺計画を掴みモスクワに通報する。スランスキーとアンナが荒天の闇夜を狙ってフィンランドから水上飛行機でバルト海を越え、エストニアに落下傘降下したときには、KGBと民警の検問体制は、不審な男女を取り押さえるべく大がかりに敷かれていた。この件の責任者で片腕のKGB少佐、ルーキンは、なぜ一面識もないベリヤが自分を担当に指名したのかいぶかりつつ、暗殺者を追い詰めていく。ついにルーキンは、スランスキーを見つけるが、そのCIAの刺客になぜか見覚えがあった…。

 この手の小説は、歴史的事実に立脚しないと、一気に安っぽくなるものだが、けしてそうなっていない。ひとくちにスパイ小説といっても、この『雪の狼』はル・カレやフリーマントルのような虚虚実実の駆け引きそれ自体が面白さの本質をなすような系統とは違う、いわば本格スパイ・スリラーであって、分類上は明らかにフォーサイスの系譜だろう。ストーリー・テラーぶりは相当なものだ。あえて言うなら、KGBの宿舎でコーヒーを飲んだり、ロールパンが供されたりする場面があり、どうもストンと落ちなかった。また、極寒の季節であり、食料に恵まれない場面などはウォトカのつまみとしてラードが登場しても不自然ではない時代だろうとも考えた。

FSBが操るロシア…『KGBから来た男』の権力論

Posted by Ikkey52 on 15.2015 エスピオナージ・書評   0 comments   0 trackback
 ロシアの野党指導者、ボリス・ネムツォフの暗殺には「またか」の感があった。元情報将校アレクサンドル・リトビネンコの放射性物質「ポロニウム210」による暗殺、その後見人だった政商ベレゾフスキーの不審死、アンナ・ポリトコフスカヤやアナスタシア・バブロワら政府に批判的なジャーナリストの暗殺を連想したからだ。だが、ネムツォフ暗殺容疑でチェチェンの関係者らが逮捕されたと伝えられると、また別の連想が湧いた。デイヴィッド・ダフィの小説『KGBから来た男』の背景に流れるロシア現代史観だ。すなわち、今のロシアを実質的に支配しているのはプーチン個人というより、プーチンを隠れ蓑にしたFSB(KGBの後身)だというのだ。

 『KGBから来た男』の主人公ターボは、1970年代初期の強制収容所から見いだされた囚人(セーグ)の子。養父ヤーコフはKGBの陰のキーマンで、ターボ自身もKGB大佐まで上り詰めるが、そのあと国を捨て、ニューヨークで面倒な汚れ仕事を引き受ける調査員となっている。ある銀行家から令嬢誘拐事件の極秘捜査を頼まれ、ニューヨークに巣食うロシア・マフィアとぶつかるはめになるが、その過程で養父ヤーコフの大陰謀家としての顔に気づく。

 プーチンが首相に就任すると同時に発生した1999年のロシア高層アパート連続爆破事件はもちろん実話だ。モスクワなどロシア国内3都市で爆弾テロが発生し300人近い死者を出した。プーチンはチェチェン独立派武装勢力のテロと断定し、いわゆる第二次チェチェン戦争の発端をつくるが、このときの強硬策が国民に支持され、大統領への道を拓いたといわれる。前任エリツィンの轍を踏むまいとしたのか。「自由と民主」を誇る国、アメリカの大統領選挙でさえ、あれほどの権謀術数が渦巻く。まして透明度のもともと低いロシアで、戦争が選挙の道具に使われても驚きはしない。一連の事件については、当初からFSBの関与を疑う論調があった。

 小説中ターボは、養父ヤーコフから「連続爆弾テロはFSBの仕業で、立案したのはFSB長官であり、プーチンの了承も取りつけていた」と聞かされていたが、結局ヤーコフ独断の作戦だったと見破る。以下は愛憎半ばする養父との対峙でターボが振り絞る言葉。
 「あなたが立案したんだ。あなたはプーチンの了承など得ていなかった。プーチンの慎重さを考えればお墨付きなど与えるはずがない。…われわれロシア人はあまりにも長いあいだ、秘密主義と欺瞞のベールで目隠しされてきた。帝政主義者、ボルシェビキ、スターリン主義者、KGB、SFB。名前のちがいなどささいなことだ。本質的には彼らはみな同じさ」。変われないロシア。ターボの長広舌は本質を突く。
  
 冒頭で例示した暗殺犠牲者のひとりで、事件当時のFSBに在籍していたリトビネンコは連続爆破テロについて自著で次のように述べる。
「事件は、チェチェン独立派武装勢力のテロとされたが、 実は第2次チェチェン侵攻の口実を得ようとしていたプーチンを権力の座に押し上げるためFSBが仕組んだ偽装テロだった」
www-cc.gakushuin.ac.jp/~w003034/2007HP/4group.pdf

 プーチンとFSBに関して、実際のリトビネンコ証言と『KGBから来た男』のニュアンスは全くシンクロしている。戦中の日本では東条が憲兵という暴力装置を徹底的に使ったが、ロシアの現実はそうではなく、プーチンの内心を見透かしたFSBが関東軍的暴走をやっていたのか。今度の「ウクライナ内戦」も内戦でないことは世界中が感じている。その動かぬ証拠を握っている、とほのめかしていたネムツォフ。彼はチェルノブイリ原発事故で、反原発の闘士として政治シーンに登場した男だ。それを含めFSBにはネムツォフを消したい理由があったわけか。ロシア政治の闇は深い。
  

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR