FC2ブログ
Loading…

我流で読み解くシンガポール米朝首脳会談

Posted by Ikkey52 on 14.2018 政治   0 comments   0 trackback
 「世界中が茶番劇に振り回された」。シンガポールで行われた米朝首脳会談を現時点でそう総括しても、強い反論はないだろう。無理やり評価点を探すとすれば、朝鮮半島で武力行使が行われる可能性が当面のところは遠のいた、ということのみだろうか。いや、内外メディアの評価を総合すると、それすら怪しいということになる。

虎金会談
Photo by:Reuters/Aflo from Diamond Online

取材対象がたかだかバイ(二国間)の会談なのに、NHKは100人、BBCに至っては200人を現地取材に動員したとされる。表向きの結果からみると、サプライズがあるぞとトランプ政権に匂わされ、それを無邪気に信じて大デレゲーションで臨んだ各国のメディアの骨折り損だ。株を挙げたのは、たっぷり外貨を落としてもらった上に、ちゃっかり世界規模の観光PRにも成功した開催地シンガポールだけに見える。

 合意文書のつまらない内容は、ソン・キム駐フィリピン米国大使と崔善姫北朝鮮外務省副相ら事務方の事前協議であらかじめすり合わせが行われたものだろう。文面に現れないところで、何が話し合われたかが問題だ。そもそも米朝の首脳が直接顔を合わせるというシナリオは、誰によって何の目的で書かれたか。会談設定当時まで遡ってみると、説得力ある解説が見つかった。共同通信外報部で英語のニュース記事を多読し、その読み解きを職業としてしまった田中宇(さかい)の分析だ。

 トランプと金正恩が会い、和解的な共同声明を出せば、米議会に抵抗があっても、米朝の対立は大きく緩和される。少なくとも、敵でも味方でもないという関係が作り出せる。そうなれば北は米国を気にせず南との和解に歩み出せる。南北が和解すると、在韓米軍の必要性も低下する。「世界の警察官」役を降りると宣言して大統領になったトランプの立脚点は多極主義、反軍産複合体だから、トランプの狙いはそこだ。実際、トランプはシンガポールでの記者会見で在韓米軍の撤退に言及した。本音は見えていたのだ。

 「かつてレーガン大統領は側近陣に好戦派を配置し、当初ソ連を『悪の帝国』と呼んでことさら敵視したが、最後はソ連と決定的に和解し、軍産複合体が永続化したかった冷戦構造を終わらせた。トランプにとって今回の米朝首脳会談の設定は、レーガンがゴルバチョフとの会談・和解を決定した『レーガン的な瞬間』である」と田中は予測した。
 
 CVIDという省略形は、イラク戦争の際、「完全かつ検証可能で、不可逆的な武装解除(Disarmament)」と解され、以来、米国が気に入らない国を潰す時に押し付ける条件として事実上知られるようになった。同じ略語が北朝鮮に使われる場合は最後Dが非核化(Denuclearization)に変わるが、アメリカがCVIDを正恩に迫れば、北は「どっちにしろやられるのだ」と硬化しかねない。その証左に、「リビア方式でやるぞ」と、ハードライナーのボルトン大統領補佐官が観測気球を上げたところ、北は滑稽なほどの慌てふためきぶりを示した。北の暴走でソウルが火の海になれば、朝鮮半島のことは南北朝鮮の間で解決させたい多極主義者のシナリオは狂う。だから、シンガポールの首脳会談はああした形に納まったのだ、と解すれば、たしかに無理はない。
スポンサーサイト



「かくも長き不在」 ~北朝鮮ミサイル、北方領土、尖閣、竹島、森友、加計、放送法…

Posted by Ikkey52 on 23.2018 政治   0 comments   0 trackback
 極めて個人的理由から、ずいぶん長いこと(なんと昨年9月以来!)サボってしまいました。読んでいただいていた方々にはお詫びの言葉もありません。 sim_convert_20180428174634.jpg ヌーヴェル・ヴァーグの名作に「かくも長き不在」という映画がありました。スクリーンで出会って40年以上経ちますが、原題の直訳とはいえ、日本語としてここまで印象深いタイトルはめったにありません。「長い不在」を埋めるよう心がけます。

 考えてみれば、2017年を概観する余裕がなかった。そこであらためて2017年の重大ニュース(ただしネット読者選出分)を見てみた。芸能関係で安室奈美恵の引退発表が1位、スポーツ関係では浅田真央の引退発表が1位というのだが、正直に告白すれば「エーッ」という感じを抱いた。両者のファンには申し訳ないが。
 国際関係では、トランプの大統領就任がトップ。これは順当だろう。次いで金正男暗殺、北朝鮮ミサイルの日本上空通過、トランプの初来日、朴前大統領逮捕、ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ、と続く。
 国内政治の1位は、豊田真由子議員騒動、いわゆる「このハゲーーーー!!!」だ。影響力の大きさからみれば、取るに足らないかもしれないが、超おもしろニュースではあったことは認める。2位は国際関係でもランクインした北朝鮮ミサイル発射でJアラートが発令された事態。これを、森友・加計問題よりも重要と捉える感覚は、極めて鋭い。以下、天皇退位法案可決、小池百合子都知事の「希望の党」大騒動、解散総選挙と自民圧勝などとなっていた。

神田川の_convert_20180428110144

 日本と日本人にとって2017年は、地球上で唯一国交を結んでいない国、しかも拉致という形で危害を加え続けてきた国から、出来損ないのミサイルが飛んできて、自国の上空を横切るという、黙示録的意味を持つ年になった。少なくとも、能天気に、偶然与えられているに過ぎない「平和」に酔っている場合ではない。
 アナキズム系の思想家に数えられることもあるジャン・ジャック・ルソーではないが、個人同士が社会契約を結んで国家を形成しているのは、個人の生命と財産を守る目的だとすれば、いま日本という国家そのものの存立が問われている、と言ってもいい。領土を侵されるという問題も突き詰めると、国民の生命、財産に関わる話で、その回復や危ういあり方に危機感を持つことは別段軍国主義でも何でもない。北方領土、尖閣、竹島のうち、北方領土は終戦の仕方の誤りが、米ソ冷戦の道具にされてしまった例だが、尖閣は主権を速やかに公使しなかったために拗らせ、竹島も李承晩ラインに手をこまねいていたために実効支配を許した。後二者の対応の不味さの根っこにあったのは、当時の政治家のアメリカに対する奴隷根性だ。

 森友・加計問題に見える政府高官らの過剰な忖度も、奴隷根性の所産だ。奴隷頭は平の奴隷には威張るものだ。野党連は、罪作りは安倍一強政治だというが、一連の官僚の不適切な言動と安倍の指導性との間に明確な因果関係は出てこない。しかし、競争入札にせず、随意にしたのは明らかに近畿財務局のミスだ。
 メディアの主流から隠されている事実も多い。例えば森友学園の小学校用地は、伊丹空港に隣接した騒音と水はけの悪さから、国が売ろうにも売れない物件だった。利用価値もなく、売れない土地を国が抱えていることは、国益に反する。税金の無駄遣いだ。持っているだけ損なのであれば、タックスペイヤーとしては叩き売って、損切して欲しいと思う。叩き売りに理屈が必要ならば、理屈を付ければいい、という話ではなかったか。籠池なる卑しい男が、それに目を付けたということだろう。なお、問題の土地と一体と見なされていた一部が、民主党政権時代に豊中市の公園に買い上げられるにあたって、当時国交副大臣だった辻元清美が関西生コンなる怪しげな団体を隠れ蓑にして暗躍した、との報道がある。掘り下げて欲しい。
 加計のほうは、半世紀にも渡って獣医学系の学部や大学の新設が許されていないという異常な情況が、すっぱり報道から切り捨てられている。自ら獣医師資格を持つ旧田中派元代議士の北村直人が、既得権者たちを代表する形で、新設を認めないよう、与党にロビー活動を展開してきたというのだからあきれてしまう。

 賢明なる野党諸氏よ。ミサイルの列島通過阻止や拉致被害者の奪還こそ、選良たる者の第一優先課題ではないか。モリカケの証人喚問ショーを呼び物にお祭り騒ぎをやっている場合か、よく考えて欲しい。
 蛇足になるがもう一言。モリカケを国会の焦点にしたのは、ひとえにメディアだ。もともと「メディア」というのは媒体という意味であり、持論をまき散らすためにあるものではない。それは新聞もテレビ、ラジオも同じだ。ただ、テレビとラジオの場合、国民の財産である電波を預かっているので、媒体としての役割、つまり、国民の間に議論のある問題を報じるときは、一方の側の肩を持つのではなく、逆の立論も紹介するよう法律で義務付けられている。それができていない現状があるのは確かで、だから放送法改正という論議を突き付けられる。そのことを例によって無視し、自分たちで危機を読んでおきながら、民放が切り捨てられる、などと被害者面をするのは、いい加減にして欲しい。

あえて豊洲騒動を論ず

Posted by Ikkey52 on 18.2016 政治   0 comments   0 trackback
 新人同士の争いとなった新潟知事選を制したのは、「原発政策で泉田路線を継承する」と訴えた候補だった。柏崎刈羽原発の再稼働をやみくもに急ごうとする東電に対し、現任の泉田裕彦は、県民の安全を守る見地から、毅然とNOを突き付けてきた。新潟県民の選択は賢明というほかないが、稼働しないほうが地元の安心につながる原発とは違い、動かないと困るのが生鮮食品流通の要である卸売市場。以下、遅まきながら、世間を騒がせっぱなしの豊洲問題を考えてみた。

 結論からいうと、「モニタリング等のための地下ピット良し、それを深く取ってイザというとき重機を入れられるようにした設計がまた良し」ではないだろうか。その理由にはいくつかあるが、元財務官僚、高橋洋一の一連の発言から論旨を借りよう。即ち、盛り土したうえに建物を乗せるとすれば、杭打ちは深さを求められ、地下ピットも高いところになるから耐震設計上のコスト上昇要因となる。そもそも、敷地内の有害土壌はすでに除去されており、盛り土は衛生面のダメ押しの役割。建物の下部には盛り土はない代わりに、厚めのコンクリート・カバーがある。

 姿を見せないお化けのように、不安を駆りたてている地下ピット内のたまり水にしても現時点では問題がない。http://www.shijou.metro.tokyo.jp/press/2016/0917.html
 環境基準を上回る化学物質が仮に検出された場合でも、ただちに食品に悪影響がでるのかといえば、そうではない。我々が日常飲んでいるミネラル・ウォーターにも微量な不純物は含まれているが、途方もない容量を何十年も飲み続けなければ、健康に被害は及ぼさないのと同じだ。真相は手の届くところにあるのに、なぜここまで見えにくいのか。役人の責任など、決裁書と印鑑を辿れば簡単にわかるし、騒動の本質でもない。孤立無援で伏魔殿・東京の都政を担った新知事小池百合子にしても、主導権奪取の戦略を持たないわけがなく、現に心証真っ黒の豊洲施設建設談合疑惑は、脛に傷ある都議会自民党の古狸たちを震え上がらせているが、それは施設の不備とはまた別の問題だ。単純に騒ぎを大きくして得点を稼ぎたい勢力があるように思える…。

 共産党都議団は地下ピット内に貯まった水にリトマス試験紙を浸し、強アルカリ性が認められると騒いだが、建材としてのコンクリートは芯となる鉄骨を錆から守るため強アルカリに保たれていて当たり前。中高生並みの化学知識の問題だと、高橋は早くから指摘していた。共産党都議団の関係者に中高生並みの化学知識を持つ者が誰もいなかったと考えるのは失礼だろう。だが、知っていながらあえて、たまり水のリトマス試験シーンの映像を各マスメディアに提供したのだとすれば、それはどういうことか。

 思い返せば最初からおかしい。地下ピットに水たまりがある静止画をはじめに撮影したのも彼らだ。地下ピットの現状を撮った写真は、他会派が追随したり、報道機関の取材が許されたりするまでの間、共産党都議団の手になるものが、ほとんど全てのマスメディアを席巻した。彼らの「好意」にすがるしかなかったからだが、結果としてこの写真が、「盛り土がない設計の欠陥を示す決定的な証拠」という「集団思い込み」の引き金を引く。実際には、「降雨量など天候変化によって、地下ピットに水がたまっても何ら不思議では」なく、専門家に尋ねれば即座にわかる程度の話だ。共産党都議団が建物地下の静止画を持つ唯一の情報源としての立場を悪用して、あまたのマスメディアを特定方向にミスリードしようと策し、騒ぎを拡げたとすれば厳しく批判されるべきだ。また例え善意だとしても、即物的に現象面のみを映したに過ぎない写真を、基礎的な科学知識のフィルターで濾過もせず、あえてメディアに垂れ流した不作為は、科学的社会主義を標榜する人たちの会派として、まったく画竜点睛を欠いている。

「日本会議」研究ブームと”陰のカリスマ”

Posted by Ikkey52 on 25.2016 政治   0 comments   0 trackback
 大昔のことだが、仕事の関係で新右翼団体一水会の元代表、鈴木邦男と食事を共にしたことがある。すでにメディアでは名が売れていたが、肩書からは連想しにくい温和で朴訥な感じの人だったので、面食らったのを覚えている。主義主張を問わず対話相手を見つけるスタイルで、文筆家としてユニークな立ち位置を築いた鈴木だが、この人の原点は早大生時代に関わった民族派学生運動にある。神道系宗教団体「生長の家」への関心から「生長の家学生会全国総連合」に加わり書記長まで務めた。

 70年安保前夜の騒然とした時代、左翼革命に危機感を抱く「生長の家」は、独自に政治団体を作り、自民党内でも右派の玉置和郎や村上正邦らを政界に送った。しかし、初代教祖のカリスマ谷口雅春の死を機に、教団の勢力は次第に翳る。現在は右寄りの主張をやめ、政治関与からも一切撤退した。戦後に立教された「生長の家」の政治スタンスは、明治憲法への郷愁と呼べるものだったが、谷口雅春亡き後の教団の路線変更は急で、いまは三代目教祖の下、環境エコロジーと脱原発を志向しているという。

 このところ「生長の家」の名が再び取り沙汰されているのは、教団勢力が盛り返したためではない。現在の安倍政権に草の根から強い影響力を及ぼす「危険な改憲勢力」として「日本会議」なるものの存在が出版メディアを中心にクローズアップされ、ちょっとしたブームになっているからだ。「日本会議」に詳しいライターの菅野完によれば、諸団体の連合である「日本会議」の運動を中核で支えるのは「日本青年協議会」という組織で、その核心は70年安保前夜、「生長の家」で学生運動を担った面々。つまり、「日本会議」は端的にいって、「生長の家」の開祖、谷口雅春の教えに今も絶対的帰依をする原理主義者たちのものだという。

 菅野完は長い困難な取材を経て以下のように睨む。即ち「日本会議」の右傾化路線の淵源には陰の男がいる。それは「生長の家」開祖の谷口雅春に匹敵するようなカリスマを持った人物に違いない、と。そして安東巌なる存在にたどり着く。昭和14年佐賀県に生まれた安東は、少年期に大病を患い、9年間も臥したが、谷口が著した「生長の家」のバイブル、『生命の実相』に触れ、奇跡的に回復し、25歳で高校に復学。27歳になって入った長崎大では右派活動家となり、反帝学評(青ヘル)と対峙し大学を「正常化」したという。
 http://hbol.jp/86127?page=4
 菅野が安東にアプローチしようとして関係者に聞くと、「安東はね、そんな生易しいもんじゃないんだよ」、「君ね、安東だけはやめなよ。触っちゃいけないよ」、「安東はね、怖いんだよ。オレは話さないよ」と一様に怯えていた。 http://hbol.jp/82735?page=4
まるで浦沢直樹のマンガ『20世紀少年』さながらだ。

 陰謀論は嫌いではないから、陰のカリスマを持つ原理主義的宗教結社がフロント団体を隠れ蓑に政権を操るという構図にはゾクゾクしたし、一貫して抑制の利いた筆使いの菅野にこのくだりだけ誇張があったとも思いたくないが、なにげなく鈴木邦男のブログを見ていて拍子抜けした。そこには「生長の家」の学生運動OBらが仲間の葬儀に集まり、旧交を温める写真が載っている。その中の一枚に、くだんの安東巌が鈴木ら3人と仲よく並んで一杯やっている姿が写っているではないか。おととし3月のショットだ。彼の手元に呑みかけのビール・グラスが見える。鈴木のキャプションによれば、安東は「生長の家」本部に定年まで勤めて、その後はフリーだという。「今からでも国会に出たらいいのに。才能があるのにもったいないよ」と鈴木は言ったらしい。http://kunyon.com/shucho/140324.html
 安東が何と答えたかは知らないが、この真面目そうな老人がカリスマを持った仕掛け人だとは自分にはとても思えなかった。

世界情勢の流動化と「アメリカ離れ」

Posted by Ikkey52 on 24.2016 政治   0 comments   0 trackback
 一向に下火にならないシリア内戦、各国の大都市を覆う無差別テロの恐怖、地中海を小舟で埋めEU諸国へ押し寄せる難民、スンニ派の盟主サウジとシーア派の大国イランの関係悪化、中国発の世界同時株安…。
ただでさえ読み切れない最近の国際情勢に明快な解説が欲しかったが、モスクワ在住の日本人アナリスト北野幸伯の分析に納得がいった。背景にあるのは、本質はずばり米国離れだというのだ。http://diamond.jp/articles/-/86785

 世界のパワーバランスは資源に拠って崩れ、戦争は資源によって始まる。アメリカは09年に天然ガス生産でトップに立ち、14年にはシェール革命の追い風でついに石油でも世界一の生産国になった。当然、アメリカにとって中東産油国のプレゼンスは相対的に軽くなる。イスラエル・ロビーの言い分に耳を傾けることにも意味はなくなる。

 米英とひとくくりにされてきた両国の間にも秋風が吹く。イギリスは、13年のシリア攻撃への同調拒否、昨年の「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)への参加表明、そして「人民元をSDR構成通貨にする運動」の主導まで、全てアメリカの意に反した行動をした。その分、中国への傾斜は露骨なほどだ。加えて、EUを経済で引っ張るドイツまでも、AIIB参加、人民元SDR構成通貨問題で、アメリカと違う道を行く。

 アナリストの北野は、こうした動きを国際情勢の「新秩序」とまでは言えず、さらに流動化すると読む。実際、市場拡大への打算からくる英独の中国接近は、中国経済の減速でどうなるかわからない。

 一方、産油国リーダーであるサウジが、原油価格が暴落しても、減産に応じないのは、アメリカ国内のシェール革命をこれに乗じて日干しにしようという意図を秘める。すでに、アメリカではシェールオイル生産企業が不採算に陥り続々倒産している。他方、産油国のやせ我慢とオイルマネーの撤退でもたらされる世界規模の原油安は、国家財政の3分の1を石油と天然ガスの輸出に依存するロシアを直撃する。ソ連崩壊後のスーパーインフレの悪夢が蘇る。プーチンは国家予算の削減に追い込まれた。
 急速に軍事大国化した中国は、実効支配する南沙、西沙諸島の軍事基地化に奔走し、ロシアは武力で隣国ウクライナから領土を分捕って恥じるところがない。中露が暴走する危険は高まるばかりだ。それもこれも、アメリカの覇権の弱まりと密接に結びついている。

 アメリカの覇権の弱まりは、日米関係にどう影響するのだろう。GHQによる占領以来、歴史観まで押し付けられて、日本はまるでアメリカの属国と化してきたわけだが、やりようによっては、日米関係を普通の国同士のものにできるのか、その道筋はどうつくのか。アメリカ大統領予備選が本格化すればオバマ政権の死に体化は顕著になる。強いアメリカをもう一度作ろうと呼びかける共和党強硬派トランプへの支持の広がりは、いつのまにか中間層から落ちこぼれてしまったアメリカ有権者の多くが抱く漠然とした不安の反映に違いない。
  

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR