Loading…

スポンサーサイト

Posted by Ikkey52 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二隻の砕氷船 (下)

Posted by Ikkey52 on 01.2017 現代史   0 comments   0 trackback
 「宗谷」が改修を施され、南氷洋を行けるほどの本格的砕氷能力を獲得するのはもちろん戦後のことだ。官・民を通して戦前戦中の日本に国産の砕氷船は一隻しかなかった。それが海軍の砕氷艦「大泊」だ。大正10年(1921)11月に神戸の川崎造船所で竣工した。その名は、樺太の日本領有時代、樺太庁が置かれた都市、大泊(現コルサコフ)に由来する。ただし「大泊」は、当初から氷の海の航行を目的に建造が計画された船ではない。給油艦計画が急遽変更されたのだ。

 写真で見る限り、艦橋の幅が広いので重心がずいぶん高ように感じる。船尾のスクリューは両舷に一つずつあるが、軍艦の精悍さとは無縁だ。艦首部には氷を砕く鉄の歯のようなものが取り付けられていた。就役後、砕氷艦としての真価が問われる場面はすぐおとずれた。翌11年1月、山下汽船から海軍に輸送船として傭入されていた「中華丸」が、樺太中部西海岸の日ソ国境線に近いビレオ岬沖で氷に閉ざされ航行不能に陥ったのだ。救出命令を受け急行した「大泊」は、小柄な船体を「中華丸」の左舷にいったん横付けして周囲の氷を割り、「中華丸」を曳航する形で海氷原から脱出させた。 
 
 「大泊」の通常の行動海域は地味に終始北洋に限られ、海上警備、航路の障害物除去、漁場保全などにあたった。戦時中は、宗谷海峡や樺太東岸の亜庭湾を中心に不審船に目を光らせた。派手な武勇伝こそないものの、昭和20年の終戦まで、敵襲による沈没や大破を免れて任務に精励した。その意味では確かに、無事これ名馬を地で行くような海軍有数の功労艦ではあったが、如何せん旧式だったため、深刻な船舶不足に悩む新生日本にあっても新しい役割は結局見つからなかった。

 当初給油艦として計画された「大泊」がなぜ砕氷艦に切り替わったのか。背景には、国民的な批判の的になるという海軍史上まれな屈辱が横たわっていた。尼港事件の責任論だ。 尼港事件とは大正9年(1920)の春、アムール川河口の街ニコラエフスク・ナ・アムーレになだれ込んできた赤色パルチザンによる住民大虐殺のことだ。広大なロシアの東のはずれに位置するニコラエフスクだが、鮭鱒をはじめとした漁業資源、森林資源、砂金などの鉱物資源といった大河アムールの豊かな恵みを集積し、搬出するのに適していた。極東ロシアの港として最初に開かれたのはそのためで、ロシア人はもとよりユダヤ人、日本人、中国人、コリアンらが混住し、小さな国際コミュニティを形成していた。

 尼港事件の詳細はすでに以前に述べたので繰り返さないが、、日本海軍がこの事件で屈辱にまみれたのは、港が氷結して軍艦が近づけず、結果として日本領事一家を含む在留邦人の保護も日本軍守備隊への増援も一切できなかったことによる。当時の新聞報道にあたると、日本国民が示した悲憤慷慨の凄まじさが伝わってくる。
スポンサーサイト

二隻の砕氷船 (上)

Posted by Ikkey52 on 29.2017 現代史   0 comments   0 trackback
 平和な時代の砕氷船といえば、南極越冬隊員を乗せて日本と昭和基地を何度となく往復した海上保安庁の南極観測船「宗谷」の名が真っ先に浮かぶ。遠く南氷洋の果ての白い大陸に、科学研究の橋頭堡を築こうと悪戦苦闘する「宗谷」の姿に、大人たちは破滅的敗戦の痛手から立ち上がろうとする祖国の歩みを重ねた。少年少女たちにとっては、南極から新しい夢を次々に運んでくる宝船のように見えた。樺太犬タロ、ジロの奇跡の生存を描き、記録的ヒットとなった映画「南極物語」では、名脇役も演じた「宗谷」だが、その船歴の波乱万丈は案外知られていない。 

 昭和11年(1936)、ソビエト連邦通商代表部から日本に耐氷型貨物船三隻の発注があった。長崎の川南工業香焼島(こうやぎしま)造船所で竣工した三隻のうち一隻が、のちに「宗谷」となるのだが、進水セレモニーの一環で行われる命名式で、船名はロシア語の「ボロチャエベツ」と発表された。ボロチャエベツとは、「ボロチャエフの戦友」という意味で、シベリア内戦期の最終盤、ハバロフスクの白軍残党が極東共和国軍に最後の戦いを挑んだ戦場の名でもある。母港もカムチャツカ半島のペトロパブロフスク・カムチャツキーに決まっていた。純然たるソ連船として就役が見込まれていたわけだ。

 ところが、満洲国が成立して以来、日本の関東軍が事実上、同国の防衛部隊の中核としてソ満国境まで進出した結果、日ソ関係は一気にぎくしゃくしはじめていた。貨物船の建造が始まり、三隻が相次いで竣工する時期は、両国の軋轢が大規模な軍事衝突となって沸点を迎えるノモンハン事件の前夜と重なっていた。したがって、三隻のソ連への引き渡しには、風雲急を告げる二国間関係がもろに影響して、いっこうに道がつかなかった。

 軍部は部外者ではあったが、当然成り行きを注視していた。三隻には耐氷輸送能力のほかに、イギリス製の最新ソナーが備わっていて、測量も可能だ。ただ、ソ連発注の船舶をまるで横取りするように日本海軍が買収し、管轄下に収めるのは、時節柄、さすがに刺激が強すぎる。こうした理由が重なり、貨物船「ボロチャエベツ」は、結局、商船「地領丸」として登録され、民間チャーター航路に就役する。傭船契約の終了を待って、日本海軍が「地領丸」を買い取り、艤装し直したうえ、雑用運送を任務とする特務艦「宗谷」と命名するのは、昭和15年(1940)のことだ。以来、「宗谷」は北樺太から、サイパン、ラバウル、ミッドウェー、ソロモン等の激戦を潜り抜け、不沈を通して訓練中の室蘭港で終戦を迎える。

 ちなみに、「宗谷」建造を受注した川南工業の名に引っかかりを覚えた読者は、現代史の達人だろう。軍艦造船の需要がなくなった川南工業は戦後あえなく倒産したが、1961年に発覚したクーデター未遂、いわゆる三無事件の首謀者として、代表取締役だった川南豊作が逮捕され世間を驚かせた。旧軍人、右翼活動家らを糾合して、国会議事堂占拠、要人暗殺を企てたとされる事件は、一審で破壊活動防止法(政治目的殺人陰謀罪)が初適用されたこともあって、今もなお公安事件史に名を留めている。

現代日本の社会的病理カタログとして読む小説『イノセント・デイズ』

Posted by Ikkey52 on 05.2017 ジャーナリズム   0 comments   0 trackback
 私企業の目的が利益の最大化にあることは当たり前。一方、「報道」の目的が真実の追求にあることも当たり前だ。とすると、報道機関がひとつの私企業として存続することのなかには、あらかじめ大きな矛盾が隠れていると言えないか。少数派になるのを恐れず、勇気を奮って正論を吐いても腹は膨れない。

 いや、腹が膨れないばかりか、声ばかり大きいネット住民たち(=パターン化された綺麗事を好む匿名大衆)を刺激して、もし視聴者、読者に見放されでもしたら、「メディア市場から弾き飛ばされる…」。そうした悪夢におののいているのが、残念ながらマスメディアの現状だ。ネット社会が始まる前まで、物言わぬ大衆の世論をリードしていると己惚れていたというのに。

 早見和真の小説『イノセント・デイズ』は、報道や報道機関を俎上にのせているわけではない。ただ、この作品から、大衆迎合した底の浅い報道と、それを無邪気に信じて疑わない人々とを除外してしまうと、物語の推進力とでもいうべきものが大きく減退することに、はたと気づいた。

 神奈川県下のアパートが放火され、母親と幼い双子が焼死する事件があり、父親の元交際相手で、ストーカー行為を繰り返してきた田中幸乃が逮捕される。幸乃には少女期に強盗事件を起こしたとして施設に収容されていた過去があり、事件直前に整形手術を受けていたことから、メディアからは「整形シンデレラ」なる綽名まで献上されて、興味本位で語られる。

 警察、検察から掛かった容疑一切を否認せず、一審判決に控訴せず、刑確定後の再審請求さえしないかわりに、反省の言葉も綴らない女性死刑囚、田中幸乃とはいったいどういう人間なのか、その探求に作品全体が費やされる。ビギナーの裁判フリークとして偶然、幸乃の公判を傍聴した女子大生。子供のころ別れて以来、会ってもいない幸乃の義姉。犯罪被害者となった父親と幸乃の同棲時代を、よく知るから黙っていられず、ブログまで立ち上げた商社マン。幸乃と小学校の幼馴染だった新進弁護士。同じく幼馴染ながら、一審判決の傍聴席にマスクで顔を隠して座りながら、幸乃に見破られて目が合ったフリーター…。

 それらの人々の回想する幸乃が、まるで多重人格のようにつかみどころがなく、読者の理解を大きく翻弄するという、よくあるパターンの話ではない。むしろ、幸薄い人生に生まれついた少女が幸薄い大人の女になるしかなかった、という納得や諦観で、回想者たちは一致している。

 未成年妊娠や堕胎、児童虐待、学校でのイジメ、男が女にするDV、子が親に向ける家庭内暴力、引きこもり、薬剤依存、宗教傾斜など、現代日本人を取り巻くあらゆる社会的病理が登場人物たちの原体験、追体験に仮託されて、てんこ盛りに提出される。読み進むのにある種の風圧さえ感じる。いずれも「ありそうな話」だからこそ息苦しい。

 いまの「報道」を著者はたぶん見限っているのだろう。取材の本職たちに花を少しも持たせなかった。のみならず、「元カレが掴んだ一見幸福な家族を、理不尽に嫉妬したストーカー女の暴走」という事件の見立てに、一向に竿をさすこともなく、「被害者に寄り添うこと」から逸脱できない現状をうっすらと背景に書き込み、さりげなく嗤う。実際、嗤われてもしかたがない。

 えぐい通り魔、無差別殺人が目立つ一方で、犯罪当事者双方に完全な悪も完璧な善もない場合も珍しくない。だから裁判があるのだが、審理が尽くされるケースばかりとは言い難い。三審制で控訴、上告をしない被告は、まずめったにいないし、いてもかなりの確率で自暴自棄に陥っているが、では、そうした被告は絶対有罪なのか、といえばそんな保証も全くない。本作を読みながら、妙な環境下で生きていることの危うさを、あらためて実感させられた。

骨抜きにされる中国の対香港「一国二制度」方針

Posted by Ikkey52 on 30.2017 世界   0 comments   0 trackback
 香港が窒息しかけている。イギリスから中国に返還されてから7月1日で20年。記念式典出席のため、習近平が党主席として初めて香港の土を踏んだ。地元民主派が強く反発しているのは、習が本土の政権を掌握して以来、真綿で首を締めるように返還時の条件だった一国二制度をなし崩しにしてきたからだ。

 20年前、香港の制度は安泰だと考える市民が6割いたが、いまは2割に減っていると新聞報道が伝える。6月は中国政府にとってナーバスな月だ。天安門事件が思い起こされるからだ。香港では毎年6月に、民主派が大規模な集会を開いて、事件を再評価し、関係者の復権を要求するほか、中国本土の民主化を声高に求める。習近平にはそれが耐えられないほど不快だった。

 香港返還以来、人民解放軍は司令部こそ街中に置いたが、部隊は市民への刺激を避けて隣接する本土の深圳に配置してきた。しかし4年前、禁を破り、香港領土内での演習に踏み切った。民主化運動に対する露骨な恫喝だ。流血の天安門事件を再来させたいのか、と脅したわけだ。

 香港における中国政府の出先機関が、次期香港政府長官候補には「愛(中)国愛(香)港」の人物で、中国寄りの選挙委員会が認めた人物でなければならないと強調したのも4年前だった。翌年、親中派は、長官選挙候補に民主派の出馬を認めないとする法律を議会に提出したが、このときは民主派が巻き返し、反対多数で否決した。

 しかし、去年には中国本土の民主化を唱える市民のよりどころだった「天安門事件」記念館が閉鎖された。場所を貸していたビルの持ち主に圧力がかかったといわれる。今年3月の行政長官選挙では親中派の女性政治家、林鄭月娥が当選した。香港行政長官は、千人を超す選挙委員会委員による間接選挙であり、その委員会が親中派に多数を占められている以上、結果は開票前から見えていた。

 無力感も広がっているらしい。民主派集会の参加者は漸減がいわれており、若い人たちの間では、中国本土の民主化に関心を持つ者の割合も低下しているようだ。行政長官選挙が形骸化してしまったことに加え、議会に議席を持つ民主派への締め付けも、日に日に強まっているらしい。

 民主と自由を希求する人たちが、ひとつまたひとつと、独裁者とその忠臣たちに足場を奪われていく情景は、大正デモクラシーの闊達さが軍国主義者とその茶坊主らによって蹂躙されていったかつての日本の姿とダブる。いまの世界には国際的な発言力、影響力を持ち、かつ民主主義を誇る国も多いが、それらの国々が揃いも揃ってスーパー・パワーの中国の主張する「内政干渉」という拒絶の前に、何ひとつできないのか。台湾は大丈夫か。

歯ごたえあり過ぎのベストセラー『応仁の乱』に気づかされたこと

Posted by Ikkey52 on 19.2017 文芸批評   0 comments   0 trackback
 ベストセラー本を追い求める趣味はないが、マーケティングの僕(しもべ)のような新刊が溢れる時代に、日本人一般の間で認知度が必ずしも高くない「応仁の乱」を取り上げ、日本中世史の最新研究成果を武器に、堂々直球勝負に出た新書が、店頭で長く売れ続けているというので、恐る恐る手に取った。自分のような日本史音痴にとっては、清水の舞台から飛び降りるような気分だったが…。

 結論からいえば、当初は投げ出したい気持ちにも駆られつつ、興味はなんとか持ちこたえ、どうにか最後まで通読できた。構成は前半と後半で異なる。前半は試練の道のり。ひたすら史実が速いテンポで語られていく。登場人物もどんどん増える。人名には初出時こそルビが振られるが、その読みをつい忘れてしまうし、改名する者も一人二人ではないので骨が折れる。ときおり、簡略化された家系図が出てくるのがせめてもの救いだ。

 しかし、後半は打って変わって、流れが穏やかになり、読者には考える余裕が与えられる。久しぶりに出てくる人名や出来事には、参照すべき初出ページが親切に示される。著者の呉座勇一はまだ30代という気鋭の学究。全国紙の日曜版にユニークな日本史コラムを書いている人物として名前だけは認知していた。『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』で呉座は、先達の研究者の意見や解釈を頻繁に実名付きで紹介する。歴史上の人物の心の中の動きを巡って、研究者間には様々な見解の相違があることをあらためて知らされた。

 日本の歴史、ことに中世史ともなれば、定説が完全に固まり、新解釈など入り込む余地はまるでないものだと、これまで自分は勝手に考えてきた。ところが、1970年代になって提示された説があり、つい最近、発表された研究成果で、これまでの定説を覆すようなものもある。例によって戦後まもなくは、階級闘争史観に基づく解釈が全盛で、そこから外れた見解は異端として排除されたらしいが、いま人文科学の一分野として日本中世史研究はずいぶん活性化しているようだ。

 応仁の乱を端的に表現すれば、「室町幕府八代将軍足利義政配下の武将らが東西両軍に分かれ、十数年に渡って京都をはじめ畿内を中心に繰り広げた内戦」だ。その内情は、味方が敵に回ったり、その逆であったりと実に複雑で、だからこそ誰の責任で引き起こされ、なぜこれほど長期間にわたって収束不能だったのか、ひとことで片づけるのは極めて難しい。

 忘れてならないのは、本書を書き上げるにあたって呉座が、記述をベースに、性格のまるで違う二人の高僧の見解を選んだこと。ひとりは九条家出身の経覚、もうひとりは一条家出身の尋尊だ。ともに格式高い奈良・興福寺の最高職である別当を経験し、公家の出でもあることから天皇家に近いだけでなく、室町将軍家とのパイプも太い。

 それだけならば単なる体制派だが、2人はそれぞれ関係深い寺社所有の荘園を新興武装勢力の侵略から守るため、表舞台に現れては消える数々の軍事リーダーたちと、あるときは細心に、あるときは大胆に切り結んだ。したがって、ともに情報の収集と分析にはずば抜けたものがあり、それが本書全体に大きな説得力を与えている。

 もうひとつ、日本史音痴としてあらためて呉座本から教えられ、目からうろこが落ちたのは、当時の主君と家臣の関係について。どうも江戸期の知識ばかり強く刷り込まれてきたせいか、武家社会の主従関係を絶対的なものとみてきたのだが、実はそうでもなく、応仁の乱当時、主従の関係はいかにも淡泊だ。個人的損得が合わないとみれば、家臣は躊躇なく主君を換えるし、主君の側も裏切った家臣を深追いしない。それどころか、機が熟せば、裏切り者だった家臣に対しても鷹揚に赦免を与える。

 征夷大将軍の役割も、朝廷からお墨付きを得た軍事独裁者というイメージには程遠く、安定性を欠いた大名連合政権のうえで、かろうじてバランスをとっている張りぼてのような存在に思えた。また、管領職といえば将軍家の代貸にあたるが、責任を負いたくないために将軍から管領就任を求められても謝絶したり、あるいは行事に必要な時だけご都合主義的に短期間その地位に就くなど、ひどく人間くさい政権だったのだと、あらためて感じた。

 それにしても、こういう歯ごたえのある歴史書がどうして発売から30万部以上も売れるのか。日本の読書好きたちのレベルが高いということか。それともベストセラーと聞いて、大勢からの脱落を恐れる心理が働いたのか。どちらかといえば後者に近い不純な動機でページを開いた自分としては、ぜひともその真相を知りたいところだ。
  

プロフィール

Ikkey52

Author:Ikkey52
ジャーナリスト 札幌生まれ
父方は、奈良十津川郷系+仙台伊達藩亘理系。母方は東三河豊橋系+肥前鍋島藩系+加賀藩系

ショッピング

トラベル

オークション

最新トラックバック

ラビリンス

デラシネ通信

ブログランキング

ブログランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。